分野紹介

高齢者看護学分野

高齢者看護学

高齢社会日本において、高齢者の健康にかかわるさまざまな問題が存在しています。その問題を高齢者の視点から浮き彫りにし、高齢者の健康と生活の質を高めるために適用する援助について探求しています。また、高齢者にケアを提供する家族、ケアスタッフ、社会システムの課題を検討し、支援方法やケアシステムの在り方を探求しています。

当分野では、「老人看護専門看護師」を目指したCNSコースを開講しています。CNSコースの学生は、演習、実習、課題研究を通して、高齢者、家族および看護・介護を提供しているケアスタッフについての課題を統合して考える能力を高めます。そして、在宅、施設、病院などさまざまな場、さまざま状態にある高齢者に対し、ケアスタッフのモデルとなる看護を実践し、かつ理論的な裏付けをもって表現する能力を高めていきます。

高齢者とその家族に関する研究においては、研究方法論を研究目的に応じて選択するだけでなく、倫理面を含めて対象者の心身に配慮し、データ収集方法・分析方法を工夫して精度の高いデータとする必要があります。特別研究・課題研究いずれにおいても、研究計画を作成する過程でこれらを検討し、高齢者とその家族を対象とした研究を計画し推進する能力の形成を図っています。  

 

担当教員

氏名 区分 博士前期課程 博士後期課程 E-Mail
浦安キャンパス
湯浅 美千代
ゆあさ みちよ
教授 特別研究指導
課題研究指導(CNS)
研究指導 myuasa@
島田 広美
しまだ ひろみ
先任准教授 特別研究指導 研究指導 hishima@
杉山 智子
すぎやま ともこ
准教授 特別研究指導 研究指導 tsugiya@

※E-Mailの@以降は「@juntendo.ac.jp」を加えてください。

担当科目

博士前期課程(修士課程)

  • 高齢者看護学特論Ⅰ(高齢者看護学原論)
  • 高齢者看護学特論Ⅱ(アセスメント論)
  • 高齢者看護学特論Ⅲ(支援システム論)
  • 高齢者看護学特論Ⅳ(急性期ケア論)
  • 高齢者看護学特論Ⅴ(認知症看護論)
  • 高齢者看護学実習Ⅰ(認知症看護実習)
  • 高齢者看護学実習Ⅱ(急性期看護実習)
  • 演習
  • 演習(高齢者看護CNS)
  • 特別研究
  • 課題研究(高齢者看護CNS)

博士後期課程

  • 高齢者看護支援開発特論
  • 看護学演習
  • 看護学特別研究

pagetop

大学院の研究論文テーマ一覧

修了年度 論文テーマ
博士論文
平成28年度 急性期病床から医療療養病床に移行した高齢患者への転入時ケア実践モデルの開発
修士論文
平成25年度 ショートステイにおける転倒とADL低下に対する予防ケアの実施状況と関連要因
平成25年度 消化器開腹術を受けた後期高齢者の初回歩行の可否決定とその後の看護
平成24年度 人工膝関節置換術後の患者が在宅生活で感じる困難と対処方法(課題研究)
平成24年度 認知症外来を受診する高齢者の家族がもつ病気に対する認識と支援ニーズ(課題研究)