沿革

健康の追求 
それは開院以来の変わらぬテーマです

蘭方の普及 薬研堀の和田塾

1838年
第一堂主 佐藤泰然 (天保9年)佐藤泰然、江戸薬研堀に蘭学塾和田塾を開く
この年をもって順天堂創立の年とする

新しい外科の導入と西洋文化の受容

1843年
(天保14年)泰然、佐倉本町に「順天堂」を開く
「順天堂」の名称はここに始まる
1859年
(安政6年)泰然隠居、養子佐藤尚中、二代目当主となる
1873年
(明治6年)尚中、下谷練堀町に病院を開く
1875年
(明治8年)尚中、湯島に順天堂を新築完成
養子佐藤進ドイツより帰国 順天堂医院院長となる
1887年
(明治20年)「順天堂医事研究会雑誌」を創刊
1890年
(明治23年)順天堂を組合組織とする
1896年
(明治29年)順天堂看護婦講習所を設立
明治39年(1906)に竣工した順天堂医院。
木造モルタル3階建。大正12年(1923)の関東大震災で焼失した。
1910年
(明治43年)順天堂医院の全面的改築完成

新しい病院づくりと災害復興への
手応え

1920年
(大正9年)佐藤達次郎 順天堂医院院長となる
1923年
(大正12年)関東大震災、順天堂医院を全焼
1927年
(昭和2年)本館竣工、翌年正月より新築建物で開業
地下1階地上3階建、鉄筋コンクリート造。

病院から大学へ 医学教育の確立

1943年
(昭和18年)財団法人順天堂医学専門学校認可される
1946年
(昭和21年)財団法人順天堂医科大学認可される
1947年
(昭和22年)千葉県習志野市に順天堂医科大学予科を開校
1951年
(昭和26年)順天堂大学(医学部・体育学部)開学

健康大学を目指して社会の要請に対応

1955年
(昭和30年)有山登、理事長となる
1964年
(昭和39年)佐藤達次郎記念病棟(3号館)完成
日本初のICU開設
1967年
(昭和42年)順天堂伊豆長岡病院開院(現・順天堂静岡病院)
1968年
(昭和43年)臓器別専門外来が始まる
1972年
(昭和47年)順天堂医院新館完成
1984年
(昭和59年)東 健彦、理事長となる
順天堂浦安病院開院
順天堂創立150周年記念事業始まる
1988年
(昭和63年)懸田克躬、理事長となる
1989年
(平成元年)順天堂医療短期大学開学
順天堂越谷病院開院
1992年
(平成4年)石井昌三、理事長となる
1993年
(平成5年)体育学部よりスポーツ健康科学部へ改組
新病院(1号館)開院特定機能病院に承認される
2002年
(平成14年)東京都江東高齢者医療センター開院
(現・順天堂東京江東高齢者医療センター)
2004年
小川秀興 (平成16年)小川秀興、理事長となる
順天堂大学(医療看護学部)開学
2005年
(平成17年)順天堂大学医学部附属静岡病院に名称変更
順天堂大学医学部附属練馬病院開院
スポーツ健康医科学研究所設立
2006年
(平成18年)順天堂医院に乳腺センター、ハートセンター、小児科・小児外科・周産期母子メディカルセンター開設
セカンドオピニオン外来開設
リハビリテーション科開設
医療看護学研究科設置認可
2007年
(平成19年)第83回箱根駅伝総合優勝
学校法人順天堂「AA」の格付け取得
がん治療センター開設
日本がん治療認定医療機構認定研修施設となる
2014年
順天堂医院B棟I期落成
大学院医療看護学研究科(博士課程)設置
順天堂創立175周年記念式典を開催