大学院教育の内容や各研究分野・研究施設、大学院入学試験の概要等、順天堂大学大学院医学研究科に関する様々な情報をご案内します。

閉じる

博士課程(医学専攻) 入学案内
大学院入学案内

入学定員

  医学専攻 140名

出願資格

  次のいずれかに該当する者、または平成30年3月末日までに該当する見込みの者
  1. 医学部医学科又は歯学部を卒業した者
  2. 大学における修業年限6年の獣医学、薬学を履修する課程を修了した者
  3. 外国において、学校教育における18年の課程を修了した者 【※1 事前の出願資格確認を要す】
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における18年の課程を修了した者 【※1 事前の出願資格確認を要す】
  5. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における18年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者 【※1 事前の出願資格確認を要す】
  6. 外国の大学その他の外国の学校a)において、修業年限が5年以上である課程を修了することb)により、学士の学位に相当する学位を授与された者【※1 事前の出願資格確認を要す】
    a)その教育研究活動等の総合的な状況について、当該外国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学省が別に指定するものに限る。 b)当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了すること及び当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって文部科学大臣が別に指定するものにおいて課程を修了することを含む。
  7. 文部科学大臣の指定した者(昭和30年4月8日文部省告示第39号)
    大学院修士課程(又は博士課程)を修了した者を含む(研究科を問わない)。
  8. 次の(イ)(ロ)のいずれかに該当する者であって、その後、国公私立の研究所、病院又は企業等での研究職歴がある者 【※2 出願資格審査必要】
    (イ)大学の医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する課程に4年以上在学した者
    (ロ)大学の医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する課程を含むもので、
    • 外国において学校教育における16年の課程を修了した者
    • 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者
    • 我が国において、外国の大学の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定する当該課程を修了した者
  9. 本研究科において、個別の入学資格審査により、医学部医学科又は歯学部を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達したもの 【※2 出願資格審査必要】

    【社会人入試】
      上記出願資格を終了し、既に就職・勤務している社会人は、勤務先所属長の承諾書を提出できる者であること。

    【外国人(特別永住者除く)の受験資格】
      外国人(特別永住者除く)は、上記出願資格のほか日本国際教育支援協会(国内)・国際交流基金(国外)が実施する日本語能力試験(略称JLPT)N5以上(旧試験においては4級以上)の合格者であることが望ましい(証明書提出)。

    【外国在住外国人入試】
      上記の受験資格のほか外国在住の外国人でも可とすることがあります。(相談窓口:国際交流センター)
※1 事前の出願資格確認について
 出願資格3・4・5・6に該当する者は、事前確認を要するため、出願前に国際交流センターへ相談すること。
(国際交流センター TEL:03-3813-3795/メール:juic@juntendo.ac.jp
※2 出願(入学)資格審査
 出願資格8・9により出願を希望する者については、出願に先立ち、本学大学院検討委員会において出願資格審査を行う。
 出願資格審査希望者は以下の書類を下記提出先へ提出すること。出願資格が認められた場合に限り、出願手続を行うことができる。

(1) 出願(入学)資格審査申請書類
(2) 提出先
本郷・お茶の水キャンパス事務室 教務課(大学院担当) 入学試験係
〒113-8421 東京都文京区本郷2丁目1番1号
TEL:03-5802-1020,  FAX:03-3813-3622
メール:LMS@juntendo.ac.jp
(3) 申請期日
前期日程:平成29年8月18日(金)まで
後期日程:平成29年11月17日(金)まで
  ※期日を過ぎての申請については相談により受付可能な場合がある。
(4) 審査料
無料(出願資格が承認され、改めて出願手続を行う際には受験料を納入いただきます)
(5) 審査結果発表
審査終了後、本人宛に通知する。

選抜方法および出願期間、入学試験期日等

区分 前期試験 後期試験  
選抜方法 一般入試(外国人入試 含)
社会人入試
一般入試(外国人入試 含)
社会人入試
外国在住
外国人入試
出願期間 平成29年7月24日(月)〜
平成29年9月1日(金)
平成29年11月13日(月)〜
平成29年12月13日(水)
平成29年7月24日(月)〜
平成29年12月13日(水)
入学試験日 平成29年9月14日(木) 平成30年1月11日(木) (書類審査)
  語学試験 13:00〜14:30 (90分) 10:00〜11:30 (90分)
口述試験 15:00〜 13:00〜
合格発表日 平成29年10月13日(金)正午 平成30年2月16日(金)正午 受験時に指定した期日

(※追加募集を行うことがあります。)

語学試験について

受験者区分 試験科目
日本語を母語とする受験者 下記①②のいずれかを出願時に選択
①英語試験(英文和訳・和文英訳 等)
②英−英試験(英語の設問を英語で解答)
日本語を母語としない受験者(*1)
(*1) 日本語能力試験N5以上(旧試験においては4級以上)の合格者であることが望ましい。
下記①②③のいずれかを出願時に選択
①英語試験(英文和訳・和文英訳 等)
②英−英試験(英語の設問を英語で解答)
③日−日試験(日本語の設問を日本語で解答)

注1)試験科目は出願時に希望科目を選択し、入学願書の所定欄に記載してください。
注2)本語学試験時に辞書の持込みは可。但し、電子辞書、パソコン等は不可

[語学試験免除条件]

  次の条件1)〜4)のいずれかを満たしている場合には語学試験の受験を免除いたします。なお、該当者は、受験願書とともに当該事項の証明書を提出してください。平成24年1月1日以降の記録を原則とします。本学医学部在学生(卒業生は除く)は、1年次に受験したときのスコアは可。
1) TOEFL iBT:76点以上、Paper:540点以上
2) IELTS6.0以上
3) TOEIC 700点以上
4) JLPT N3(旧2級)合格者
※1: 受験者は認定書または合格通知書の写しを提示すること。
※2: 本学大学院医学研究科において実施される定期語学試験の合格実績がある者、または本学臨床研修医試験における英語試験で成績優秀と認められた者についても、語学試験が免除となります。

試験会場(出願時に選択して下さい)

 1)本郷会場:本郷・お茶の水キャンパス
     (〒113-8421東京都文京区本郷2−1−1  TEL:03-5802-1020)
 2)静岡会場:静岡病院
     (〒410-2295静岡県伊豆の国市長岡1129  TEL:055-948-3111)
 3)浦安会場:浦安病院
     (〒279-0021千葉県浦安市富岡2-1-1  TEL:047-353-3111)
 4)練馬会場:練馬病院
     (〒177-8521東京都練馬区高野台3-1-10  TEL:03-5923-3111)

手続期日

  入学試験に合格した方には、合格通知書および入学手続に関係する書類を、合格発表日の翌日に発送します。書類を受け取りましたら、下表の期間内に入学手続を行ってください。
区 分 手続期間
前期試験合格者
一般入試(外国人入試含)
社会人入試
平成29年10月16日(月)〜11月6日(月)
後期試験合格者
一般入試(外国人入試含)
社会人入試
平成30年2月19日(月)〜3月7日(水)
外国在住外国人
入学試験合格者
合格時に指定された期日

学費

  1. 各年次において納入する学費(年額)は下表の通りとなります。
    費 目 初年度 2年次以降の各年次
    1) 入学金 200,000円
    -
    2) 授業料 400,000円 400,000円
    3) 実験実習費 150,000円 150,000円
    学費合計 750,000円 550,000円
  2. 入学辞退者への納入金返還について:入学許可を受けた方が、平成30年3月31日(土)正午までに入学辞退を申し出て、所定の辞退届を提出した場合に限り、入学金を除いた納入金を返還します。
  3. 入学金奨学金について:本学出身者(本学の学部卒業者・大学院修了者または、本学初期臨床研修修了者)及び本学に勤務する者(受験時点で常勤の者)で人物、学業成績、実務経験、勤務成績等を考慮し承認を得た者は入学金の半額(100,000円)が給付されます。
  4. 学費の分納について:諸事情により納付期限までに学費を納付することができない場合、学費等納入金分納願に理由を記載して提出することにより、学費を原則として2回に分納することができます(但し、入学金は分納不可)。

経済的支援

  1. 医師免許を有し、本学附属病院において診療業務に携わる大学院生に対して、月額10万円の手当が支給されます(労災保険適用、別途宿日直手当あり)。
    (初期臨床研修中の大学院生は、当制度ではなく、初期臨床研修医として別途処遇します。)
  2. 教育研究活動等を勘案し、特に成績優秀であると認められる卓越した大学院生は、授業料が減免されます。
  3. 私費外国人留学生は、その経済的負担を軽減するため、審査の上、奨学金が給付されることがあります。
  4. Research Assistant(RA)制度は、研究支援体制の充実、強化を図り、若手研究者としての研究遂行能力を育成することを目的としたもので、大学院生にとっては自らの研究活動の水準を高める良い機会となっています。採用されると実績に応じ時給計算により支給されます。(平成29.3.31現在)
    RAの採否については、大学の正式許可が必要となります。なお、採用期間中は、教員・学生による評価を受けること等の条件があります。)
  5. 日本学生支援機構への奨学金貸与制度に推薦を行っています。
  6. 若手研究者の育成のために、プロジェクト研究費・学長特別共同プロジェクト研究費等の多くの研究費支援制度があります。
  7. 寄付講座に所属する者は、その主任教授により奨学金その他の処遇を受けることができる場合があります。但し、RAと同様に大学の正式許可が必要となります。

その他

詳細につきましては、下記PDFをご確認ください。

大学院生(医学研究科の紹介・博士課程)学生募集要項PDF
  PDFファイルを閲覧、印刷するためには Adobe Reader が必要です。お持ちでない方は、アイコンを選択してダウンロードしてください。
Adobe Reader