教育プログラム

医療看護学研究科の教育課程について

カリキュラム体系図

共通科目と専門科目の特徴について

共通科目

看護専門職者として、より広い視野にたってさまざまな分野において活躍できる人材を育成するため、専門科目の基礎となる科目、看護学と密接に関連する医学・医療技術、医療現場や保健医療福祉連携等に係わる科目や国際看護に関連にする科目などを選択科目として幅広く開講しています。また、医学研究科やスポーツ医学研究科との連携した科目も組み込まれています。さらに、医学研究科やスポーツ医学研究科の授業科目について、自由に聴講することが可能です。

専門科目

専門科目では、各専門専攻分野でそれぞれの専門性を生かした研究あるいは、高度実践看護職に必要な科目が選択できるような授業科目となっています。

特別研究の選択者には、さまざまなレベルの心と体の健康支援を科学的に探究する授業科目を学修できるような科目を準備しています。ここでは、人々の健康と幸福を支援する上で必要な理論的な基礎を構築するための研究を推進するとともに、看護専門職者としての高い倫理観と科学的思考を備えた広い視野を持つ教育・研究者及び看護実践指導者の育成を図ることを目指しています。その一貫として、一定の実務経験を持つ看護職者には大学院修了後に認定看護管理者受験資格が得られる科目も開講しています。

専門看護師課程を選択した者には、病院及び地域社会で生活する人々の支援において中核的な役割を果す専門看護師に求められる高度な看護実践能力を養うための教育内容を準備しています。現在、慢性看護・がん看護・感染看護・小児看護・老人看護・精神看護については、日本看護系大学協議会から専門看護師教育課程として認定され教育を実施しています。

pagetop

演習と特別研究について

【演習】

各専門分野の授業科目に合わせた演習が組まれています。国内外の文献を材料として、研究の課題や方法、内容等について分析・考察します。事例や研究論文について、問題点を把握し、その解決法について検討議論することで、各自の研究課題における研究方法や分析方法を策定するとともに、看護実践への応用を検討します。専門看護師に必要とされる演習では、上記の演習内容に加えて高度看護実践に必要な実践力が養える教育内容にしています。

【特別研究】

講義や演習でえられた知識と文献等の解析を踏まえ、各自が選択した授業科目の研究指導教員の指導の下に研究課題を決定し、科学的に探求することで修士論文を作成します。学位論文として修士論文を研究科委員会に提出し、論文審査及び最終試験に合格することが必要です。

【課題研究】

専門看護師を目指して入学した学生が履修します。ここでは、専門看護師教育課程に必要とされる講義や演習でえられた知識と文献等の解析を踏まえ、各自が選択した授業科目の研究指導教員の指導の下に、研究課題を決定し、看護実践を通して研究課題を探求し論文にまとめます。課題研究で作成した論文は特別研究と同様の審査を受けます。

pagetop

専門看護師養成コースについて

本研究科は、医学部附属6病院を中心に他の医療施設とも連携し、日々変貌する医療・保健・福祉の場において、柔軟かつ斬新的・創造的に対応でき教育・研究能力を備えた高度な看護実践能力を発揮できる看護職者の育成を目指しています。その一環として、これまでに慢性看護、がん看護、感染看護、小児看護、老年看護、精神看護、母性看護、在宅看護の専門看護師38単位養成課程として認定され教育を実施しています。
専門看護師養成コース詳細

pagetop

学位と修了の要件について

学位

修士(看護学)

修了の要件

本研究科に2年以上在学し、次の第1号から第4号まで要件を満たしかつ、修士論文又は課題研究論文の審査及び最終試験に合格することを修了の要件とします。

  1. 共通科目の中で、医療看護学特論2単位、看護学研究方法論2単位の合計4単位を履修すること。
  2. 主専攻領域の専門科目中から専攻分野を中心に10単位以上を履修すること。また、選択した専攻分野について演習4単位・特別研究6単位、または課題研究4単を履修すること。
  3. 共通科目および他領域の専門科目から6単位以上を選択すること。
  4. 特別研究を選択した学生にあっては計30単位、課題研究を選択する学生にあっては計32単位以上を履修すること。

pagetop

教育要項について

教育要項はこちら