教育プログラム

カリキュラムポリシー
(教育課程編成・実施の方針)

看護学専攻(博士前期課程)

博士前期課程では、各専門専攻分野の高度な看護実践者、看護学教育者、看護学研究者を育成するために特別研究コースと専門看護師コースを置きます。特別研究コースでは看護学の理論とその構築に必要な研究能力を、専門看護師コースでは高度な実践能力と実践の場における研究能力が探求できるように教育課程を編成します。研究・学修成果の評価は、予め明示した評価基準に基づき、総合的評価を行います。それらの評価結果の活用を通じて、教育方法の改善につなげていきます。

1.共通科目

特別研究コースと専門看護師コースの両コースにおける研究法、倫理観、学修の基盤となる広範な知識を修得する授業科目を設けます。

2.専門科目

各専門専攻分野の高度看護実践者、看護学教育者、看護学研究者を育成するために必要な授業科目を設けます。

3.演習・研究指導

特別研究コースでは特別研究、専門看護師コースでは課題研究を置き、特定の課題を見極めるための演習指導を行い、高度な専門的研究法を修得させ、学問的成果を論理的にまとめる能力の醸成のため修士論文を課します。

看護学専攻(博士後期課程)

博士後期課程では、個人及び個人を支える家族や地域で生活する人々の看護支援、看護職者の教育支援の開発や看護提供システムの構築などについて、新たな分野を切り拓く研究能力の養成を目指し共通科目、専門科目、演習・研究指導から編成します。研究・学修成果の評価は、予め明示した評価基準に基づき、総合的評価を行います。それらの評価結果の活用を通じて、教育方法の改善につなげていきます。

1.共通科目

看護学の本質を探求できる能力に基づいた質の高い研究成果と高い倫理観・責任感に結びつくことを目的とします。

2.専門科目

広範な健康問題や看護課題について実践的な研究が行えることを目的とし、看護学の知識や技術の検証、新たな理論や方法論の創設等、より高度な研究能力を身に付け、自らの研究テーマに関わる看護問題とその研究的アプローチを複数の専門領域の視座を通して学修し、学問的基盤を涵養します。博士前期課程(修士課程)の12分野をベースとして、個人及び個人を支える家族や地域で生活する人々の看護支援開発、管理システム及び教育支援について高度な専門知識・学問的視座の修得を目指し10科目を設定します。専門科目は2科目以上履修することとします。

3.演習・研究指導

国内外の看護系大学及び研究機関において教育・研究活動を担える指導者・研究者・管理者及び保健・医療・福祉の場で科学的視点を持ち、教育・研究能力が発揮できる高度専門職業人に必要な研究の先鋭化と深化が図れる研究能力の修得を目指し、「看護学演習」「看護学特別研究」を設定します。

順天堂大学のカリキュラムポリシー