検査について

乳がん検診、人間ドッグ検診等で乳腺の精密検査が必要になった方は、紹介状もしくは検診結果を持参のうえ、当院乳腺センターの初診受付をしてください。当センターでは、精密検査が必要と判断された方に対して、一般検査から専門的検査まで幅広く精度の高い検査を行っております。
なお、患者さんの増加に伴い検査が非常に混み合っており、予約日までお待ちいただくことがございます。あらかじめご了承ください。

精密検査にて異常なし、あるいは良性と診断された方の経過観察に関しましては、当センターでは原則行っておりません。紹介元のご施設、あるいは専門クリニックをご紹介させていただいておりますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

検査の説明

マンモグラフィー

乳房をはさみながら撮影するX線検査です。石灰化や腫瘤などの描出に優れています。妊娠中、授乳中の方は検査ができないこともありますので、あらかじめお申し出ください。また、検診機関などのマンモグラフィー写真をご持参いただいた方も、もう一度当センターで再検査を行うことがありますので、ご了承ください。

乳房超音波

体表にゼリーをぬって探触子をあて乳房の内部を観察する検査です。腫瘤の描出や腫瘤の性状を見るのに適した検査です。痛みはなく、妊娠中、授乳中の方でも検査を受けることはできますが、授乳中は検査の精度が落ちますのであらかじめお申し出ください。乳房内のスクリーニング検査、乳がんの広がり診断、リンパ節転移検索など、様々な目的で施行します。当センターに受診されたすべての方に受けていただく検査です。

MRI

乳腺病変の良悪性の鑑別や、腫瘤の性状、乳がんの広がり診断のために施行する検査です。造影剤を使用して撮影します。ペースメーカーなどの体内異物、造影剤アレルギーがある方には行えませんので、あらかじめお申し出ください。小さな病変の描出に参考になることがあるため、MRI検査の結果によりさらに検査が追加になることがあります。

CT

乳がんの診断がついた方に、遠隔転移、もしくは他病変検索のために行う検査です。

細胞診

細い針(採血と同じ針)を用いて腫瘤内部の細胞を採取し、腫瘤の良悪性の手かがりを得るための検査です。確定診断にはなりませんが、今後の方針を決定する上で重要な検査です。リンパ節転移の有無を調べるためにも施行することがあります。結果はI~Vまでの五段階で評価し、結果によっては再検査や、より精度の高い検査が必要になることがあります。また、腫瘤の性質によっては判定不能となることがあります。結果は約1週間で出ます。

検査は乳房超音波を見ながら行い、一病変あたり10分~15分ほどかかります。1回で細胞が取れない場合は2回穿刺することもあります。検査後は絆創膏をはりますが、出血が止まれば剥がしても問題ありません。当日は入浴、運動などの制限はありません。

組織診

細胞診よりもさらにたくさんの組織をとってくることができる検査で、診断を確定するために必須の検査です。良悪性だけでなく、悪性の場合は乳癌の性質や薬剤の感受性予測などについても診断することができます。結果は約1~2週間で出ますので外来で結果をご説明しますが、判定が非常に難しいケースではさらにお時間がかかることもあります。

検査は乳房超音波を見ながら行い、一病変あたり約15分~30分程度かかります。局所麻酔を用いて行います。診断に十分な量の組織を採取するため、通常3回~4回組織をとります。検査終了後は止血を確認し、ガーゼで圧迫して終了です。合併症として出血、血腫などがありますので、検査後は入浴、運動、アルコール摂取はさけてください。また、血液が止まりにくい薬剤を内服している方は検査前に休薬が必要になる場合もありますので、あらかじめ担当医にお申し出ください。

バコラ生検

太針生検よりも採取できる組織の量が多く、さらに診断精度の高い検査です。太針生検で診断がつかなかった場合や、小さな病変、非腫瘤性病変などの確定診断に用いる検査です。結果は約1~2週間で出ますので外来で結果をご説明しますが、判定が非常に難しいケースではさらにお時間がかかることもあります。

検査は乳房超音波を見ながら行い、約30分~40分程度かかります。局所麻酔を用いて皮膚に5mm程度の切開をおいて針を体内に入れ、吸引しながら組織を採取します。診断に十分な量の組織を採取するため、通常3回~5回組織をとります。検査終了後は止血を確認し、圧迫のための包帯を巻いて終了です。包帯は翌日ご自身で外していただきます。合併症として出血、血腫などがありますので、検査後は入浴、運動、アルコール摂取はさけてください。また、血液が止まりにくい薬剤を内服している方は検査前に休薬が必要になる場合もありますので、あらかじめ担当医にお申し出ください。

エコー下マンモトーム生検

太針生検よりも採取できる組織の量が多く、さらに診断精度の高い検査です。太針生検で診断がつかなかった場合、小さな病変、非腫瘤性病変などの確定診断に用いる検査です。検査した部位にマイクロマーカーをおいてくることが可能なため、病変のマーキングができます。結果は約1~2週間で出ますので外来で結果をご説明しますが、判定が非常に難しいケースではさらにお時間がかかることもあります。

検査は外来手術室にて乳房超音波を見ながら行い、約45分~60分程度かかります。局所麻酔を用いて皮膚に5mm程度の切開をおいて針を体内に入れ、吸引しながら組織を採取します。診断に十分な量の組織を採取するため、通常4回~10回組織をとります。検査終了後は止血を確認し、圧迫のためのテープを貼って終了です。検査翌日に創部の確認のため外来で処置をします。合併症として出血、血腫などがありますので、検査後は入浴、運動、アルコール摂取はさけてください。また、血液が止まりにくい薬剤を内服している方は検査前に休薬が必要になる場合もありますので、あらかじめ担当医にお申し出ください。

ステレオガイド下マンモトーム生検

マンモグラフィーでしか描出されない石灰化病変に対して確定診断のために行う検査で、診断精度の高い検査です。検査した部位にマイクロマーカーをおいてくることが可能なため、小さくて触れない乳房内の病変に人体に害のないクリップを体内に留置し、体表から見えないようにしるしをつけることができます。結果は約1~2週間で出ますので外来で結果をご説明しますが、判定が非常に難しいケースではさらにお時間がかかることもあります。

検査はマンモグラフィーを撮影しながら行い、約45分~60分程度かかります。局所麻酔を用いて皮膚に5mm程度の切開をおいて針を体内に入れ、吸引しながら組織を採取します。診断に十分な量の組織を採取するため、通常3回~5回組織をとります。検査終了後は止血を確認し、圧迫のためのテープを貼って終了です。検査翌日に創部の確認のため外来で処置をします。合併症として出血、血腫などがありますので、検査後は入浴、運動、アルコール摂取はさけてください。また、血液が止まりにくい薬剤を内服している方は検査前に休薬が必要になる場合もありますので、あらかじめ担当医にお申し出ください。

一般的な検査の流れ

ほとんどすべての方に当センターでマンモグラフィー、乳房超音波検査を受けていただきます。病変が見つかった場合は細胞診、組織診などの精密検査を施行します。精密検査の結果、良性の診断であれば経過観察もしくは検診施設へご案内します。悪性の診断となった患者さんは、MRI、CTなどのさらに詳しい精密検査を施行します。
精密検査にかかる期間はおおむね2週間~1か月程度です。

一般的な検査の流れ