緩和ケアセンターに関するQ&A

緩和ケアセンターへの入院方法を教えてください。
当院の"緩和ケアセンター"には、入院施設はございません。緩和ケアチームによる診療と緩和ケア外来を行っています。
緩和ケアチームって何ですか?
当院にご入院中の患者さんとご家族に対して、緩和ケアを提供する専属のチームです。麻酔科ペインクリニック医師、メンタルクリニック医師、看護師、臨床心理士、薬剤師、栄養士がチームのメンバーです。理学療法士・医療ソーシャルワーカーなどもメンバーとして加わる場合があります。
緩和ケアチームに診てもらいたい場合どうすればいいですか。
当院にご入院中の場合には、担当医または看護師・薬剤師等にお申し出ください。担当医または看護師・薬剤師等を通じて、緩和ケアセンターにご連絡いただくことによりチームでの診療を開始いたします。
緩和ケア外来を受診するにはどうすればいいですか。
外来は火曜日午前中で全予約制です。まず順天堂医院03-3818-3111(代表)に電話し、がん治療センターに電話をつなぐようお話ください。ご相談内容をおうかがいし、ご相談内容に応じて外来日を予約し受診していただきます。ご相談内容によっては、まずは看護師が対応する場合もありますのでご了承ください。
緩和ケア外来では、どんなことを相談できるのですか?
次の内容は、よくあるご相談です
  1. がんと診断されたことで、これからの生活に戸惑いがある場合
  2. ご家族が患者さんと、あるいは患者さんがご家族と、どのように接していけばいいのか、どのように話をすればいいのかわからない場合
  3. 今後の治療のことや、過ごし方について担当医とどのように話せばいいのかわからない場合
  4. 転院をすすめられ、どうすればいいのか困っている場合
  5. 緩和ケア病棟(ホスピス)を探したい場合
  6. 自宅で過ごしたいが、自信がなく心配している場合
  7. がん治療を続けながら生活するうえで、病気や生活を含めた相談をしたい場合
  8. 緩和ケアに関する情報を知りたい場合
  9. 死ぬこと、生きることについて語り合いたい場合
  10. 身体の症状(例えば、痛み、息苦しさ、だるさ、吐き気など)や精神の症状(不安、不眠、落ち込み、無気力、焦りなど)への相談。
    *お薬などの処方は難しい場合がございます。
がんと共に歩む道(人生)
がんと共に歩む人生があなたらしい人生であるようお手伝いいたします