トップ > 順天堂の取り組み > 教育改革の取り組みなど > これまでに採択された補助事業等 > 国際化加速プログラム

国際化加速プログラム

文部科学省「大学教育の国際化加速プログラム」に「特定専門領域の国際化プログラム」が採択

本取組は、特定専門領域の取組担当者を海外の先進的な研究に参画させることで担当者の教育・研究能力の向上を図り、その成果を本学の教員や学生にフィードバックすることで、当該専門領域における教育・研究活動をさらに魅力的なものに変容させ、もって当該専門領域への新たな教員参加、あるいは学生が自らのキャリアパスとすることが期待できるプログラムである。本取組は、医師不足という社会的なニーズに応えるための医師養成機関としての組織的な工夫である。特定専門領域については、具体的には総合診療科学、麻酔科学・ペインクリニック、放射線医学、救急・救命医学、臨床検査医学、人体病理病態学などとしている。

本取組の実施体制は、学長のもとに研究実践派遣支援委員会(以下「支援委員会」という。)を置き、医学部の教務委員会と研究委員会から選出された委員をもって構成する。支援委員会は、毎年、自薦他薦を問わず特定専門領域に所属する若手臨床医学者の推薦を受けてこれを選考し、学長に推薦し、学長がこれを決定する。

本取組の期待される成果は、特定専門領域における人材、特に若手の臨床医学者におけるファカルティ デベロップメント(FD)研修として先進的な研究に触れることによる研究マインドの高揚と教育・研究における国際化と質の向上である。学長の管轄のもとで展開される本取組は、支援委員会を中心とした事業成果の継続した順循環により、特定専門領域のさらなる人材整備が進むものと考えられ、また、その成果である高度な人材育成が特定専門領域にとどまらず本学の他領域における教員活動を刺激し、本学全体の教育・研究の国際化に資するものと期待できるものである。 
プログラム名特定専門領域の国際化プログラム -HIVの新治療開発に関する臨床研究-
派遣先機関メイヨー クリニック、感染症科(アメリカ ミネソタ州ロチェスター)
実施期間平成20年5月1日~平成20年8月10日(102日間)
特定専門領域の国際化プログラム概要図

特定専門領域の国際化プログラム概要図

TOP