アレルギー外来

曜日

土曜日午前

担当医

中村真浩石水瑛理奈

取り扱う疾患

アレルギー性鼻炎

概要

当外来ではアレルギー性鼻炎の方に対し、舌下免疫療法および花粉症に対するオマリズマブ投与を行っております。
近年、スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法が導入され、治療法の知名度が高まってきたためか症例数は徐々に増加しています。重篤な副反応は少ないものの、約7割は投薬開始から1ヶ月以内に出現するため、治療導入直後の時期は注意を要します。一方で、自宅にいながら自身で投薬できるのが舌下免疫療法のメリットです。治療開始時にこれらのメリット・デメリットを十分に理解していただくことが、治療を長く継続する上で大変重要になります。
オマリズマブはアレルギー反応を抑える皮下注射薬です。アレルギー性鼻炎の中でもスギ花粉症にのみ保険適応となっております。アレルギー性鼻炎の重症もしくは最重症と診断された方の中でも血中IgE値などを測定し、適応を吟味した上での投与となります。
アレルギー性鼻炎の新規治療に結びつくと思われる順天堂医院病院審査委員会で承認された様々な臨床試験を行うことで、鼻炎のみならず、幅広いアレルギー疾患に悩む方々を救う事を目指しています。