医療関係者の方へ

  

当科は14名の日本血液学会認定専門医をはじめとした29名の医局員が、質の高い高度な血液内科診療と先進的で活発な研究を両立するために、日々精進しております。
悪性リンパ腫・多発性骨髄腫・骨髄増殖性腫瘍・造血幹細胞移植・CAR-T療法、それぞれの専門外来を開設しております。また、日本血液学会の研修指定施設、非血縁者間骨髄移植・臍帯血移植の認定施設であり、あらゆる治療法を提供することが可能です。更に2020年2月には、再発または難治性の急性リンパ性白血病と悪性リンパ腫の新たな治療薬である「CAR-T細胞(キムリア)療法」の提供可能施設に認定されており、多くの投与実績があります。
スタッフ一同、ご紹介いただいた患者さまに、順天堂医院で診療を受けてよかったと思っていただけるよう、最良の治療を提供したいと常に心がけております。また、先生方に安心してご紹介いただけるよう、医局員一同日々努力を続けていく所存ですのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

当院は、高度医療、先進医療を提供する病院として、他の医療機関と相互連携を図り、診療を行う厚生労働省に認定された「特定機能病院」です。受診にあたっては、紹介状(診療情報提供書)が必要です。(前回の受診日から6ヶ月以上経過した方を含む)