トップ > 順天堂の取り組み > 事業計画 > 順天堂大学キャンパス・ホスピタル再編事業

キャンパス・ホスピタル再編事業

平成25年度(2013年)に迎える創立175周年を記念して、全学的な「順天堂大学キャンパス・ホスピタル再編事業」を計画しております。特に本郷キャンパス再編事業にあたっては、2号館・5号館跡地に地下3階・地上21階の新病院の建設を予定しています。完成後の全体像(予想図)は以下のようになります。堅牢でスタビリティの高い100年建築、環境医学を考慮した病院建築、心の安らぎと癒しを与える空間となる病院建築などを取り入れた「エコキャンパス・エコホスピタル」の実現を目指しています。

本郷キャンパス再編事業「エコキャンパス・エコホスピタル」の実現

再編事業に関連する研究連携

研究協力協定校:早稲田大学
次世代環境医療、エコキャンパス・ホスピタル及び病院建築等に関する研究・連携の協定

主な研究内容
(1)次世代環境医療に関する研究
(2)エコキャンパス・ホスピタルに関する研究
(3)病院建築に関する研究
(4)病院・医療システムに対応する建築工学的研究
(5)研究者交流
本学では本郷キャンパスの大規模な再編を計画中で、その際にエコキャンパス・ホスピタルを実現するため、今後はエコ分野でも共同研究による連携を進めていく予定です

研究成果・報告
第1回次世代環境医療シンポジウム
次世代環境医療と病院建築  平成21年3月16日(月)
第2回 次世代環境医療シンポジウム
100年建築とエコホスピタル  平成22年3月1日(月)(1.07MB)
第3回 次世代環境医療シンポジウム
エコロジーと耐震強度を考えた新世代病院と非常時への備え
【本ページに関するお問合せ先】 本郷・お茶の水キャンパス再編事業事務局

TOP