入学案内

大学院医療看護学研究科 
学生募集に関するミッション

  1. 医療看護学研究科の研究指導教員には看護学の研究者のみならず、臨床医学および基礎医学の研究者が加わり、更に、医学研究科およびスポーツ健康科学研究科の協力体制も整っており、保健・医療・福祉の幅広い研究が可能である。
  2. 日々変貌する保健・医療・福祉の場で、環境の変化に対して創造的に対応でき、科学的根拠に基づいた高度な看護実践能力を発揮することを目指す看護職者並びに、看護学の成立基盤を基に看護学分野の新たな方法論の開発や展開ができる教育者・研究者を育成し、国内外を問わず多様な場で社会貢献できる看護職者の育成を目指し、看護職者のキャリア構築の支援を図る。
  3. 本研究科は修士課程修了後に、専門看護師認定の受験資格が得られる高度実践看護師(専門看護師)教育課程38単位を踏まえたカリキュラム編成として、全8分野(慢性看護・がん看護・感染看護・小児看護・老年看護・精神看護・母性看護・在宅看護)の教育課程が認可され教育を実施している。また、その他に認定看護管理者認定審査受験資格が得られるための科目も開講している。

本研究科では、新卒の学部卒業生はもちろん、広く一般看護職者にも門戸を開いています。将来教職を目指す人、看護学研究を目指す人、より高度な看護実践力の修得を目指す人、専門看護師を目指す人の受験をお勧めいたします。生涯学習、自己啓発を目指す方も本研究科を大いに活用されることを期待しています。

医療看護学研究科長
植木 純
理事長
小川 秀興