HOME > 研究業績詳細

研究業績詳細

川田 裕次郎(カワタ ユウジロウ)

研究テーマ ハイパフォーマンスブレイン、感情調節、社会的スキル
研究業績(論文) 【著書】(筆頭のみ)

Kawata Y et al.: Impact of emotion regulation on mental health of Japanese university athletes. Advances in Intelligent Systems and Computing. Sebastiano Bagnara, Riccardo Tartaglia, Sara Albolino, Thomas Alexander, Yushi Fujita (eds.), Springer International Publishing, Switzerland, 2018.

Kawata Y et al.: Effect of relative age on physical fitness and motor ability among Japanese elementary school children. Advances in Human Factors in Sports Injury Prevention and Outdoor Recreation. P. Salmon and A.-C. Macquet (eds.), Springer International Publishing, Switzerland, 2017.

Kawata Y et al.: Relative age effect on psychological factors related to sports participation among Japanese elementary school children. Advances in Human Factors in Sports and Outdoor Recreation. P. Salmon and A.-C. Macquet (eds.), Springer International Publishing, Switzerland, 2016.

Kawata Y et al.: Resilience, psychological stressors, and stress responses in Japanese university athletes. New Ergonomics Perspective. Sakae Yamamoto (ed.) Taylor & Francis Group, UK, London, 2015.

Kawata Y et al.: Relative age effect in physical and psychological development in young Japanese children and associated problems for kindergarten teachers. Advances in Human Factors and Ergonomics 2014. Gavriel Salvendy, Waldemar Karwowski (eds.). Taylor & Francis Group, UK, London, 2014.

Kawata Y et al.: The link between systemizing, one characteristic of the male brain, and persistence in acquiring skills in sports. Ergonomics for All M. Kumashiro (ed.). Taylor & Francis Group, UK, London, 2011.

Kawata Y et al.: Effect of goal orientation on the relationship between perceived competence and achievement motivation among high competitive level Japanese university track and field athletes. Ergonomics Trends from the East. Kumashiro M. (ed). Taylor Frarncis Group, London, 2009.

Kawata Y et al.: Promotion of Work Ability Towards Productive Aging Masaharu Kumashiro (Ed.) CRC Press Taylor & Francis group, London, UK, 2009.


【論文】
Yamaguchi et al.: The development and validation of an emotional vulnerability scale for university students. Frontiers in Psychology. In press. (IF=4.2)

Murofushi et al.: Relationship between the level of willingness to learn about anti-doping and objective knowledge among Japanese university athletes: A cross-sectional study. Frontiers in Sports and Active Living. In press.

Noguri et al.: High organization-based self-esteem is associated with lower risk of depressive symptoms among university athletes. Frontiers in Psychology. In press. (IF=4.2) (Corresponding Author)

Yamaguchi et al.: Psychological vulnerability associated with stress coping strategies in Japanese university athletes. Journal of Clinical Sport Psychology. In press. (IF=1.5) 

Nakamura et al.: Limiting and facilitating factors in using student health care and counseling services among Japanese university athletes. Journal of Human Ergology. In press. (Corresponding Author)

Suzuki et al.: Effects of head inclination and focal length on emotional state and degree of stress. Japanese Psychological Research. In press. (IF=1.4)

Suzuki et al.: Study on Cumulative measurement of physical fitness at Juntendo University, 2020 (COVID-19 related report). 順天堂スポーツ健康科学研究, 12(1), 早期公開中, 2021.

木頭 他: Web サイト上でのオンデマンド型研究発表会の開催事例. 順天堂スポーツ健康科学研究, 12(1), 早期公開中, 2021.

野栗 他:日本人イップス野球選手へのチームメイトによるサポート行動の把握. 応用心理学研究, 46(3), 257-263, 2021.

Xie et al.:Comparison of causes of loneliness and coping behaviors among Japanese and Chinese university student samples. Juntendo Medical Journal, 67(1),46-59, 2021.(Corresponding Author)

Nakanishi et al.:Status of normal weight obesity among Japanese women under 40 years old. Juntendo Medical Journal, 66(4), 337–345, 2020.

Kamimura et al.:Association of athlete burnout with depression among Japanese university athletes. Juntendo Medical Journal, 66(3), 221–232, 2020.

Yamaguchi et al.:Development of the Revised Japanese Athletic Hardiness Scale for University Athletes. 応用心理学研究, 46(2), 158-166, 2020.

中村 他: 大学生アスリートにおける学内健康管理施設に対する認識. 順天堂精神医学研究所紀要136-152, 2020.

Murofushi et al.: Impact of anti-doping education and doping control experience on anti-doping knowledge in Japanese university athletes: a cross-sectional study. Substance Abuse Treatment, Prevention, and Policy. 13, 44, 2018. (IF=3.1)

藤後 他:地域スポーツに関わる母親のネガティブな体験. 心理学研究, 89(3), 早期公開, 2018.

川田 他:スポーツにおけるサングラス着用時の主観的感覚−混合研究法による検討−. スポーツ産業学研究,27(4),317–331,2017.

Yamada K et al: The effect of unity in sport team on athletes’ mental health: Investigating the mediating role of resilience. International Journal of Sport and Health Science, 15, 55–64, 2017.

藤後 他:小学生の地域スポーツに関わる親のスポーツ・ペアレンティング. コミュニティ心理学研究. 21(1), 80–95, 2017.

大橋 他:地域におけるスポーツのコーチの喜びと困惑:コーチ対象の調査の内容分析. コミュニティ心理学研究, 20(2), 226–242, 2017.

山田 他:運動部活動の充実に向けて校長が重要視している取り組みの探索−中学校校長へのインタンビュー調査に基づく質的研究−. 順天堂スポーツ健康科学研究, 8(2), 33–43, 2017.

Kawata Y et al.: Perception of success in sports among Japanese elite university track and field athletes: Application of a qualitative date analysis approach. Journal of Childcare and Educational Studies. 41–48. 2016.

大橋 他:地域スポーツの指導者が直面している課題:指導者の指導力向上に向けて. スポーツ産業学研究,26(2),243–254,2016.

河村 他:野球及び陸上競技選手のサングラスの使用実態. 日本臨床スポーツ医学,24(3),382–389,2016.

宮下 他:日本の健康科学系私立大学に在籍する留学生の運動実施状況と身体的および精神的健康度の関連. 順天堂スポーツ健康科学研究, 7(2), 12–23, 2017.

藤後 他:中学生のバスケットボールチームへの森田療法を用いた心理サポートの可能性. モチベーション研究, 6, 25–37, 2016.

大橋 他:地域スポーツのコーチのやりがいと困難の内容:尺度作成を目指して. 未来の保育と教育,第3号,19–28, 2016.

藤後 他:子育て期における友人関係の葛藤. 未来の保育と教育,第2号,61–68, 2015.

Kawata Y et al.: Relationship between Empathizing-Systemizing Cognitive Styles and Mind Reading among Japanese Adolescents. Juntendo Medical Journal. 60(6), 559–567, 2014.

山田 他:スポーツチームの一体感と組織風土との関係性―コミュニケーションを起点とした一体感向上へのアプローチ方法の検討―. スポーツ産業学研究,24(2), 113–127, 2014.

Yamada K et al.: A study of the unity of sports teams: development of a scale and examination of related factors. Journal of Physical Education and Sport (JPES), 77, 489–497, 2013.

Kawata Y et al.: Mind reading through the eyes: an fMRI study, WORK: A Journal of Prevention, Assessment & Rehabilitation. Vol. 41, 1, 5785-5787, 2012.

山田 他:Relationship between state anxiety and success rate in game performance, coach’s evaluation among Japanese university volleyball players. WORK: A Journal of Prevention, Assessment & Rehabilitation. Vol. 41, 1, 5764-5766, 2012.

山田 他;大学生バレーボール選手における不安に関する研究-指導者の評価に着目して-. バレーボール研究,14(1), 22-27.

川崎 他:スポーツ系大学学生における睡眠行動と主観的な健康度に関する研究. 順天堂スポーツ健康科学研究, 2(2), 65-69, 2010.

川田 他:中学生運動部員における反応的攻撃性と身体状況認識及び認知的共感性との関連. 順天堂大学スポーツ健康科学研究,11, 49-57, 2007.


【外部資金獲得】

<代表者として取得>
1. 日本学術振興会科学研究費(若手研究)
 「fMRIを用いたアスリートのための効果的な感情調整方法の解明」
 平成30年度〜平成34年度(代表研究者:川田裕次郎)

2. 日本学術振興会科学研究費(若手研究B)
 「fMRIを用いた児童におけるスポーツ経験と社会性発達の関連性」
 平成27年度〜平成29年度(代表研究者:川田裕次郎)

3. 産学連携受託研究費
 「サングラス着用の心理的効果に関する研究」
 平成28年度(代表研究者:川田裕次郎)

4. 笹川スポーツ財団研究助成
 「児童における運動参加の促進を目指した相対的年齢効果に関する研究」
 平成26年度(代表研究者:川田裕次郎)

<分担者として取得>
1. 日本学術振興会科学研究費(基盤研究C)
 「知的障害児者のためのスポーツライフ・リテラシー育成プログラムの開発」
令和3年度〜令和6年度(代表者:飯嶋正博,分担研究者:渡邉貴裕,川田裕次郎)

2. 日本学術振興会科学研究費(基盤研究C)
 「歩きスマホ防止を目指した歩行時の頭部角度と心理状態に関する研究」
 平成29年度〜平成31年度(代表者:鈴木公啓,分担研究者:真家英俊,川田裕次郎)

3. 日本学術振興会科学研究費(基盤研究C)
 「知的障害児の運動能力改善・向上プログラムの開発」
 平成28年度〜平成30年度(代表者:広沢正孝,分担研究者:渡邉貴裕,河村剛光,川田裕次郎)

4. 日本学術振興会科学研究費(挑戦的萌芽研究)
 「ジュニア期のチームスポーツにおけるスポーツハラスメント防止プログラムの開発」
 平成26年度〜平成28年度(代表者:藤後悦子,分担研究者:大橋恵,井梅由美子,川田裕次郎)

研究者 教育活動