トップ > 臨床研修制度 > 臨床研修の進路モデル

臨床研修の進路モデル

図中の項目をクリックすると概要をご覧になれます。

臨床研修の進路モデル本学初期臨床研修修了(2年間)大学院コース特別助手コース専門医・専攻生コース

※ 3コースどれでも「*」及び「**」の同時進行が可。
※「特別助手コース」;病院としてニーズの高い診療科(麻酔科・ペインクリニック、放射線科、臨床検査医学科、病理診断科、総合診療科、救急科 等)
1.大学院コース(基礎&臨床)
  • 3~4年で学位「甲」が取得できます。
  • 認定医・専門医も同時に取得できるカリキュラムが整備されています。
  • 優秀なnon-MDの修士・博士の方も入学可能です。現在42名が在学しています。
  • 修了後、助教に就任することが出来ます。

2.専門医・専攻生コース(臨床)
  • 認定医・専門医修得を優先しますが、学位「乙」も同時に取得できます。
  • 初期臨床研修修了後、通常6年以上研修します。

TOP