アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎として大きな分類として、症状がある時期から「通年性アレルギー性鼻炎」と「季節性アレルギー性鼻炎」に分けられます。


鼻粘膜償却術、後鼻神経切断術

いわゆる「花粉症」として知られているのは、主に季節性アレルギー性鼻炎、中でもスギによるものを指します。スギ花粉の飛散時期は2月から4月で、我が国では有病率は増加傾向にあり、多くの方がこの時期にくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみを訴えて病院に訪れます。
当院耳鼻咽喉・頭頸科では抗ヒスタミン薬、鼻噴霧用ステロイド薬を始めとする多くの治療法で花粉症治療に当たっています。抗ヒスタミン薬は以前、副作用として眠気が出てしまうことが懸念されていましたが、現在では眠気の少ない薬剤が広く用いられています。また、今まで気管支喘息・慢性蕁麻疹の治療薬として用いられていたヒトモノクローナル抗体であるオマリズマブが花粉症にも用いることが可能となり、従来の治療では症状が抑えきれなかった重症〜最重症の方への救いになると考えられます。一方、症状を抑える治療ではなく、スギ花粉に対する根本的な治療として舌下免疫療法も行っています。スギ花粉から生成した製剤を舌の下に投与することを毎日繰り返し、スギに対してくしゃみや目のかゆみなどの過剰反応を起こしにくい体質へ誘導する治療法です。年単位という長い治療期間を要しますが、長年スギ花粉症に苦しんでいる方には大変喜ばれる治療法であり、対症療法薬と併用して投薬することも可能です。
さらに、当科では鼻腔のつまりが酷い鼻閉型で、重症症例に対しては全身麻酔下での手術療法も行っています。
 通年性アレルギー性鼻炎は多くはハウスダスト(ダニの死骸やフンなど)によるものが多く、花粉症と比べて若い方(小児期より発症)が多い疾患です。治療法は花粉症と同様、薬物療法、舌下免疫療法が主になりますが、成人例では鼻腔形態異常のある症例に対する鼻中隔矯正術および粘膜下下鼻甲介骨切除術を行うことも有効です。また、過剰なくしゃみ・鼻水の反応を抑える後鼻神経切断術も有効です。