分野紹介

がん看護学分野

がん看護学

国民の2人に1人ががんに罹患する時代となり、がん医療水準の均てん化や患者の意向を反映したがん医療を実施するための取り組みが行われています。このようながん医療の現場では、高度な知識と技術を有する看護師の養成が期待されており、当分野では、「がん看護専門看護師」を養成しています。

当分野では、苦悩を抱えて生きる患者および家族に真摯に向き合うことができるがん看護専門看護師の養成を目指し、最新のがん診断・治療に関する高度な知識・技術およびがん看護に必要な理論や概念についての理解を深め、複雑な状況にあるがん患者と家族に対して質の高い看護が実践できる能力を養う教育や、医療チームとの対人関係を構築しよりよいチームアプローチができる能力を養う教育を行っています。

また、看護学を学問として発展させていく能力を養うために、課題研究を開講しています。当分野における看護研究の主題は、がん患者の身体的・心理社会的問題と看護援助、がんの病名・病状告知における看護職者の機能・役割、患者および家族のQuality of Lifeの向上を目指した看護援助、がんにより人生の終末段階に至った患者および家族の悲嘆と死の受容に向けた援助方法などであり、主に質的研究を行っています。以上のように実践と研究の両側面から、がん看護学の発展に寄与したいと考えています。

担当教員

氏名 区分 博士前期課程 博士後期課程 E-Mail
浦安キャンパス
岡本 明美
おかもと あけみ
准教授 特別研究指導
課題研究指導(CNS)
aokamo@
宮津 珠恵
みやつ たまえ
助教 講義担当 tmmiyatu@

※E-Mailの@以降は「@juntendo.ac.jp」を加えてください。

担当科目

博士前期課程(修士課程)

  • がん看護学特論Ⅰ(がん病態看護論)
  • がん看護学特論Ⅱ(がん看護理論)
  • がん看護学特論Ⅲ(がん看護援助論)
  • がん看護学特論Ⅳ(がん薬物療法看護論)
  • がん看護学特論Ⅴ(がん緩和ケア論)
  • がん看護学実習Ⅰ(CNS役割実習)
  • がん看護学実習Ⅱ(診断・治療実習)
  • がん看護学実習Ⅲ(統合実習)
  • 演習
  • 演習(がん看護CNS)
  • 特別研究
  • 課題研究(がん看護CNS)

pagetop

大学院の研究論文テーマ一覧

修了年度 論文テーマ
平成28年度 I・II期のリンパ浮腫を発症し医療リンパドレナージセラピスト資格を有する看護師から標準的ケアを受けた乳がん患者のセルフケアの実際(課題研究)
平成27年度 術後補助化学療法を受けた壮年期乳がん患者の治療継続を支えた要因(課題研究)
平成27年度 造血器腫瘍により造血細胞移植を受けた患者が慢性GVHDとともに生きる体験(課題研究)
平成27年度 診断期から治療開始期のがん患者に対する「緩和ケア実施状況」と「看護師の特性」との関連(課題研究)
平成27年度 進行肺がん患者が初回化学療法を受ける時期に抱く思い(課題研究)
平成26年度 終末期がん患者に対する退院調整のあり方の検討
-退院調整看護師の支援をうけて退院した患者の家族へのインタビューから-(課題研究)
平成23年度 手術を受けた肺がん患者が外来で再発治療を受けながら生きていく体験(課題研究)
平成22年度 卵巣がん患者の苦悩と療養の意思決定に関する研究 (課題研究)
平成22年度 子をもつ壮年期膵臓がん患者の困難と対処の体験 (課題研究)
平成21年度 化学療法を受ける終末期がん患者を抱える家族員の思いに関する研究
平成21年度 局所療法を繰り返す再発肝がん患者が自分らしい生活を送るための困難と対処
平成21年度 外来化学療法を6ヶ月以上継続している肺がん患者のセルフコントロールの体験 (課題研究)
平成21年度 食道がん手術後再発期にある患者のレジリエンスの体験 (課題研究)