分野紹介

精神看護学分野

精神看護学

精神看護学分野の博士前期課程の学生は、人々のメンタルヘルスの向上を目的としてキュアとケアを融合させた高度な看護を実践できるよう学修します。専門看護師(CNS)コースでは、一般病院内に入院している患者や家族に関する精神的サポートの提供や直接ケアをしたり、他診療科にコンサルテーションを行うリエゾン精神CNSの育成を行っています。加えて、精神科病院で精神障害者に対して精神療法を交えた専門的なケアやマネージメントを行うCNSを育成する科目も学修します。CNSコースの学生は、研究にも力を注ぎ、その基本を学修しますが、特別コースの学生は、将来研究職や教育職として能力を伸ばせるように研究に必要な視点や態度を身に着け、研究過程を丁寧に辿ることによってその遂行に必要な基本的能力の獲得を目指します。

博士後期課程では、学生がプロフェッショナルの研究者として将来、精神看護学あるいは、医療全般にわたり貢献するための力量を伸ばせるよう支援を行っています。研究はさまざまな状況下にある人々や集団のメンタルヘルスにかかわる現象からテーマとなる事象を特定し、幅広く文献レビューを行い、綿密な研究計画を基に新たな知識の創出や看護支援方法、モデルの開発などを行います。

現在、学生や教員が手掛けている研究は幅広く、精神科病院に入院している患者の看護支援開発に関する研究、身体疾患あるいは緩和ケア対象の患者に精神看護方法を交えた包括的ケアを行うための教育プログラムの開発、地域生活をしている精神障害者の健康的な能力を拡大させるための研究、そして、看護師のメンタルヘルスを改善させ増進させるための研究などを行っています。定期的に前期課程および後期課程学生、教員が一同に集まり、それぞれの研究についてディスカッションを行い、切磋琢磨し、互いに励まし合ってよりよい研究になるよう努力しています。

担当教員

氏名 区分 博士前期課程 博士後期課程 E-Mail
浦安キャンパス
上野 恭子
うえの きょうこ
教授 特別研究指導
課題研究指導(CNS)
研究指導 kueno@
岡本 隆寛
おかもと たかひろ
准教授 講義担当 tokamoto@
立石 彩美
たていし あやみ
准教授 講義担当 atatei@
三島キャンパス
浦川 加代子
うらかわ かよこ
教授 特別研究指導 kurakawa@

※E-Mailの@以降は「@juntendo.ac.jp」を加えてください。

担当科目

博士前期課程(修士課程)

  • コンサルテーション論
  • 精神看護学特論Ⅰ(精神医療福祉論)
  • 精神看護学特論Ⅱ(精神評価方法論)
  • 精神看護学特論Ⅲ(治療方法論)
  • 精神看護学特論Ⅳ(援助支援論)
  • 精神看護学特論Ⅴ(リエゾン精神看護論)
  • 精神看護学実習Ⅰ(役割実習)
  • 精神看護学実習Ⅱ(診断・治療実習)
  • 精神看護学実習Ⅲ(統合実習)
  • 演習
  • 演習(精神看護CNS)
  • 特別研究
  • 課題研究(精神看護CNS)

博士後期課程

  • メンタルヘルス看護支援開発特論
  • 看護学演習
  • 看護学特別研究

pagetop

大学院の研究論文テーマ一覧

修了年度 論文テーマ
博士論文
平成28年度 自閉症スペクトラム支援専門職向けTEACCH-based Programの評価-対象に合わせた環境の構造化に焦点を当てて-
修士論文
平成27年度 リンパ浮腫を伴った婦人科がん患者のソーシャル・サポートとFighting SpiritがQOLに与える影響(課題研究)
平成26年度 精神看護学実習における看護学生が統合失調症患者の実像を捉えるプロセスと影響要因
平成25年度 精神科看護師の面識がない相談者への初回電話相談における介入プロセス
(課題研究)
平成24年度 精神科における要求を繰り返す患者に対応する看護師の効果的な関わりの分析
-概念分析を用いて-(課題研究)
平成23年度 統合失調症患者に対する訪問看護師の認知と看護経験によって生じる認知の相違に関する研究
平成22年度 ICU入室中の心臓手術を受けた患者の記憶に関する質的研究
平成22年度 救急部門で働く看護師の自殺企図患者に対する認知形成のプロセスに関する質的研究
平成21年度 性別適合手術前後における性同一性障害当事者の心理過程に関する質的研究
平成20年度 在宅療養者への看護師によるスピリチュアル・ケアの試み
平成20年度 救急現場で働く看護師の「精神的問題を抱える患者」への思いと対応
平成20年度 うつ病看護の専門性の研究
-新設うつ病看護精神科認定看護師へのインタビューを通してー