教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院形成外科に関する様々な情報をご案内します。


業績


 

2013年 英文論文(原著)

 
  1. Hayashi A, Nishida M, Seno H, Inoue M, Iwata H, Shirasawa T, Arai H, Kayamori R, Komuro Y and Yanai A
    Hemihypoglossal nerve transfer for acute facial paralysis
    J Neurosurg 118: 160-166, 2013
  2. Josh F, Tobita M, Tanaka R, Orbay H, Ogata K, Suzuki K, and Mizuno H
    Concentration of PDGF-AB, BB and TGF-β1 as valuable human serum parameters in adipose-derived stem cell proliferation
    J Nippon Med Sch 80: 140-147, 2013
  3. Koizumi T, Nakagawa M, Nagamatsu S, Kayano S, Akazawa S, Katsuragi Y, Matsui T and Yamamoto Y
    The versatile perifascial areolar tissue graft: adaptability to a variety of defects
    J Plast Surg Hand Surg 47: 276-280, 2013
  4. Ervinna N, Mita T, Yasunari E, Azuma K, Tanaka R, Fujimura S, Sukuwamati D, Nomiyama T, Kanazawa A, Kawamori H, Fujitani Y and Watada H
    Anagliptin, a DPP-4 inhibitor, suppresses proliferation of vascular smooth muscles, monocyte inflammatory reaction and attenuates atherosclerosis in male apo E deficient mice
    Endocrinology 154: 1260-1270, 2013
  5. Wang Y, Orbay H, Huang CY, Tobita M, Hyakusoku H, Miyamoto M, Tabata Y and Mizuno H
    Preclinical efficacy of slow-release bFGF in ischemia-reperfusion injury in a dorsal island skin flap model
    J Reconstr Microsurg 29: 341-346, 2013
  6. Hayashi A, Matsuda N, Horiguchi M, Matsumura T, Komoto M, Komuro Y and Mizuno H
    Cylinder syringe suction: a simple and efficient technique for the evacuation of subcutaneous hematoma
    J Craniofac Surg 24: 777-780, 2013
  7. Tobita M, Uysal AC, Xin G, Hyakusoku H and Mizuno H
    Periodontal tissue regeneration by a combination of adipose-derived stem cells and platelet-rich plasma in canine model
    Cytotherapy 15: 1517-1526, 2013
  8. Tanaka R, Vaynrub M, Masuda H, Ito R, Kobori M, Miyasaka M, Mizuno H, Warren SM and Asahara T
    Quality control culture system restores diabetic endothelial progenitor cell vasculogenesis accelerates wound closure
    Diabetes 62:3207-3217, 2013
  9. Matsumoto S, Tanaka R, Okada K, Arita K, Hyakusoku H, Miyamoto M, Tabata Y and Mizuno H
    The effect of control-released basic fibroblast growth factor in wound healing; Histological analyses and clinical application
    Plast Reconstr Surg Global Open 1: e44, 2013
  10. Sawada N, Aihua J, Takizawa F, Adeel S, Higashikuni Y, Chase W. K, Farouc A., Jaffer, T. M, Sata A., Kyu-Tae K, Joyce B, Hermann K, Juliano L. S, Kamei Y, Laura E. B, Watada H, Ogawa Y, Higashikuni Y, Chase W, Kessinger, F. A, Thomas M,  Sata M, Kevin C, Tanaka R, and Zolt A.
    Endothelial PGC-1α mediates vascular dysfunction in diabetes.
    Cell Metabolism (in press)
 

英文論文(総説)

 
  1. Orbay H and Mizuno H
    Translational Research in Stem Cell Treatment of Neuromuscular Diseases
    ISRN Stem Cells Volume 2013 (2013), Article ID 947329, 17 pages
  2. Tobita M and Mizuno H
    Adipose-derived stem cells and periodontal tissue engineering
    Int J Oral Maxillofac Implants 28: e487-493, 2013
  3. Tobita M
    Adipose-derived stem cells in dentistry
    J Oral Biosci 55: 122-126, 2013
  4. Mizuno H
    Adipose-derived stem cells for regenerative medicine in the field of plastic and reconstructive surgery
    J Oral Biosci 55: 132-136, 2013
  5. Tobita M and Mizuno H
    Adipose-derived stem cells and platelet-rich plasma: The key to Functional periodontal tissue engineering
    Curr Stem Cell Res Ther 8; 400-406, 2013
  6. Tanaka R
    Adoptive autologous vascular stem cell therapy for diabetic foot patients
    J Vasc Med Surg 1:e108, 2013
  7. Tanaka R, Komoto M and Mizuno H
    Skin perfusion pressure measurements – potentially the technique for assessing tissue viability in the distal foot 
    Journal of wound technology (in press)
  8. Josh F, Orbay H and Mizuno H
    Adipose-derived stem cells: It’s role in the future of regenerative medicine
    Jurnal Plastik Rekonstruksi (in press)
  9. Josh F and Mizuno H
    Fetal bovine serum substitute: implication for their use in translating adipose-derived stem cells from bench to bedside
    Jurnal Plastik Rekonstruksi (in press)
  10. Josh F and Mizuno H
    Adipose-derived stem cells: promising candidate for innovative regenerative medicine
    Indonesian J Surg (in press)
 

英文論文(症例報告、Proceedingその他)

 
  1. Matsumoto S, Tanaka R, Okada K, Fujimura S, Tsukiyama Y, Arita K, Tabata Y and Mizuno H
    The efficacy of basic fibroblast growth factor impregnated gelatin-sheet for mouse dorsal wound healing model
    Wound Repair Regen 21: A1, 2013
  2. Tanaka R, Masuda H, Ito R, Kobori M, Hanano H, Matsumoto S, Arita K, Fujimura S, Asahara T and Mizuno H
    Skin regeneration effect of serum free ex vivo expanded human diabetic endothelial progenitor cell
    Wound Repair Regen 21: A2, 2013
  3. Mizuno H, Tajima S, Tobita M, Orbay H and Hyakusoku H
    The effect of adipose-derived stem cells and platelet-rich plasma for the repair of the calvarial bone defect in a murine model
    Plast Reconstr Surg 131(5 suppl):76, 2013
  4. Shimizu A, Tajima S, Tobita M, Tanaka R, Mizuno H and Tabata Y
    The effect of control-released basic fibroblast growth factor incorporated in β-tricalcium phosphate for cranial regeneration in a murine model
    Plast Reconstr Surg 131(5 suppl):113, 2013
  5. Tanaka R, Arita K, Jitsukawa S, Hirano R, Tago N, Okada K and Mizuno H
    Keratinocyte contact plays a role in keratinocyte differentiation of quality and quantity cultured peripheral blood human EPC
    Plast Reconstr Surg 131(5 suppl):177, 2013
  6. Tanaka R, Arita K, Jitsukawa S, Ishihara H, Hirano R, Okada K and Mizuno H
    Novel methodology using diabetic peripheral blood stem cells for effective tissue regeneration
    Plastic Surgery and Reconstructive Surgery 132(2 suppl): 506, 2013
 

英文著書

 
  1. Tobita M and Mizuno H
    (分担)Oral and maxillofacial tissue engineering with adipose-derived stem cells
    「Regenerative Medicine and Tissue Eingineering」
    Editor: Andrades JA 2013; pp141-154, InTech, Croatia
  2. Mizuno H and Hyakusoku H
    (分担)Fat grafting to the breast and adipose-derived stem cells
    「Stem Cells with Fat Transfer in Aesthetic procedures: Science, Art and Clinical Techniques」
    Editors: Shiffman MA, Giuseppe AD and Bassetto F Springer, New York, NY  in press
  3. Mizuno H, Tobita M, Orbay H, Uysal AC and Lu F
    (分担)Adipose-derived stem cells as a novel tool for future regenerative medicine
    「Stem Cells and Cancer Stem Cells」
    Editor: Hayat MA  Springer, New York, NY  in press
 

国際学会(招待講演)

 
  1. Mizuno H
    Regenerative Medicine with adipose-derived stem cells; updates and perspectives
    11th Meeting of Northern Cyprus Turkish Societh of Plastic and Reconstructive Surgery (Girne, Cyprus, 2013)
  2. Tanaka R
    Basics of adult stem cells; mesenchymal and hematopoietic stem cells for future clinical application
    Reconstructive and Aesthetic Breast Surgery (London, UK, 2013)
 

国際学会(一般演題)

 
  1. Mizuno H, Tajima S, Tobita M, Orbay H and Hyakusoku H
    Calvarial bone regeneration with adipose-derived stem cells and platelet rich plasma in murine model
    The 17th international congress of the international confederation for plastic, reconstructive and aesthetic surgery (Santiago, Chile, 2013)
  2. Josh F, Tobita M, Tanaka R, Ogata K, Suzuki K and Mizuno H
    Proliferation and differentiation potential of adipose-derived stem cells cultured in human serum depend on the concentration of platelet-derived soluble factors
    The 17th international congress of the international confederation for plastic, reconstructive and aesthetic surgery (Santiago, Chile, 2013)
  3. Josh F, Tobita M, Tanaka R, Ogata K, Suzuki K and Mizuno H
    Platelet derived growth factor and transforming growth factor-beta 1 level as a valuable screening parameter for human serum on adipose derived stem cells proliferation
    Plastic Surgery Congress 2013 (Melbourne, Australia, 2013)
  4. Mizuno H, Tajima S, Tobita M, Orbay H and Hyakusoku H
    The effect of adipose-derived stem cells and platelet-rich plasma for the repair of the calvarial bone defect in a murine model
    58th Annual Meeting of the Plastic Surgery Research Council (Santa Monica, CA, 2013)
  5. Shimizu A, Tajima S, Tobita M, Tanaka R, Mizuno H and Tabata Y
    The effect of control-released basic fibroblast growth factor incorporated in β-tricalcium phosphate for cranial regeneration in a murine model
    58th Annual Meeting of the Plastic Surgery Research Council (Santa Monica, CA, 2013)
  6. Koizumi T, Mochizuki M, Matsumoto S, Shingyochi Y, Ueda A, Komuro Y, Suda M, Tokuda E, Ito M and Fukunaga M
    Breast-sparing reconstruction with muscle-sparing latissimus dorsi myocutaneous flap
    Breast cancer: oncologic and reconstructive surgery. Interactive course with live surgery(Milano, Italy, 2013)
  7. Tanaka R, Arita K, Jitsukawa S, Ishihara H, Hirano R, Okada K and Mizuno H
    Novel methodology using diabetic peripheral blood stem cells for effective tissue regeneration
    5th European Plastic Surgery Research Council(Hamburg, Germany, 2013)
  8. Komuro Y, Matsumoto S, Mochizuki M and Koizumi T
    The role of distraction osteogenesis in occipital vault expansion for the treatment of craniosynostosis
    15th International Congress of International Society of Craniofacial Surgery (Jackson Hole, WY 2013)
  9. Shimizu A, Komuro Y, Miyajima M and Arai H
    Nonsyndromic craniosynostosis with specific deformity of the cranium
    15th International Congress of International Society of Craniofacial Surgery (Jackson Hole, WY 2013)
  10. Hayashi A, Natori Y, Yoshizawa H and Mizuno H
    Our experience of modified temporal myoplasty for established facial paralysis
    12th International facial nerve symposium (Boston, MA, 2013)
  11. Hayashi A, Natori Y, Yoshizawa H and Mizuno H
    T-shape double fascia grafts for lower lip deformity of facial paralysis
    12th International facial nerve symposium (Boston, MA, 2013)
  12. Tobita M, Tajima S and Mizuno H
    The effect of platelet-rich plasma for bone regeneration with adipose-derived stem cells
    11th Annual Meeting of International Federation for Adipose
    Therapeutics and Science (New York City, NY 2013)
  13. Oshita T, Tobita M, Tajima S, Ishihara H, Nishimuta Y and Mizuno H
    Adipose-derived stem cells improve collagenase-induced tendinopathy in rat model
    11th Annual Meeting of International Federation for Adipose
    Therapeutics and Science (New York City, NY 2013)
 

国際学会(ポスター演題)

 
  1. Ishihara H, Orbay H, Tobita M, Hyakusoku H and Mizuno H
    Therapeutic application of adipose-derived stem cells for avascular tissue repair and maintenance
    The 17th international congress of the international confederation for plastic, reconstructive and aesthetic surgery (Santiago, Chile, 2013)
  2. Tanaka R, Arita K, Jitsukawa S, Ishihara H, Hirano R, Tago N, Okada K and Mizuno H
    Keratinocyte contact plays a role in keratinocyte differentiation of quality and quantity cultured peripheral blood human EPC
    58th Annual Meeting of the Plastic Surgery Research Council (Santa Monica, CA, 2013)
  3. Tobita M, Fraser JK, Hedrick MH and Mizuno H
    The effect of non-cultured human adipose-derived stromal cells for periodontal tissue regeneration
    10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting (Nara, Japan, 2013)
  4. Tanaka R, Ishihara H, Arita K, Jitsukawa S, Hirano R, Okada K and Mizuno H
    Keratinocyte differentiation of quality and quantity cultured peripheral blood human CD34 positive cells
    ISSCR(Boston, MA, 2013)
  5. Tanaka R, Ando E, Komoto M and Mizuno H
    Challenges and future perspective of autologous peripheral blood vascular progenitor cell therapy for diabetic patients with chronic non-healing ulcer
    Diabetic Limb Salvage (Washington D.C, 2013)
  6. Tanaka R, Masuda H, Arita K, Sukmawati D, Jistukawa S, Fujimura S, Asahara T and Mizuno H
    Smple, easy, and effective vascular and tissue regenerative therapy for diabetic patients by quality and quantity culture of peripheral blood mononuclear cells
    World Stem Cell Summit 2013(San Diego, CA, 2013)
  7. Koizumi T, Mochizuki M, Matsumoto S, Shingyochi Y, Ueda A, Komuro Y, Suda M, Tokuda E, Ito M and Fukunaga M
    Oncoplastic breast surgery with muscle-sparing latissimus dorsi myocutaneous flap
    15th International Course on Perforator Flaps (New York City, NY, 2013)

【和文業績】

 

和文論文(原著)

 
  1. 田中里佳、今川孝太郎、青木敏行、小原武博、亀井真由美、水野博司
    透析足潰瘍患者の施設間フットケア地域連携クリニカルパス運用における経験
    日本フットケア学会雑誌 11: 12-16, 2013
  2. 林 礼人小室裕造梁井 皎
    急性期顔面神経麻痺に対する舌下神経縦二分割移行術−術式の詳細を中心に−
    日本マイクロ会誌 26: 61-68, 2013
  3. 林 礼人、名取悠平、吉澤秀和、水野博司
    移植材料に軟骨を用いた顔面神経麻痺性兎眼に対するLevator lengthening法―眉毛挙上との同時施行例の検討―
    Facial N Res 33: 71-74, 2013
  4. 名取悠平、林 礼人、吉澤秀和、水野博司
    当科における過去10年間での顔面神経麻痺に対する神経移行術の変遷
    Facial N Res 33: 154-156, 2013
  5. 吉澤秀和、林 礼人、名取悠平、水野博司
    当科における過去10年間の眼瞼周囲の顔面神経麻痺に対する神経移行術の変遷
    Facial N Res 33: 157-159, 2013
  6. 林 礼人、名取悠平、吉澤秀和、水野博司
    Modified Temporal Myoplastyによる顔面神経麻痺動的再建術−手術施行における重要ポイントについて−
    Facial N Res 33: 203-205, 2013
  7.  礼人水野博司
    皮膚悪性腫瘍手術におけるUnfavorable result cases− 一皮膚腫瘍外科医の足跡 −
    Skin cancer 27: 275-277, 2013
  8. 林 礼人名取悠平吉澤秀和水野博司
    麻痺性兎眼に対する軟骨移植によるLevator lengthening法
    形成外科 (in press)
  9. 望月真理子小泉拓也小室裕造
    婦人科悪性腫瘍の臍転移(Sister Mary Joseph's nodule)に対し腫瘍切除術を行った3例
    日形会誌 (in press)
  10. 吉澤秀和林 礼人名取悠平水野博司
    当科における過去15年間の顔面神経麻痺静的再建術の変遷
    日形会誌 (in press)
 

和文論文(総説)

 
  1. 林 礼人
    外来外科手術のスキルアップ 「私の皮膚外科重要ポイント集」
    Derma 203: 153-161, 2013
  2. 杉野宏子
    アンチエイジング光療法(intense pulsed light・rejuvenation)によるトータルスキンケア
    形成外科 56: 67-72, 2013
  3. 小室裕造
    Teartrough・lid/cheek junctionに対する手術療法
    PEPARS 75: 48-54, 2013
  4. 小室裕造、下地一彰、宮嶋雅一、新井 一
    骨延長術を用いた頭蓋縫合早期癒合症の手術―形成外科の立場から
    脳神経外科速報 23: 1025-1031, 2013
  5. 杉野宏子
    顔面・顎下部に対する脂肪溶解注射の実際
    PEPARS 75: 109-115, 2013
  6. 林 礼人水野博司
    内眼角の皮膚腫瘍
    PEPARS 76: 18-27, 2013
  7. 水野博司
    脂肪組織由来幹細胞と脂肪注入術
    PEPARS 77: 15-21, 2013
  8. 小室裕造
    周産期の画像診断 新生児編VCT診断A. 頭部39早期癒合症(三次元CT)
    周産期医学 43増刊号: 542-546, 2013
  9. 小室裕造小泉拓也望月真理子松本 茂
    下眼瞼美容手術の適応、合併症と治療
    形成外科 56: 1027-1034, 2013
  10. 水野博司
    形成外科的なアンチエイジング
    順天堂醫事雑誌 59: 321-326, 2013
  11. 林 礼人
    フレッシャーズに送る 皮膚外科への取り組み方
    Visual Dermatology (in press)
 

和文論文(症例報告、Proceedingその他)

 
  1. 渡邉真泉、野本俊一、百束比古、水野博司
    塩基性線維芽細胞増殖因子の徐放型ゼラチンシートが奏効した糖尿病性 足潰瘍の1例
    日形会誌 32: 917-922, 2013
  2. 堀口雅敏林 礼人石原久子名取悠平水野博司
    足趾列変形に対する簡便かつ効果的な術後固定法の工夫
    形成外科 56: 102-104, 2013
  3. 小室裕造、下地一彰、宮嶋雅一、新井 一
    小児頭蓋形成における我々の考え方
    第5回日本整容脳神経外科研究会記録集 14-15, 2013
  4. 林 礼人名取悠平吉澤秀和松村 崇堀口雅敏古元将和小室裕造水野博司
    Modified temporal myoplastyによる顔面神経麻痺動的再建術の経験
    第5回日本整容脳神経外科研究会記録集 51-53, 2013
  5. 林 礼人名取悠平古元将和堀口雅敏水野博司
    移植時に検討を要した内側足底皮弁とその問題点について
    日本皮膚外科学会雑誌 17: 118-120, 2013
  6. 林 礼人
    石灰化上皮腫
    健 3: 8-10, 2013
  7. 宮本英子清水 梓門真起子水野博司
    高濃度ガベキサートメシル酸塩投与後に生じた皮膚潰瘍の1例
    皮膚科臨床 55: 751-754, 2013
  8. 石原久子林 礼人松村 崇古元将和堀口雅敏水野博司
    外科的治療に抵抗しトリアムシノロン局注が奏功した上眼瞼黄色肉芽腫の1症例
    日形会誌 33: 841-847, 2013
  9. 小泉拓也望月真理子松本 茂上田晃子小室裕造
    頭部外傷を伴う顔面骨骨折治療のタイミング
    順天堂醫事雑誌 59: 446-449, 2013
  10. 大池 翼、柳川洋一、城 崇之、竹本正明、相原恒一郎、名取悠平水野博司、高橋 玄、坂本一博、渡邉 心、永山正隆、高山敏夫、山田京之、射場敏明、田中 裕
    診療科連携により救命しえたフルニエ壊疽の1例
    順天堂醫事雑誌 59: 437-439, 2013
  11. 田村佳奈、田宮紫穂、加藤正幸、赤坂江美子、生駒憲広、小澤 明、田中里佳、鈴木沙知、宮坂宗男、稲葉良子
    全身の広範囲に多発したケロイドの1例
    皮膚科の臨床55: 1037-1042, 2013
  12. 田中里佳、増田治史、有田佳代実川佐智恵平野理恵Dewi Sukmawati藤村 聡、三田智也、綿田裕孝、浅原孝之、水野博司
    糖尿病患者に対する新しい血管再生の開発
    糖尿病 56: S253, 2013
  13. 門 真起子清水 梓宮本英子水野博司
    下腿皮下血腫治療に難渋したのちにvon Willebrand病と診断された1例
    日形会誌 33: 907-911, 2013
  14. 林 礼人名取悠平吉澤秀和水野博司
    当科における顔面神経麻痺動的再建の歩みと展望〜基礎研究から手術手技の変遷〜
    Peripheral nerve (in press)

  15. 林 礼人佐藤瑠美子吉澤秀和堀口雅敏名取悠平水野博司大峡慎一横山純吉福村由紀荒川 敦
    下顎部から頸部に増大した巨大な筋上皮癌の1例 
    日本皮膚外科学会雑誌 (in press)

  16. 林 礼人田中里佳飛田護邦西牟田ゆり石原久子吉澤秀和水野博司
    順天堂大学形成外科における瘢痕・創傷治療研究の現状と展望
    瘢痕ケロイド治療ジャーナル (in press)
 

和文著書

 
  1. 小室裕造
    頭蓋骨・顔面骨の解剖
    「頭蓋顎顔面の骨固定基本とバリエーション」
    小室裕造、新井 一、平林慎一編著 pp 1-14, 2013 克誠堂出版、東京
  2. 小室裕造
    頭蓋縫合早期癒合症
    「頭蓋顎顔面の骨固定基本とバリエーション」
    小室裕造、新井 一、平林慎一編著 pp 196-208, 2013 克誠堂出版、東京
  3. 小室裕造
    側頭部陥凹を防ぐための工夫
    「頭蓋顎顔面の骨固定基本とバリエーション」
    小室裕造、新井 一、平林慎一編著 pp 213, 2013 克誠堂出版、東京
  4. 小室裕造
    減圧開頭術後頭蓋骨再建
    「頭蓋顎顔面の骨固定基本とバリエーション」
    小室裕造、新井 一、平林慎一編著 pp 215, 2013 克誠堂出版、東京
 

和文書籍編集

 
  1. 小室裕造、新井 一、平林慎一編著
    頭蓋顎顔面の骨固定基本とバリエーション
    克誠堂出版、東京、2013
 

国内学会(招待講演)

 
  1. 水野博司
    再生医療の実用化について
    第2回マゴットセラピー研究会(2013年 横浜)
  2. 林 礼人、西田匡伸、瀬野久和、井上雅博、岩田浩嗣、白澤友裕、小室裕造梁井 皎、新井 一、栢森良二
    平成24年度日本形成外科学会学術奨励賞受賞講演
    「Hemihypoglossal nerve transfer for acute facial paralysis」
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  3. 林 礼人
    悪性腫瘍:付属器系
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会 皮膚腫瘍外科指導専門医第6回教育セミナー(2013年 東京)
  4. 水野博司
    幹細胞と創傷治癒再生
    第5回日本創傷外科学会教育セミナー2013(2013年 京都)
  5. 杉野宏子
    PRPと水光注射ハイブリッド治療の効果
    第21回ACR研究会(2013年 東京)
 

国内学会(シンポジウム)

 
  1. Warren SM、Allen RJ Jr.、Szpalski C、Tanaka R、Saadeh P
    Endogeneous progenitor cell therapy for non-healing diabetic wounds
    第12回日本再生医療学会総会(2013年 横浜)
  2. 水野博司
    女性医師をどう育てるか〜日本形成外科学会女性医師支援WGセッション〜
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  3. 林 礼人名取悠平古元将和堀口雅敏吉澤秀和水野博司
    顔面神経麻痺性兎眼に対するLevator lenghthning法−移植材料に軟骨を用いて−
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  4. 林 礼人名取悠平古元将和堀口雅敏須田俊一水野博司松田倫史
    上眼瞼部腫瘍切除後欠損に対する整容的再建−Hemi-orbicularis oculi switch flap法を中心に−
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  5. 林 礼人名取悠平吉澤秀和水野博司
    当科における顔面神経麻痺動的再建の歩みと展望〜基礎研究から手術手技の変遷〜
    第24回日本末梢神経学会 (2013年 新潟)
  6. 飛田護邦
    硬組織再生におけるメカノバイオロジー〜レーザー照射による体性幹細胞の動向変化〜
    第13回日本歯科用レーザー学会/第25回日本レーザー歯学会(2013年 東京)
  7. 飛田護邦
    歯周病予防対策としての歯槽骨再生治療の最前線
    第15回日本骨粗鬆症学会(2013年 大阪)
  8. 田中里佳、増田浩史、有田佳代實川佐智恵内田和代岡田佳代子、浅原孝之、水野博司
    自己血管幹細胞治療の最前線
    第22回日本形成外科学会基礎学術集会(2013年 新潟)
  9. 林 礼人名取悠平吉澤秀和水野博司
    これからの顔面神経麻痺治療に必要な末梢神経再生に関する基礎研究
    第22回日本形成外科学会基礎学術集会(2013年 新潟)
  10. 林 礼人田中里佳飛田護邦西牟田ゆり石原久子吉澤秀和水野博司
    順天堂大学形成外科における瘢痕・創傷治療研究の現状と展望
    第8回瘢痕・ケロイド治療研究会(2013年、札幌)
 

国内学会(パネルディスカッション)

 
  1. 林 礼人名取悠平吉澤秀和水野博司
    Modified Temporal Myoplastyによる顔面神経麻痺動的再建術
    第36回日本顔面神経研究会(2013年 那覇)
  2. 林 礼人名取悠平吉澤秀和水野博司
    顔面神経麻痺性兎眼に対するLevator lenghthning法−移植材料の違いによる検討−
    第36回日本顔面神経研究会(2013年 那覇)
  3. 田中里佳有田佳代實川佐智恵平野理恵石原久子岡田佳代子、増田浩史、浅原孝之、水野博司
    Simple, Easy and Effectiveな自己末梢血血管幹細胞による新・血管治療の開発
    第5回日本創傷外科学会(2013年 京都)
 

国内学会(一般演題)

 
  1. 名取悠平林 礼人古元将和堀口雅敏吉澤秀和水野博司
    経皮的神経刺激装置を用いた上肢腫瘍切除時の表在性末梢神経評価の有用性
    第27回東日本手外科研究会(2013年 東京)
  2. 三木田馨、前田卓也、小野岳史、川久保洋、水野博司、宮平 靖、川名明彦
    皮膚リーシュマニア症に対する脂肪幹細胞移植の効果
    第58回防衛衛生学会(2013年 東京)
  3. 須田俊一石原久子古元将和饗場恵美子林 礼人水野博司
    乳房温存術後変形の有茎広背筋皮弁による乳房再建時の一工夫
    第18回日本形成外科手術手技学会(2013年 東京)
  4. 小泉拓也望月真理子松本茂新行内芳明上田晃子小室裕造
    小指による眼窩底骨折整復術の検討
    第18回日本形成外科手術手技学会(2013年 東京)
  5. 望月真理子松本 茂小泉拓也上田晃子古賀祐季子小室裕造
    Modified V-Y前進皮弁による仙骨部褥瘡の閉鎖
    第273回関東形成外科学会(2013年 東京)
  6. 田中里佳、増田浩史、有田佳代実川佐智恵、伊藤理恵、Dewi Sukmawati藤村 聡、三田智也、綿田裕孝、浅原孝之、水野博司
    Quality and Quantity Culture 糖尿病患者末梢血CD34陽性細胞による組織再生効果の検討
    第12回日本再生医療学会総会(2013年 横浜)
  7. 小室裕造、下地一彰、宮嶋雅一、新井 一
    Craniosynostosis手術における側頭筋の温存
    第6回日本整容脳神経外科研究会(2013年 松本)
  8. 清水 梓門 真起子松村 崇小泉拓也水野博司
    遊離空腸移植後のモニタリング腸管におけるドレッシングの工夫
    第37回静岡形成外科医会(2013年 静岡)
  9. 門 真起子松村 清水 梓
    モーターパラグライダーのプロペラによる前胸部挫滅創の一例
    第37回静岡形成外科医会(2013年 静岡)
  10. 小泉拓也望月真理子上田晃子小室裕造
    観血的固定前にclosed reductionを行う頬骨骨折整復法
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  11. 門 真起子松村 崇清水 梓水野博司
    当院におけるフットケア外来の現状−伊豆半島で足を救う−
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  12. 田中里佳古元将和名取悠平林 礼人水野博司
    当院における形成外科のLimb Salvageの役割−創傷治療、皮弁移植と再生医療−
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  13. 饗場恵美子名取悠平古元将和堀口雅敏田中里佳林 礼人水野博司小室裕造
    スムースタイプエキスパンダーの被膜切除症例に関する整容的長期フォロー結果について
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  14. 名取悠平林 礼人古元将和堀口雅敏吉澤秀和水野博司
    経皮的神経刺激装置を用いた腫瘍切除時の表在性末梢神経評価の有用性
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  15. 小室裕造、下地一彰、宮嶋雅一、新井 一
    Craniosynostosis手術における側頭筋の温存
    第6回日本整容脳神経外科研究会(2013年 松本)
  16. 吉澤秀和林 礼人名取悠平水野博司
    当科における過去15年間での顔面神経麻痺静的再建術の変遷
    第36回日本顔面神経研究会(2013年 那覇)
  17. 名取悠平林 礼人吉澤秀和水野博司
    当科における過去15年間での顔面神経麻痺動的再建術の変遷
    第36回日本顔面神経研究会(2013年 那覇)
  18. 田中里佳、増田治史、有田佳代實川佐智恵伊藤理恵Dewi Sukumawati藤村 聡、三田智也、綿田裕孝、浅原孝之、水野博司
    糖尿病患者に対する新しい血管再生の開発
    第56回糖尿病学会年次学術集会(2013年 熊本)
  19. 安藤えりか林 礼人古元将和水野博司、長谷川敏男
    両側頚部リンパ節郭清術に準じた脂肪切除術を必要としたマデルング病の1例
    関東形成外科学会第274回東京地方会(2013年 東京)
  20. 須田俊一古元将和名取悠平堀口雅敏松村 崇吉澤秀和林 礼人水野博司
    腹腔鏡術後の臍変形に対し臍形成を要した症例の経過と合併症に関して
    第5回日本創傷外科学会(2013年 京都)
  21. 小泉拓也望月真理子松本 茂上田晃子小室裕造
    腹壁デスモイド切除および腹壁再建からおよそ9か月後に正常分娩し得た1例
    第5回日本創傷外科学会(2013年 京都)
  22. 林 礼人佐藤瑠美子吉澤秀和堀口雅敏名取悠平水野博司大峡慎一横山純吉
    あなたならどうする?下顎部から頸部に増大した巨大な筋上皮癌の1例
    第28回日本皮膚外科学会(2013年 大津)
  23. 林 礼人望月真理子安藤えりか名取悠平古元将和水野博司
    若年女性に生じた上口唇動静脈奇形の治療経験
    第10回血管腫・血管奇形研究会(2013年 盛岡)
  24. 望月真理子林 礼人安藤えりか古元将和名取悠平水野博司
    当科における口唇部静脈奇形の治療と現状
    第10回血管腫・血管奇形研究会(2013年 盛岡)
  25. 小室裕造、下地一彰、宮嶋雅一、新井 一
    今注目される後頭蓋骨延長
    第9回Craniosynostosis研究会 (2013年 東京)
  26. 上田晃子小室裕造
    斜頭症と舟状頭症における縫合部のTGF-β1,2,3発現について
    第9回Craniosynostosis研究会 (2013年 東京)
  27. 杉野宏子
    単極型高周波治療器Pellevéによるたるみ治療
    日本美容外科学会第117回学術集会(2013年 大阪)
  28. 田島聖士飛田護邦水野博司
    ラット頭蓋骨再生における脂肪組織幹細胞と多血小板血漿混合移植の免疫学的検証
    第11回日本再生歯科医学会総会(2013年 東京)
  29. 佐藤瑠美子、林 礼人、吉澤秀和、松田倫史、堀口雅敏、名取悠平、水野博司、大峡慎一、横山純吉、荒川 敦
    釣鐘状に巨大化した頚部筋上皮癌の治療経験
    第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術集会(2013年 甲府)
  30. 須田俊一、林 礼人、若林奈緒、古元将和、堀口雅敏、名取悠平、荒川 敦、水野博司
    生下時より存在した臀部Bednar腫瘍の1例
    第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術集会(2013年 甲府)
  31. 林 礼人、名取悠平、堀口雅敏、佐藤瑠美子、水野博司、小川尊資、平澤祐輔、池田志斈、鈴木宏昌、荒川 敦
    重症虚血肢に伴い広範な局所浸潤を示した粘液線維肉腫の経験
    第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術集会(2013年 甲府)
  32. 長谷川悠名取悠平望月真理子林 礼人水野博司
    オニオコゼ棘刺し後にCompartment症候群を生じた1例
    関東形成外科学会第275回東京地方会(2013年 東京)
  33. 新行内芳明小泉拓也望月真理子松本 茂上田晃子古賀祐季子水沼雅斉小室裕造
    Atypical fibroxanthomaと診断された下腿軟部腫瘍の1例
    関東形成外科学会第275回東京地方会(2013年 東京)
  34. 佐藤瑠美子松田倫史林 礼人吉澤秀和堀口雅敏名取悠平水野博司、大峡慎一、横山純吉、福村由紀、荒川 敦
    釣鐘状に巨大化した頚部筋上皮癌の治療経験
    関東形成外科学会第275回東京地方会(2013年 東京)
  35. 饗場恵美子名取悠平古元将和水野博司堀口雅敏、小坂泰二郎、中井克也、斎藤光江
    当院における乳癌治療と乳房再建の現状
    第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会(2013年 福岡)
  36. 饗場恵美子名取悠平古元将和水野博司堀口雅敏、小坂泰二郎、中井克也、斎藤光江
    スムースラウンドタイプエキスパンダーの被膜切除に関する評価結果
    第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会(2013年 福岡)
  37. 江浦重義、梅澤裕己、水野博司、青木 律、百束比古
    乳房異物摘出後の血流付き自家組織による乳号再建−20年の経験から
    第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会(2013年 福岡)
  38. 名取悠平林 礼人吉澤秀和水野博司
    当科における15年間の顔面神経麻痺動的再建の変遷
    第40回日本マイクロサージャリー学会(2013年 盛岡)
  39. 名取悠平林 礼人吉澤秀和水野博司
    神経再生における短期的神経刺激装置の有用性について
    第40回日本マイクロサージャリー学会(2013年 盛岡)
  40. Fukui T, Kawaguchi A, Saito N, Kawaguchi G, Miyasaka M, Tanaka R
    LEhH accelerates skin wound hearing in diabetic dB/dB mice
    第51回日本人工臓器学会大会・第5回国際人工臓器学術
    JSAO/IFAO/ISRBP 2013 (2013年 横浜)
  41. 吉澤秀和林 礼人名取悠平水野博司
    当科における過去15年での顔面神経麻痺静的再建術の変遷
    第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(2013年 名古屋)
  42. 林 礼人望月真理子安藤えりか名取悠平古元将和水野博司
    若年女性に生じた上口唇動静脈奇形の治療経験
    第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(2013年 名古屋)
  43. 小室裕造
    “まずfronto-orbital advancement”から“まずposterior cranial vault distraction”へ
    第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(2013年 名古屋)
  44. 小泉拓也望月真理子松本 茂新行内芳明上田晃子小室裕造
    Le Fort III型骨切りに伴うハロー型骨延長器の固定における牽引方法の工夫
    第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(2013年 名古屋)
  45. 飛田護邦石原久子大下高志田島聖士、田畑泰彦、水野博司
    脂肪組織幹細胞と徐放化塩基性線維芽細胞増殖因子混合移植による創傷治癒及び血管新生効果
    第22回日本形成外科学会基礎学術集会(2013年 新潟)
  46. 大下高志飛田護邦田島聖士西牟田ゆり石原久子水野博司
    脂肪組織幹細胞移植によるラット腱鞘炎モデルへの治療効果
    第22回日本形成外科学会基礎学術集会(2013年 新潟)
  47. 田島聖士飛田護邦水野博司
    硬組織再生における脂肪組織幹細胞と多血小板血漿混合物の相乗効果
    第22回日本形成外科学会基礎学術集会(2013年 新潟)
  48. 吉澤秀和林 礼人名取悠平水野博司
    無細胞化神経へのシュワン細胞付加法としての端側神経縫合とその応用について(第1報)
    第22回日本形成外科学会基礎学術集会(2013年 新潟)
  49. 名取悠平林 礼人吉澤秀和水野博司
    神経再生における短期的神経刺激装置の有用性について 第2報
    第22回日本形成外科学会基礎学術集会(2013年 新潟)
  50. 石原久子飛田護邦大下高志田島聖士、田畑泰彦、水野博司
    下肢虚血に対する徐放化塩基性線維芽細胞増殖因子と脂肪組織幹細胞の混合移植による血管新生補強効果
    第22回日本形成外科学会基礎学術集会(2013年 新潟)
  51. Dewi Sukmawati田中里佳平野理恵實川佐智恵、伊藤誠悟、代田浩之、水野博司、澤田直樹
    PGC-1alpha is required for functional vasculygenic property of bone marrow-derived EPCs
    第22回日本形成外科学会基礎学術集会(2013年 新潟)
  52. 飛田護邦水野博司
    血管柄付き骨皮弁の再生とデジタルテクノロジーの重要性
    第1回日本学顔面再建先進デジタルテクノロジー学会(2013年 東京)
  53. 飛田護邦田島聖士大下高志石原久子西牟田ゆり水野博司
    硬組織再生を目指した脂肪組織幹細胞移植に対するPRPの増強効果
    第5回PRP(多血小板血漿)療法研究会(2013年 大阪)
  54. 古元将和田中里佳名取悠平林 礼人水野博司
    当院におけるLimb Salvage:院内チーム医療の構築と他施設との連携
    第43回日本創傷治癒学会(2013年 別府)
  55. 大下高志飛田護邦田島聖士西牟田ゆり石原久子水野博司
    ラット腱鞘炎モデルにおける脂肪組織幹細胞移植の治療効果
    第43回日本創傷治癒学会(2013年 別府)
  56. 松村 崇門 真起子清水 梓水野博司
    後頭部皮膚悪性腫瘍切除後の皮膚欠損に対しVacuum Assisted Closure(VAC療法)が有効であった1例
    第43回日本創傷治癒学会(2013年 別府)
  57. 清水 梓田島聖士飛田護邦水野博司、田畑泰彦
    ラット頭蓋骨欠損に対する徐放化bFGFおよびβ-TCP複合体を用いた骨新生過程の検討
    第3回DDS徐放化再生医療研究会(2013年 東京)
  58. 石原久子飛田護邦大下高志田島聖士、田畑泰彦、水野博司
    bFGF徐放化ゼラチンハイドロゲルと脂肪組織幹細胞の同時移植による再生血管の成熟化
    第3回DDS徐放化再生医療研究会(2013年 東京)
 

国内学会(ポスター演題)

 
  1. 門 真起子松村 崇清水 梓、田村 浩、諏訪 哲、杉村 幸、高島法子
    当院におけるフットケア外来の現状−伊豆半島で足を救う−
    第11回日本フットケア学会、第5回日本下肢救済・足病学会(2013年横浜)
  2. 田島聖士飛田護邦、Hakan Orbay、百束比古、水野博司
    ラット頭蓋骨における脂肪組織幹細胞と多血小板血漿による骨再生能の免疫学的検討
    第12回日本再生医療学会総会(2013年 横浜)
  3. 清水 梓田島聖士飛田護邦水野博司、田畑泰彦
    徐放化bFGFおよびβ-TCP複合体を用いたラット頭蓋骨における骨新生過程の検討
    第12回日本再生医療学会総会(2013年 横浜)
  4. 佐藤瑠美子堀口雅敏名取悠平西牟田ゆり林 礼人水野博司
    鼻骨骨折におけるL字型プローブを用いた術中超音波の有用性
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  5. 須田俊一吉澤秀和松村 崇堀口雅敏古元将和名取悠平林 礼人水野博司
    腹腔鏡術後に臍変形を生じ臍形成を要した症例の検討
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  6. 松田倫史吉澤秀和、岩田浩嗣、三宅伊豫子、水野博司
    当院における過去5年間の後天性眼瞼下垂の検討
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  7. 松村 崇清水 梓門 真起子水野博司
    フットケアチームの連携により治療が奏功したコレステロール塞栓症によるBlue toe syndrome (BTS)の2症例
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  8. 清水 梓門 真起子松村 崇小泉拓也水野博司
    移植空腸の血流再開前後における経時的組織変化
    第56回日本形成外科学会総会・学術集会(2013年 東京)
  9. 場恵美子、小坂泰二郎、瀬沼幸司、中井克也、三浦弘善、齊藤光江、小室裕造水野博司
    スムースタイプエキスパンダー被膜切除症例の長期経過の報告
    第21回日本乳癌学会総会(2013年 浜松)
  10. 田中里佳有田佳代實川佐智恵平野理恵石原久子岡田佳世子、増田治史、浅原孝之、水野博司
    Simple, Easy and Effectiveな自己末梢血血管幹細胞による新・血管治療の開発
    第5回日本創傷外科学会総会・学術集会(2013年 京都)
  11. 小泉拓也望月真理子松本 茂新行内芳明上田晃子小室裕造、須田 健、徳田恵美、伊藤真由子、福永正氣
    乳房部分切除に対し筋体温存広背筋皮弁(muscle-sparing latissimus dorsi flap)移植による再建を行った2例
    第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会(2013年 福岡)
  12. 大下高志飛田護邦田島聖士西牟田ゆり石原久子水野博司
    ラット腱鞘炎モデルに対する脂肪組織幹細胞の治療効果
    第28回日本整形外科学会基礎学術集会(2013年 千葉)
  13. 平野理恵田中里佳水野博司、Warren SM
    頭蓋骨修復におけるAMD3100とPTH動因血管内皮細胞の役割
    第22回日本形成外科学会基礎学術集会(2013年 新潟)
  14. 小泉拓也望月真理子松本 茂新行内芳明上田晃子古賀祐季子水沼雅斉小室裕造
    ティッシュエキスパンダーの最大拡張量の計測
    第22回日本形成外科学会基礎学術集会(2013年 新潟)
 

文部科学省科学研究費補助金、その他の研究助成金

 
  1. 田中里佳(研究代表者)
    2010―2013年 内閣府「最先端・次世代研究開発支援プログラム」
    ¥154,700,000
    研究課題「糖尿病性潰瘍に対するハイブリッド型生体外増幅血管内皮前駆細胞よる新しい血管再生治療の開発」
  2. 水野博司(研究代表者)
    2011―2013年 日本学術振興会科学研究費補助金
    基盤研究C ¥5,070,000
    研究課題「脂肪組織由来幹細胞の有する創傷治癒促進と瘢痕減弱効果の機序解析」
  3. 飛田護邦(研究代表者)
    2011−2013年 日本学術振興会科学研究費助成金
    若手研究B ¥4,160,000円
    研究課題「ヒト脂肪組織幹細胞の扁平上皮癌細胞に対する影響」
  4. 水野博司(研究分担者)
    2010−2012年 日本学術振興会科学研究費補助金
    基盤研究C \3,300,000
    研究課題「顎骨における水平的骨増生を目指した組織工学的手法の検討」
  5. 林 礼人(研究代表者)
    2012―2014年 日本学術振興会科学研究費補助金
    基盤研究C ¥5,460,000
    研究課題「無細胞化神経へのシュワン細胞付加法としての端側神経縫合とその応用について」
  6. 名取悠平(研究代表者)
    2013―2015年 日本学術振興会科学研究費補助金
    基盤研究C ¥3,900,000
    研究課題「短期的電気刺激による神経再生促進の検討と糖尿病マウスへの応用について」
 
附属病院内の形成外科:順天堂医院静岡病院浦安病院練馬病院
Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.