業績

2014年-2015年

英文論文

  • Sato M、Kato N, Tateishi R, Muroyama R, Kowatari N, Li W, Goto K, Otsuka M, Shiina S, Yoshida H, Omata M, Koike K. IL28B minor allele is associated with a younger age of onset of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C virus infection. J Gastroenterol. 2014;49:748-54.
  • Nakagomi R, Tateishi R, Shiina S, Imamura J, Fujiwara N, Asaoka Y, Kondo Y, Koike K. Drastically reduced neoplastic seeding related to radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma. Am J Gastroenterol. 2014;109:774-6.
  • Ikeda M, Shiina S, Nakachi K, Mitsunaga S, Shimizu S, Kojima Y, Ueno H, Morizane C, Kondo S, Sakamoto Y, Asaoka Y, Tateishi R, Koike K, Arioka H, Okusaka T. Phase I study on the safety, pharmacokinetic profile, and efficacy of the combination of TSU-68, an oral antiangiogenic agent, and S-1 in patients with advanced hepatocellular carcinoma. Invest New Drugs. 2014;32:928-36.
  • Asaoka Y, Tateishi R, Nakagomi R, Kondo M, Fujiwara N, Minami T, Sato M, Uchino K, Enooku K, Nakagawa H, Kondo Y, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Frequency of and predictive factors for vascular invasion after radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma. PLoS One. 2014; 9:e111662.
  • Fujiwara N, Tateishi R, Nakagawa H, Nakagomi R, Kondo M, Minami T, Sato M, Uchino K, Enooku K, Kondo Y, Asaoka Y, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Slight elevation of high-sensitivity C-reactive protein to predict recurrence and survival in patients with early stage hepatitis C-related hepatocellular carcinoma. Hepatol Res. 2014 (in press)
  • Fujiwara N, Tateishi R, Kondo M, Minami T, Mikami S, Sato M, Uchino K, Enooku K, Masuzaki R, Nakagawa H, Kondo Y, Asaoka Y, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Cause-specific mortality associated with aging in patients with hepatocellular carcinoma undergoing percutaneous radiofrequency ablation. Eur J Gastroenterol Hepatol. 2014;26:1039-46.
  • Sato M, Kato N, Tateishi R, Muroyama R, Kowatari N, Li W, Goto K, Otsuka M, Shiina S, Yoshida H, Omata M, Koike K. Impact of PNPLA3 polymorphisms on the development of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C virus infection. Hepatol Res. 2014;44:E137-44.
  • Minami T, Tateishi R, Shiina S, Fujiwara N, Mikami S, Sato M, Uchino K, Enooku K, Asaoka Y, Kondo Y, Yoshida H, Koike K. Spontaneous clearance of serum hepatitis C virus RNA during the clinical course of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C. Hepatol Res. 2014;44:E32-7.
  • Suzuki M, Sai JK, Shimizu T. Acute pancreatitis in children and adolescents. World J Gastrointest Pathophysiol. 2014;5:416-26.
  • Mikami S, Tateishi R, Hagiwara S, Sato M, Minami T, Uchino K, Enooku K, Sato T, Nakagawa H, Masuzaki R, Asaoka Y, Kondo Y, Shiina S, Ikeda H, Omata M, Yoshida H, Koike K. Tumor markers are more useful in patients undergoing surveillance for hepatocellular carcinoma with unreliable results by ultrasonography. Hepatol Res. 2015;45:415-22.
  • Nakagawa H, Fujiwara N, Tateishi R, Arano T, Nakagomi R, Kondo M, Minami T, Sato M, Uchino K, Enooku K, Asaoka Y, Kondo Y, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Impact of serum levels of IL-6 and adiponectin on all-cause, liver-related, and liver-unrelated mortality in chronic hepatitis C patients. J Gastroenterol Hepatol. 2015;30:379-88.
  • Minami T, Tateishi R, Shiina S, Nakagomi R, Kondo M, Fujiwara N, Mikami S, Sato M, Uchino K, Enooku K, Nakagawa H, Asaoka Y, Kondo Y, Yoshida H, Koike K. Comparison of improved prognosis between hepatitis B- and hepatitis C-related hepatocellular carcinoma. Hepatol Res. 2015 (in press)

国際学会発表

  • Hatanaka T, Kakizaki S, Suzuki Y, Shimada Y, Takizawa D, Horiguchi N, Hashizume H, Yamazaki Y, Sato K, Yamada M. Early prediction of response to transarterial chemotherapy using CDDP powder in patients with unresectable hepatocellular carcinoma. APASL 2014, Brisbane, Australia, 2014/3/12-15
  • Sato K, Ohki T. A long term survival case of primary adenosquamous carcinoma of the liver treated by radiofrequency ablation and chemotherapy. APASL 2014, Brisbane, Australia, 2014/3/12-15
  • Shiina S. Live Demonstration: Bipolar RFA with multiple electrodes (Moderator). Asian Conference on Tumor Ablation 2014, Taipei, Taiwan, 2014/5/3
  • Shiina S. Keynote lectures: Irreversible electroporation: From bench to practice (Moderator). Asian Conference on Tumor Ablation 2014, Taipei, Taiwan, 2014/5/4
  • Shiina S. “How to Obtain Sufficient Safety Margin in RFA?” Japanese Standard. 4th International Kyoto Liver Cancer Symposium (IKLS), Kyoto, Japan, 2014/6/8
  • Shiina S. Novel techniques: ablation. 5th Asian Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE 2014) Taipei, Taiwan, 2014/7/11
  • Sato K, Toda N. The risk factor for colonic diverticular re-bleeding. Are antiplatelet agents or hemodialysis risk factors? UEGW 2014, Wien, Austria, 2014/10/18-22
  • Shiina S. Clinical application of CEUS in liver disease. the 6th Annual Meeting of Korean Association of Clinical Ultrasound (KACU), Seoul, Korea, 2014/11/2
  • Shiina S. WHICH ABLATION. Ablation of HCC: The Eastern perspective. Ewalt (Eastern & Western Association Liver Tumors) Milan, Italy, 2015/1/22
  • Shiina S. Hepatocellular carcinoma: current management and recent advances.Seminario in Campus Bio Medico University of Rome, Rome, Italy, 2015/1/26
  • Shiina S. Hepatocellular carcinoma: management update: What is the ideal therapy for HCC ? Ablation. APASL 2015, Istanbul, Turkey, 2015/3/12
  • Taniki N, Shimizu R, Kanazawa R, Ito T, Saito H, Sai JK, Watanabe S, Shiina S. Radiofrequency ablation in very elderly patients with liver tumors. APASL 2015, Istanbul, Turkey, 2015/3/12
  • Shiina S. Meet the Expert: The treatment of small HCC. APASL 2015, Istanbul, Turkey, 2015/3/13
  • Shimizu R, Taniki N, Miura H, Kanazawa R, Ito T, Saito H, Sai JK, Watanabe S, Shiina S. A case of hepatocellular adenoma treated with percutaneous radiofrequency ablation. APASL 2015, Istanbul, Turkey, 2015/3/14

和文論文

  • 椎名秀一朗、佐藤隆久、近藤祐嗣、建石良介:State of the Art 大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA)  Frontiers in Gastroenterology 2014;19:14-22.
  • 三浦寛子、崔仁煥、福村由紀:膵管病変スクリーニングのためのMRCPについて 臨床画像 2014;30:1296-1300.
  • 椎名秀一朗、建石良介、小俣政男:【内科疾患 最新の治療 明日への指針】(第2章)消化器 転移性肝がん 内科2014;113:1087-90.
  • 崔仁煥:【悪性胆道狭窄に対する診断・治療の進歩】 悪性胆道狭窄に対するCT、MRI診断 臨床消化器内科 2014;29:1209-16.
  • 畑中健、柿崎暁、上野敬史、竹内卓、滝澤大地、片貝堅志:進行肝細胞癌に対する微粉末化シスプラチン製剤による肝動注化学療法の治療成績 癌と化学療法2014;2:205-9.
  • Mamat Osman、福村由紀、八尾隆史、石崎陽一、崔仁煥:膵・胆管合流異常症に合併した胆嚢肝様腺癌の1例 胆道 2014;28:660-6.
  • 林学、鈴木智浩、松橋暢生、市井統、田井真弓、江尻豊、箱崎半道、大平弘正:術後20年目に異時性肝転移を発症した回腸神経内分泌腫瘍の1例 日本消化器病学会雑誌 2014;111:1408-15.
  • 椎名秀一朗、近藤祐嗣、建石良介:【最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】 肝癌の治療 内科的治療 局所凝固療法 ラジオ波焼灼術(RFA:radiofrequency ablation)  日本臨床 2015;73:622-6.
  • 崔仁煥、福村由紀:【膵癌・胆道癌-基礎と臨床の最新研究動向-】 膵癌 上皮性腫瘍 神経内分泌腫瘍(NET) 機能性内分泌腫瘍 ガストリノーマ 日本臨床 2015;73:352-5.

国内学会発表

  • 川上智寛、岩本志穗、山中晃一郎、岡村庸介、北沢尚子、荻原伸悟、竹村勇治、金澤亮、鈴木真由、野元勇佑、北村庸雄、須山正文 当院におけるinfliximabを導入した潰瘍性大腸炎の治療経過の検討 第100回日本消化器病学会(東京、2014年4月24日)
  • 佐藤公紀、大木隆正、山田友春、山上まり、山本康英、小島健太郎、大木隆正、有住俊彦、関道治、田川一海 80歳以上の高齢肝細胞癌(HCC 患者に対する治療の正当性 第100回日本消化器病学会(東京、2014年4月24日)
  • 斉藤紘昭、崔仁煥、福村由紀、丸木実子、伊藤智康、石井重登、小森寛子、金澤亮、椎名秀一朗、渡辺純夫 分枝型IPMNの治療方針決定における膵液洗浄細胞診+セルブロックの有用性 第100回日本消化器病学会(東京、2014年4月25日)
  • 伊藤智康、崔仁煥、丸木実子、佐藤隆久、斉藤紘昭、石井重登、小森寛子、金澤亮、椎名秀一朗、渡辺純夫 小切開EST+EPBD-高齢者胆管結石の内視鏡治療に伴う偶発症ゼロを目指して- 第100回日本消化器病学会(東京、2014年4月25日)
  • 畑中健、柿崎暁、嶋田靖、滝澤大地、片貝堅志、佐藤賢、山田正信 進行肝細胞癌に対するアイエーコール肝動注化学療法における早期治療効果予測 第100回日本消化器病学会(東京、2014年4月25日)
  • 内野康志、建石良介、南達也、佐藤雅哉、榎奥健一郎、中川勇人、浅岡良成、近藤祐嗣、椎名秀一朗、小池和彦 Bモードで検出困難な肝腫瘍に対するソナゾイド造影超音波下ラジオ波焼灼術 日本超音波医学会第87回学術集会(横浜、2014年5月9日)
  • 野元勇佑、須山正文、北村庸雄、山中晃一郎、岩本志穂、北沢尚子、岡村庸介、荻原伸悟、鈴木真由、川上智寛、金澤亮 当院における超高齢者の胆管炎に対する内視鏡治療の適応 第87回日本消化器内視鏡学会(福岡、2014年5月15日)
  • 斉藤紘昭、崔仁煥、福村由紀 分枝型IPMNにおけるEUSの次のステップ-膵液洗浄細胞診(セルブロック)の有用性 第87回日本消化器内視鏡学会(福岡、2014年5月16日)
  • 伊藤智康、崔仁煥、丸木実子、佐藤隆久、斉藤紘昭、石井重登、小森寛子、金澤亮、椎名秀一朗、渡辺純夫 小切開EST+EPBD-内視鏡治療に伴う偶発症ゼロを目指して- 第87回日本消化器内視鏡学会(福岡、2014年5月16日)
  • 佐藤公紀、戸田信夫、山田友春、山上まり、山本康英、小島健太郎、大木隆正、有住俊彦、関道治、田川一海 当院における大腸憩室出血再発のリスク因子の検討 第87 回日本消化器内視鏡学会(福岡、2014年5月17日)
  • 近藤祐嗣、近藤真由子、中込良、藤原直人、南達也、佐藤雅哉、内野康志、榎奥健一郎、中川勇人、浅岡良成、建石良介、椎名秀一朗、小池和彦 肝癌に対する局所療法成績向上のための工夫(技術認定を含めて) 経皮的ラジオ波焼灼術の成績向上のための技術的工夫 第50回日本肝臓学会(東京、2014年5月29日)
  • 内野康志、建石良介、中川勇人、中込良、近藤真由子、藤原直人、南達也、佐藤雅哉、榎奥健一郎、浅岡良成、近藤祐嗣、吉田晴彦、椎名秀一朗、柴原純二、小池和彦 肝障害における金属元素の役割 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術後再発危険因子としての血清フェリチン値 第50回日本肝臓学会(東京、2014年5月29日)
  • 林学、高橋敦史、今泉博道、岡井研、菅野有紀子、阿部和道、大平弘正 自己免疫性肝疾患における ANCA の検討 第50回日本肝臓学会総会(東京、2014年5月29日)
  • 滝澤大地、嶋田靖、畑中健 SVR後の肝癌症例の検討 第50回日本肝臓学会(東京、2014年5月30日)
  • 畑中健、柿崎暁、鈴木悠平、竹内卓、嶋田靖、滝澤大地、片貝堅志、佐藤賢、山田正信 尾状葉の肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波焼灼術の有効性および安全性 第50回日本肝癌研究会(京都、2014年6月6日)
  • 金澤亮、崔仁煥、小森寛子、椎名秀一朗 胆管結石の内視鏡治療後膵炎予防における小切開EST+EPBDの有用性 第31回日本胆膵病態・生理研究会(東京、2014年6月14日)
  • 斉藤紘昭、崔仁煥、福村由紀、伊藤智康、金澤亮、小森寛子、椎名秀一朗、渡辺純夫 分枝型IPMNにおける膵液洗浄細胞診(セルブロック)検体を用いたMUC染色の有用性 第45回日本膵臓学会(福岡、2014年7月11日)
  • 福村由紀、Mamat Osman、高瀬優、崔仁煥、山野三紀、須田耕一、八尾隆史 IPMNにおけるGNAS変異と免疫染色性との関連 第45回日本膵臓学会(福岡、2014年7月12日)
  • 椎名秀一朗 Oligometastasisに対する治療戦略を考える 肝腫瘍に対するラジオ波焼灼術(RFA) 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会(福岡、2014年7月17日)
  • 三浦侑乃、嶋田靖、畑中健、滝澤大地、小林裕幸、柿崎暁、山田正信 メシル酸ナファモスタットによる薬剤性発熱を呈した透析患者の1例 第608回日本内科学会関東地方会(東京、2014年9月13日)
  • 福村由紀、Osman Mamat、高瀬優、崔仁煥、伊藤智康、石崎陽一、八尾隆史 好酸性細胞より構成される胆管IPNBの一症例 第50回日本胆道学会(東京、2014年9月26日)
  • 伊藤智康、崔仁煥、斉藤紘昭、小森寛子、金澤亮、椎名秀一朗、渡辺純夫、福村由紀 胆管結石治療に伴う偶発症ゼロを目指して 小切開EST+EPBD 第50回日本胆道学会(東京、2014年9月27日)
  • 中込良、建石良介、三神信太郎、近藤真由子、藤原直人、佐藤雅哉、南達也、内野康志、浅岡良成、近藤祐嗣、椎名秀一朗、小池和彦 経皮的ラジオ波焼灼術における予防的抗菌薬投与に関する前向き試験 JDDW 2014(神戸、2014年10月23日)
  • 近藤真由子、建石良介、中込良、藤原直人、佐藤雅哉、南達也、内野康志、榎奥健一郎、中川勇人、浅岡良成、近藤祐嗣、椎名秀一朗、小池和彦 AFP10ng/mL未満かつL3分画高値を呈する肝細胞癌の特徴 JDDW 2014(神戸、2014年10月23日)
  • 畑中健、柿崎暁、鈴木悠平、嶋田靖、滝澤大地、片貝堅志、佐藤賢、山田正信 3cm、3個以下の多血性肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法の治療成績―TACE併用群とRFA単独群との比較― JDDW 2014(神戸、2014年10月23日)
  • 鈴木悠平、畑中健、柿崎暁、竹内卓、嶋田靖、滝澤大地、片貝堅志、佐藤賢、山田正信 尾状葉の肝細胞癌(HCC)に対する経皮的ラジオ波焼灼術(PRFA)の有効性および安全性 JDDW 2014(神戸、2014年10月23日)
  • 伊藤智康、崔仁煥、斉藤紘昭、小森寛子、金澤亮、椎名秀一朗、渡辺純夫、大久保裕直、宮崎招久 胆管結石による急性閉塞性化膿性胆管炎に対する緊急ERCPについての検討第88回日本消化器内視鏡学会(神戸、2014年10月23日)
  • 内野康志、建石良介、中川勇人、近藤真由子、藤原直人、南達也、佐藤雅哉、 榎奥健一郎、浅岡良成、近藤祐嗣、椎名秀一朗、柴原純二、小池和彦 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術後再発危険因子としての血清フェリチン値 第56回日本消化器病学会(神戸、2014年10月24日)
  • 佐藤賢、高木均、新井弘隆、鈴木秀行、長沼篤、滝澤大地、長島多聞、戸島洋貴、上野敬史、畑中健、橋爪洋明、堀口昇男、山崎勇一、柿崎暁、草野元康、山田正信 Genotype1b高ウィルス量のC型慢性肝炎に対するテラプレビル/ペグインターフェロンα2b/リバビリン3剤併用による包括化個別化治療 JDDW 2014(神戸、2014年10月24日)
  • 滝澤大地、鈴木悠平、畑中健、嶋田靖、上野敬史、片貝堅志、佐藤賢、柿崎暁 当院におけるBRTO症例の検討 JDDW 2014(神戸、2014年10月24日)
  • 林学、高橋敦史、今泉博道、岡井研、菅野有紀子、阿部和道、大平弘正 C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療後の脂肪肝,生活習慣病の発症 JDDW 2014(神戸、2014年10月24日)
  • 金澤亮、崔仁煥、福村由紀 膵嚢胞性疾患への集学的アプローチ 分枝型IPMNにおけるEUSの次のステップ 第56回日本消化器病学会(神戸、2014年10月25日)
  • 佐藤公紀、戸田信夫、唐澤祐輝、早田有希、山田友春、山上まり、川西幸輝、山本康英、小島健太郎、大木隆正、有住俊彦、関道治、平田泰、田川一海 当院における切除不能進行大腸癌に対する原発巣切除の意義に関する検討 第22回日本消化器関連学会週間(神戸、2014年10月25日)
  • 金澤亮、崔仁煥、三浦寛子、椎名秀一朗、渡辺純夫 慢性C型肝炎を背景肝とする肝肉芽腫の1例 第40回日本肝臓学会東部会(東京、2014年11月27日)
  • 谷木信仁、椎名秀一朗、渡辺純夫 肝がんの診断と治療の進歩 超高齢者に対するラジオ波焼灼療法(RFA)の低侵襲療法としての可能性 第40回日本肝臓学会東部会(東京、2014年11月27日)
  • 清水遼、椎名秀一朗、谷木信仁、三浦寛子、金澤亮、伊藤智康、斉藤紘昭、崔仁煥、渡辺純夫 30代女性の肝細胞腺腫患者に対しラジオ波焼灼術を施行した一例 第40回日本肝臓学会東部会(東京、2014年11月27日)
  • 冨嶋享、崔仁煥、伊藤智康、金澤亮、三浦寛子、齋藤紘昭、椎名秀一朗、渡辺純夫 高度進行肝細胞癌に対するDSMを併用した肝動脈化学塞栓療法(DSM-TACE)の検討 第40回日本肝臓学会東部会(東京、2014年11月27日)
  • 林学、今泉博道、岡井研、菅野有紀子、阿部和道、高橋敦史、大平弘正 CTが診断の契機となった日本住血吸虫症の1例 第40回日本肝臓学会東部会(東京、2014年11月27日)
  • 畑中健、柿崎暁、鈴木悠平、嶋田靖、滝澤大地、片貝堅志、佐藤賢、山田正信 BRTO困難な孤立性胃静脈瘤に対して、SO-EIS(shunt occlusion-endoscopic injection therapy)が奏効した1例 第40回日本肝臓学会東部会(東京、2014年11月28日)
  • 冨嶋享、崔仁煥、斉藤紘昭、伊藤智康、金澤亮、三浦寛子、椎名秀一朗、渡辺純夫、石井重登、福村由紀 胆膵EUS診断・治療の進歩 膵腫瘤の良悪性の鑑別における造影EUS+EUS-FNAの有用性 第99回日本消化器内視鏡学会関東地方会(東京、2014年12月6日)
  • 畑中健、伊島正志、松井綾子、栗原英心、深井泰守、高橋和宏、石原眞悟、嶋田靖、滝澤大地、佐藤賢、柿崎暁、草野元康、山田正信 自己免疫性膵炎(AIP)に合併した膵癌の1例 第99回日本消化器内視鏡学会関東地方会(東京、2014年12月6日)
  • 松井綾子、伊島正志、栗原英心、綿貫雄太、深井泰守、石原眞悟、高橋和宏、畑中健、嶋田靖、滝澤大地、増尾貴成、水出雅文、草野元康、山田正信 絨毛癌膵転移との鑑別を要した原発性膵癌の一切除例 第99回日本消化器内視鏡学会関東地方会(東京、2014年12月7日)
  • 林学、今泉博道、岡井研、菅野有紀子、阿部和道、高橋敦史、大平弘正 肝細胞癌術後16年後に発症した肝血管肉腫の1例 第198回日本消化器病学会東北支部例会(仙台、2015年2月7日)

ページのトップに戻る