トップ > 順天堂の取り組み > 国際交流 > 順天堂大学国際化ビジョン

「順天堂大学 国際化ビジョン」

順天堂は、1838(天保9)年の開学以来、学是「仁」と「不断前進」の精神に基づき、人間の生命と健康を支えるという崇高な目的のために、積極的に西欧の最先端の科学や文化を進取し吸収して知的資産を蓄積し、これらを基盤として海外に卓越した数多くの教育研究成果を発信している。今日までの国際交流において、海外の国や教育研究機関等との多様な交流を保ち、緊密に教育研究、研究者・留学生交流等を連携して友好的学術交流関係を長年培っている。健康・スポーツ・保健・医療・福祉の急速なグローバル化の中において多様な価値観が重層的に交錯する社会背景に鑑み、教育研究の世界展開を更に円滑に推進させるために、「国際化ビジョン」を次のとおり定める。

基本方針

 (1)知性と教養溢れ、発信力と行動力のある国際性に富んだ人材の育成を推進する。
 (2)新たな知を創造する国際的な研究拠点形成に取組む。
 (3)上記(1)と(2)を確実に実現するための学内組織体制や教育研究環境を整備する。

行動計画

1)教育活動の国際化
 (1)国際的通用性の教育を担保するために、医学部では平成28年6月に世界医学教育連盟(WFME;World Federation for Medical Education)の「医学教育の国際基準」に準拠したグローバル・スタンダードによる認証評価を受審した。他学部についても教育プログラムとシステムの国際化を推進し、国際的互換性を拡充する。
 (2)学生・研究者の海外留学を促進するために、外国語教育の強化等の留学準備段階から帰国後まで一貫して支援する海外派遣プログラムを再整備し、平成30年度までに海外留学・派遣研修等学生数を300名に増やす。
 (3)留学生の受入れ拡大のために研修情報や国際寮などのインフラをはじめとする生活支援体制を充実させ、平成30年度までに学位取得の留学生数100人、短期受入留学生数300人に増やす。また、外国人教員の雇用にあたっては年次計画をもって行う。
 (4)教育の円滑な国際交流を推進するために国際交流協定校を平成30年度までに80校に増やし、協働プログラムを再整備して海外大学との単位互換や大学院におけるジョイント・ディグリー等の実施を推進する。
 (5)本学が有する国際レベルの医学、スポーツ、看護、保健、国際教養等の知的資産を地域等の活性化に役立てるために、社会連携推進室をコアとして市民や自治体等との交流を活発化する。
 (6)平成27年10月に本学と理化学研究所・カザン連邦大学によって設置されたMedical Technology & Simulation Centerを拠点としてシミュレーション機器ソフトや教育プログラムの共同開発を行い、本学附属病院の医療スタッフ及び学生に対して恒常的にシミュレーショントレーニングの場を提供するとともに、アジアをはじめとする諸外国の医療機関・医療関係者に対してもシミュレーショントレーニングの機会を積極的に提供する。

2)研究活動の国際化
 (1)海外有力大学等との研究連携体制を強化することにより、研究者の交流や国際交流ネットワークの再構築を通して国際共同研究の更なる推進を図る。
 (2)本学の卓越した研究分野を核に国際水準の先端研究を推進し、国際共同研究のための世界的な研究拠点として、新たな研究棟を平成32年度までに完成させる。
 (3)健康医療イノベーションを生み出すために産学官連携による基礎臨床融合研究、医学とスポーツをコアとした分野の統合・整理を設立すべく本学より平成19年に世界に発進させたスポートロジー研究等を更に推進し、研究成果を積極的に国内外へ発信する。
 (4)国際的な外部評価を受けるために順天堂医院において国際的な医療機能評価JCI(Joint Commission International:国際病院評価機構)を平成27年度に受審し、認証を取得した。質の高い臨床データ等を集積し、ゲノム解析等と連結させた臨床研究拠点として本学の大学病院群を再整備する。

3)学内体制の国際化
 (1)本学の国際的ブランド力向上戦略推進のために、全学的な国際教育推進組織の設置構想を平成29年度までに具体化する。
 (2)外国人に配慮した環境整備のために、外国語ホームページの多言語化、多文化対応の教育環境の整備をさらに推進する。
 (3)留学生との相互理解や人的ネットワーク形成のために、本学に留学した学生や研究者等のOB・OGの国際的ネットワーク「順天堂大学国際同窓会(仮称)」の設置構想を平成29年度までに具体化する。
 (4)グローバル化する世界の人々の健康の決定要因を明らかにするとともに、その要因の改善・支援方法を開発するために、順天堂大学国際教養学部グローバル・ヘルスプロモーション・リサーチ・センターを設置し、平成29年度より活動をスタートする。
 (5)職員の国際化と機能向上を推進するため、外国語運用能力の強化を図り、海外研修等を含めた職員研修を強化・再整備する。
(平成29年8月1日改正)

TOP