当科における研修

教室の紹介

当教室は1969年5月に当時虎の門病院呼吸器科部長であった本間日臣教授が初代教授として日本で初めて開設した日本で最も古い歴史を有する呼吸器内科専門教室です。その後、池本秀雄教授、吉良枝郎教授、福地義之助教授へと引き継がれ、2005年8月からは現教授である髙橋和久教授が主任教授として教室の運営にあたっております。
臨床面では、腫瘍性疾患からびまん性肺疾患に至るまで、症例は多岐にわたり、治療レベルも高く、かつ関連病院も多いため、豊富な臨床経験を得ることができます。
当科の医局員の内、約半数は本学卒業生ではなく、出身大学、研修病院、男女に依らず、平等で家庭的な雰囲気を持った医局です。やる気のある人は誰でも歓迎しています。
2021年4月医局員は約130名であり、本院には約60名在籍しています。2018年には11名、2019年には8名、2020年には10名、そして2021年には11名の先生方が入局予定です。また、大学附属病院、医局関連病院に約50人以上が出向しています。コロナ禍のため現在はいませんが、多い時で3~4人が米国中心に海外留学しております。大学院生も28名(来日留学生等含む)と研究活動も重視しているのが特徴です(4割は本院勤務、4割は関連病院出向、2割弱は大学院または留学で研究活動)。
当教室では、助教以上の多くの医局員が留学経験者であり、世界レベルの臨床、教育、研究を維持しています。希望者には積極的に海外への留学の機会を与えるようにしております。
研究活動、臨床および基礎的研究の国際学会での発表を推奨し、国内、国際学会で発表した研究は原則的に英文論文で発表するように指導しております。
私どもの教室は臨床と研究のバランスがとれた教室です。家庭的な雰囲気の中にも仕事は厳しく行っています。皆さんを真のプロフェッショナルへ導きます。やる気とバイタリティーあふれる方の入局を歓迎致します。

研修教育理念

教育とはEducationすなわち Educe:引き出すものです。私達、指導医は,「研修医の能力を引き出してあげる」教育を日々心掛け指導しています。研修医として身に着けるものは、単に知識(know-what)だけでなく、その知識を生かした「実践的な問題解決の能力」 (know-how=ノウハウ)を習得してもらわなければならなりません。当科では研修医は教えられたことでなく、そこで行われていることを職場教育:On the Job Trainingで日常の業務を遂行しながら、上級医指導の元、マンツーマンで学んでいきます。

呼吸器内科研修の教育達成目標

  • ① 将来、呼吸器内科を目指す研修医に対し、基本的診療能力を習得すると共に、治療における問題解決力と臨床的技能および態度を身につける。将来のキャリア形成のための初期の計画を立案し、実行を開始する。
  • ② 看護師、薬剤師、理学療法士などの病棟スタッフ、緩和ケアチーム、退院支援を含めた医療福祉相談室、医療連携室、一般外来、各種検査室、ICU、HCU等の関連部署スタッフとの適切な連携を学び、チーム医療を実践する。

呼吸器内科研修システム

来る2025年度問題を目前に、少子高齢化を迎えるにあたり、臓器別悪性新生物の死因第1位である肺がんを含む多彩な肺疾患が増加の一途をたどっています。しかし、呼吸器内科医専門医の数は、圧倒的に少なく、腫瘍・総合内科医的として活躍できる、極めて重要な診療科です。更に特筆すべきは、COVID-19ウイルスが引き起こす呼吸器感染症のスペシャリストとしても、呼吸器内科医のニーズは、ますます増すばかりです。入院担当症例は、主に肺がんに加え数多くの多彩な症例を経験します。総合内科専門医、日本呼吸器学会専門医の取得から、がん治療認定医、呼吸器内視鏡専門医、アレルギー専門医等、更には国策にも対応し得る、感染症専門医を取得できるよう、必要な臨床トレーニングを提供しています。
診察技法・検査解釈・画像診断能力・患者家族説明・治療の進め方から、手技においては、気管支鏡や胸部超音波ガイド下腫瘍生検、胸腔穿刺や胸腔ドレーンの挿入など上級医の丁寧な指導のもと、経験することができます。更に当院では、メディカルテクノロジー・シミュレーションセンターが併設されており、気管内挿管、気管支鏡などの機材を用いた実技指導も行っています。また、肺がんの、診断から治療、外科手術・放射線・化学療法などの治療モダリティ、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬も含めて多様化する治療法の中から、いかに個々の患者さんに適切な治療を選択するか、緩和医療の中で疼痛や呼吸困難などのコントロールをどうするかなど、腫瘍内科医としての知識も学びます。呼吸器外科、放射線科、退院支援・緩和ケアチームとの合同カンファが毎週1回行われます。また、急性期肺炎の抗菌薬の選択、喘息発作、間質性肺炎急性増悪の入院治療から、呼吸不全患者の人工呼吸器設定、循環動態の全身管理などの総合内科的な側面も学びます。初診患者で最も訴えの多い症状は、咳です。当科では、特に呼吸器内科初診症候学の研修の場として、初診外来から、気管支喘息、COPD専門外来までの外来陪席を斡旋しています。問診→診察→検査→鑑別診断の流れを学び、呼吸器外来診療を基礎から学んでもらいます。外科や病理診断部とともに興味深い症例をディスカッションするOpe病理検討会やCPCにつながる臨床病理検討会を3か月おきに行っており、各科専門の先生から活発な討議が行われます。また、呼吸器セミナーなど外部からの講師を招いての特別講義も数多く行われ、ともに学ぶ機会がたくさんあります。 研修医の先生方には、上級医指導のもと学会や研究論文発表に積極的にチャレンジし、実際に数多くの研修医が優秀発表賞を受賞しています。このように、大学病院ならではの、基礎研究などのアカデミアに根差した探求心を培うための早期教育も並行して行っています。

呼吸器内科初期研修プログラムの概要

  • 研修期間:1ヶ月~
  • 担当医グループの一員として患者の診察にあたり、各々の疾患についての知識・技術を深める。各グループで上級指導医を決定する。
  • 治療方針、手術説明、侵襲的検査説明のインフォームドコンセントに積極的に同席し、病状説明記録を記載し、同意書に署名する。
  • 病棟業務:上級医の指導のもとに呼吸器内科診療に必要な基礎知識と技術を習得する。
  • 胸部所見の把握、特に意識レベル・酸素化・呼吸器症状など、呼吸器疾患全般に共通した診断技術と記載方法を習得する。カルテ記載内容は担当指導医が毎日確認し、指導する。
  • 胸部単純X線検査、CT・MRI検査、核医学検査、呼吸機能検査など呼吸器内科診療に必要な各種検査の結果を評価し、上級医に報告する。
  • 救急業務:救急外来患者および他診療科からのコンサルテーションに上級医とともに対応し、入院加療、兼科の必要性判断を含む治療方針立案に参加し、速やかに実行する。
  • 検査業務:助手として参加し、基本的手技を習得する。
  • 毎週行われるグループ回診で症例プレゼンテーションを行い上級医の指導を受ける。
  • 呼吸器内科各種カンファレンスにおいて、上級医の指導のもとに教科書や文献から得た知識を加味したプレゼンテーションを準備し、実施する。
  • 貴重な症例については、上級医の指導のもとに学会発表・論文作成に挑戦する。
  • 他職種合同カンファレンスに参加し、チーム医療の実践につなげる。

週間スケジュール

診療チームは、①准教授・助教クラスのグループ長(卒後15年目前後)→②卒後6~9年目の上級医、卒後4~9年目のスタッフ医師→③専攻医、前期・後期研修医から構成され、④医学部学生(4~5年生)が加わります。約10名前後の病棟患者担当制です。患者さんを通じて学んだことをきちんと形にまとめ、深く考察し、多くの人に認めてもらえるような形で発表することは、臨床医としての技量を高める大事なプロセスと考えています。週に一度の入院カンファレンスでは、各所属グループでカンファレンスを月曜もしくは火曜夕方に行い、方針や治療状況について共有し理解を深め、症例を要約して伝える練習をします。水曜日の朝から回診のプレゼンをします。週間スケジュール例は以下に示します。

大学病院ならではの研究の充実

研究テーマは将来的に個人の関心や希望が考慮され、教授との話し合いで決定します。
大学院への進学を選択した方には、国内留学も含めて様々なチャンスが待っています。大学院を選択しなかった方にも、臨床研修と両立しうる研究プログラムを提供します。大学院生、研究員、海外からの留学、国外留学も含め常時20名前後の研究生が在籍しています。月に1回の頻度で、ラボミーティングという大学院生の日々の研究活動の内容を英語で報告する会があります。研修医の皆さんには研修終了前に呼吸器病態学の更なる、探究心の発掘の旅として基礎研究室見学ツアーを実施しています。海外からの研究留学生も含め大学院生からそれぞれの多彩な肺疾患基礎研究テーマを話してもらいます。肺がん、COPD、間質性肺炎、喘息モデルマウスから培養細胞も実際顕微鏡で覗いて見たその先に、きっと未来に繋がる新たな扉が開かれると願っております。

後期研修希望の方へ

当科への入局は内科初期研修を2年間終了した時点で可能です。当科へ籍をおいて、内科医として基本的な知識と技能を身につけ、内科新専門医の取得を目的として、後期研修(専攻医)をしていただく形になります。
入局後の進路は大学院に進学する場合としない場合でやや異なりますが、両者ともに内科専門医・呼吸器内科専門医としての臨床および研究能力をもつことを目標とします。
研修中の経済的な基盤については、医療連携を介した収入(外勤・当直等週2~3単位)が基本となり、およそ60万/月程度となります。

2021年度内科専攻医ローテンション例

新内科専門制度・研修プログラムについて

2018年4月から新専門医制度が開始されました。初期研修2年の後に、3年間の専攻研修を行い、まずは内科専門医を取得する必要がありますが、将来のサブスペシャリティ領域(呼吸器内科専門医)を目指し並行研修が可能です。内科専門医取得のための症例を学びながら、特に専攻医2年目(医師4年目)から呼吸器に特化した症例を通して、修練を続けていくことが可能です。この専攻医期間3年間では、必ず累積1年間は指定の連携施設で地域医療を含めた様々な疾患を学びます。当科は複数の連携施設と提携しているため、自由に選択が可能です(連携施設一覧を参照してください)。そして、専攻医一人一人に、担当指導医が付き、症例登録の相談など密にコンタクトすることが可能です。

  • 連携施設に累積1年ラウンド必須
  • 地域修練として、他県病院をローテートする必要がある

↓↓

静岡病院(静岡県)、浦安病院(千葉県)、
越谷市立病院、済生会川口総合病院(埼玉県)

関連病院

順天堂大学医学部附属病院

そのほかの関連病院

そのほかの専門医連携施設

がん研究センターJR東京総合病院東京医療センター
JCHO東京山手メディカルセンター複十字病院

順天堂大学附属順天堂醫院呼吸器内科認定施設一覧

  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会認定施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本アレルギー学会認定教育施設
  • 日本老年医学会老年病専門医認定施設
  • 日本睡眠学会睡眠医療認定医療機関

大学院進学について

大学院進学希望者は、通常、専攻医の立場で内科専門医や呼吸器内科専門医取得にむけた臨床修練を通し、様々に興味を持ったテーマで教授と相談し最終決定します。入学のタイミングは早いと卒後 医師5~7年目に入学するケースが多いです。他施設ですでに専門医を取得しているケースでは、相談の上、入学時期を決めます。当院では、大学院進学を視野に入れ、シニアレジデントという職位があり、積極的に大学院進学を勧めています。大学院研究についてはリンク先をご参照ください。

呼吸器内科で活躍する女性医師

当科では、特に多くの女性呼吸器内科医師の活躍が特徴的です。素晴らしい先輩女性医師が多数おり信頼し相談できる医局です!限られた時間しか勤務ができなくても、時短勤務制度で病棟医としての従事から化学療法外来、緩和医療、初診外来禁煙外来、研究のサポート、学生教育に従事。出産・育児というライフイベントに対して個々のご事情に合わせて最大限に配慮(臨床とのバランス)し、業務復帰をチーム一丸でサポートいたします。

研修医の皆様へ

私達は、入局者を広く全国から募集しています。初期研修終了後のみならず、他病院での後期研修終了後、卒後年数を問わず中途入局も歓迎しています。入局者の約6割が順天堂大学以外の出身者です。出身大学、研修病院に依らず、平等で家庭的な雰囲気を持った医局。多様なバックグラウンドを持つ方が多く集まります。是非お気軽に見学・医局説明会へご参加ください。皆様とともに臨床・研究に従事できることを心よりお待ちしています。上記の当関連病院、連携施設での修練のほか、国立がん研究センター、静岡県立がんセンター、東邦大学医学部微生物感染症学、慶応大学先端医学、千葉大真菌センター、相模原病院(アレルギー)などへの国内臨床留学も積極的にサポートします。

2022年度当科後期研修医一覧

  名前 卒業大学
1年目 神後 宏一 順天堂大学医学部
田中 志樹 順天堂大学医学部
中島 由貴 札幌医科大学医学部
佐久間歩 福岡大学医学部
森 航 東京大学医学部
2年目 大島 啓亮 徳島大学医学部
杉谷 帆波 筑波大学医学部
香丸 真紀子 帝京大学医学部
大荷 俊彦 杏林大学医学部
岡島 耀史 千葉大学医学部
田所 千智 順天堂大学医学部
太田 奈那 順天堂大学医学部
藤岡 進也 順天堂大学医学部
藤岡 りこ 弘前大学医学部
本島 舞 島根大学医学部
武藤 優樹 順天堂大学医学部
3年目 秋元 貴至 順天堂大学医学部
片岡 峻一 順天堂大学医学部
黒田 優実 順天堂大学医学部
小松 亜里紗 順天堂大学医学部
芝山 浩平 順天堂大学医学部
相馬 聡一郎 弘前大学医学部
中澤 弘貴 順天堂大学医学部
難波 春香 順天堂大学医学部
巾 麻奈美 杏林大学医学部
早川 瑛梨 昭和大学医学部