日本エンドトキシン・自然免疫研究会

Japan Endotoxin and Innate Immunity Society

HOME | エンドトキシン研究11 もくじ

更新日 2018-01-10 | 作成日 2016-10-04

エンドトキシン研究11 
新生「日本エンドドキシン・自然免疫研究会」の発展を願って

編集 日本エンドトキシン研究会
嶋田 紘、谷  徹、横地高志、清水智治

もくじ

第1章 イブニングレクチャー「最近のトピックス」

1. 抗炎症性脂質メディエーターレゾルビンと炎症性肺疾患 (福永 興壱)
2. ブレークスルー
 「新しい高感度エンドトキシン測定法の開発―それでなにが分かるか?―」 (小幡 徹)

第2章 シンポジウム「敗血症ショックの治療標的」

侵襲に対する生体反応の予測と制御~HMGB1 を標的とした新たな治療戦略 (須田 康一)

第3章 平成19年度日本エンドトキシン研究会奨励賞受賞講演

Endotoxin tolerance の機構解析とその臨床的応用に関する研究 (畑尾 史彦)

第4章 一般演題

1. MyD88 およびIRAK-1 によるNF-kB の活性化には異なる様式でTRAF6 が関与する (室井 正志)

2. Toll-like receptor 4 への作用が期待される敗血症治療薬候補とリード化合物について(杉山 圭一)

3. Campylobacter jejuni LPS と疾患との関わり合い (天野 憲一)

4. サルモネラのリポ多糖脱アシル化と抗菌ペプチド抵抗性 (川崎 清史)

5. LPS 刺激によるToll-like receptor(TLR)を介したIL-18 ならびにIL-1β の分泌 (今村 美智子)

6. 熱ショック蛋白質(HSP)のToll-like リセプターアゴニスト作用と抗HSP 自己抗体による増強作用 (横田 伸一)

7. Cathelicidin ファミリーの生体防御ペプチドCAP11 を用いた敗血症性メディエーターの制御 (村上 泰介)

8. 致死的メディエーター対策としてのステロイドの可能性 (安田 峯次)