日本エンドトキシン・自然免疫研究会

Japan Endotoxin and Innate Immunity Society

HOME | エンドトキシン研究13 もくじ

更新日 2018-01-10 | 作成日 2016-10-04

エンドトキシン研究13 
エンドトキシンから見た基礎と臨床の融合

編集 日本エンドトキシン・自然免疫研究会
池田寿昭、谷  徹、嶋田 紘

もくじ

第1章 イブニングレクチャー

THE ROLE OF ENDOTOXIN IN CRITICAL ILLNESS-MEASURING AND MODULATING ENDOTOXEMIA
  David J. Klein

第2章 シンポジウム「エンドトキシン測定に関する新たな知見」

1.Polymyxin B-immobilized fiber columu-Direct hemoperfusion(PMX-DHP)の適応基準としてのEndotoxin scatting photometry 法によるエンドトキシン値の有用性
  阪本 雄一郎 他
2.Endotoxin Activity Assay(EAA)の有用性
  安宅 一晃 他
3.消化器外科周術期におけるエンドトキシン散乱測光法による血中エンドトキシンの評価
  清水 智治 他

第3章 平成21年度日本エンドトキシン研究会奨励賞受賞講演

エンドトキシン血症下免疫応答の性差におけるIL-18 の役割
  青山 倫子 他

第4章 一般演題

1.非アルコール性脂肪性肝炎における自然免疫
  辻本 達寛 他
2.アルコール性肝障害と自然免疫
  瓦谷 英人 他
3.重症患者lipopolysaccharide(LPS)高感受性機序の解明:IL-18 の免疫修飾作用
  藤島 清太郎 他
4.絞扼性イレウスの補助診断法としてのSIRS
  寿美 哲生 他
5.合成ビタミンD 誘導体で前処理したヒト単球系細胞の自然免疫応答,特にNOD2 応答増強とそのメカニズム
  池内 友子 他
6.マクロファージ様細胞におけるTREM-1遺伝子の発現制御機構
  細田 浩司 他
7.PAMPs に対するヒト末梢血単核球応答性の個人差の検討
  古見 嘉之 他
8.Sepsisの病態とPAMPs(Pathogen associated molecular pattern)
  小野 聡 他
9.グルタミンはHO-1誘導を介して自然免疫系の活性化を抑制し出血性ショック後の腸管障害を軽減する
  高橋 徹 他
10.a-galactosylceramide を用いた実験的エンドトキシンショックモデルについて
  小出 直樹 他
11.熱傷侵襲下のエンドトキシン負荷による生体反応性の亢進
―Two-hit model による病態解析―
  佐々木 淳一 他