乳がんの治療について

乳がんの治療は局所療法(手術、放射線治療)と全身治療(薬物治療、ホルモン療法)などをガイドラインに従って組み合わせて行うことをお勧めします。
当センターでは、患者さん一人一人の考え方や生活状況に沿った治療方針を主治医とともに選択することが可能です。当センターで施行されている主な治療法をご紹介いたします。

なお、当院で乳がん治療を行ったあとに安定期に入った患者さんにつきましては、お近くの専門機関や当院の連携施設での検診をご紹介し、医療連携体制をとっております。

乳がんの治療について

各項目をクリックすると説明が表示されます

手術

薬物療法

放射線治療

手術

乳房部分切除術(乳房温存術)

がんを含めた乳腺を最小限に切除し、乳房をできるだけ温存する方法です。術後に放射線治療を併用することが前提です。乳房を温存できるかどうかは、がんの位置、病変の広がりなどで判断されるため、希望するすべての方が受けられるわけではありません。

手術中、術後に病理検査を行い、がんが取り切れているかを評価します。術中の病理検査には限界があり、術後の病理結果が最終結果となります。(結果が出るまでに約1か月かかります。)最終病理結果でがんが取り切れていない(断端陽性)と診断された場合は、追加切除、もしくは標準的な放射線に加え追加照射が必要になります。

乳房を温存した場合の局所再発率(乳房内の再発率)は、1年で約1%、10年で約10%と報告されています。

乳房切除術

胸筋(大胸筋・小胸筋)を残して乳頭・乳輪・乳房をすべて切除する方法です。乳頭乳輪をのこして乳腺のみを切除する方法もありますが、適応が限られますので主治医とご相談ください。

乳房切除術を受けられる方は、ご希望があれば乳房再建術を行うことができます。乳房再建術には人工物を入れる方法、自分の筋肉や脂肪組織を使って行う方法などがあります。また、乳がんの手術と同時に初回の再建術を行う一次再建と、切除後に期間をあけてから行う二次再建とがあります。がんの進行や術後治療法によっても行う術式はかわってきますので、主治医とご相談ください。

センチネルリンパ節生検

センチネルリンパ節とは、腋窩(わきの下)のリンパ節の中で最初にがん細胞がたどりつくと考えられるリンパ節です。これを手術中に摘出し、がん細胞が転移しているかどうかを病理診断する方法です。センチネルリンパ節に明らかな転移がなければ、それ以上の転移はないと考え腋窩リンパ節郭清を省略します。明らかな転移が確認された場合は、ガイドラインに従い腋窩リンパ節郭清を行います。

当院で施行しているセンチネルリンパ節生検は、放射線同意元素と色素の2種類の薬剤を乳房内に注入する方法です。放射線同位元素は非常に微量なので人体にほとんど影響はありません。

手術中の病理検査で転移なしと診断されても、術後の最終病理診断で転移が見つかることもあります。この場合は、追加治療(腋窩リンパ節郭清、術後補助治療など)が必要になります。

腋窩リンパ節郭清術

術前の画像診断や細胞診で腋窩(わきの下)リンパ節に明らかに転移がある場合、またはセンチネルリンパ節生検で明らかな転移が確認された場合は、腋窩リンパ節が含まれている脂肪組織とともにリンパ節の郭清(摘出)を行います。

合併症として、リンパ浮腫(腕のむくみ)、わきから上腕にかけての知覚障害、上肢の挙上制限、術後直後~1ヶ月程度のわきの下へのリンパ液貯留などがあります。程度の差はありますが、術後にケアが必要になりますので、病棟および術後外来にて看護師からセルフケアの方法をご説明します。

乳房再建術

乳房切除後に乳房を再建する方法です。乳房再建術には人工物を入れる方法、自分の筋肉や脂肪組織を使って行う方法などがあります。また、乳がんの手術と同時に初回の再建術を行う一次再建と、切除後に期間をあけてから行う二次再建とがあります。がんの進行度や既往歴により適応できる方法が異なりますので、まずは主治医にご相談ください。その後、乳腺センターで形成外科医師による専門診察を受けていただきます。

薬物療法

抗がん剤治療

進行がんや転移再発がんなど全身治療を必要とする患者さんに行います。また、早期がんであってもがんの性質によっては抗がん剤治療をお勧めすることがあります。再発予防のための補助的な抗がん剤治療には、術前にリンパ節転移が明らかである患者さんに、抗がん剤治療を先行しその後に手術を行う術前化学療法と、術後の病理検査結果により、術後の再発予防のために抗がん剤治療を一定期間行う術後補助化学療法とがあります。

抗がん剤治療には、悪心嘔吐、脱毛、末梢神経障害などの副作用があります。副作用に対しては、可能な限りの支持療法(副作用軽減治療)を行います。

抗がん剤治療が必要になる方の場合、抗がん剤の種類、治療スケジュール、投与方法、期間などを主治医と相談の上決定していきます。また、生活面のご相談はがん専門看護師が行いますので、ご希望の方はスタッフまでお声かけてください。

ホルモン治療

術後再発予防として、または転移再発後の治療として行います。術後の病理検査結果により、術後の再発予防のために経口ホルモン治療を原則5年間行います。閉経状況や年齢により、注射でのホルモン治療を併用する場合もあります。

ホルモン受容体陽性の転移再発乳がんに対して、ホルモン治療を行う場合があります。ホルモン治療剤の種類や使用順序、期間は主治医と相談の上決定していきます。

分子標的治療

がん細胞表面にHER2蛋白(ハーツータンパク)という蛋白が発現している、もしくはその遺伝子をもっているがんの方が対象で、術後再発予防として、または転移再発後の治療として行います。術後再発予防に対して分子標的治療を行う場合は、抗がん剤治療のあと、もしくは併用して合計1年間行います。

転移再発乳がんに対して分子標的治療を行う場合は、原則抗がん剤と併用して治療を行います。近年分子標的薬はその種類も増え、Her2陰性の患者さんでも使用できるものもありますが、使用については主治医と相談の上決定していきます。

放射線治療

手術療法、薬物療法などと組みわせて行います。乳房部分切除術(乳房温存術)を施行した患者さんは、術後残った乳房に再発予防のため放射線治療を行います。乳房切除術の場合でも、リンパ節転移が多い場合は胸壁やリンパ節領域に対して放射線治療を行うことがあります。

転移再発がんに対して放射線治療を行う場合、他の薬物治療(抗がん剤やホルモン治療など)と組み合わせて行います。局所のコントロール、疼痛のコントロールの目的で行うことがあります。主治医、放射線科医と相談の上決定していきます。

連携部門の紹介

乳腺センターでは、外科の他いろいろな専門分野のスタッフと連携をとり患者さんに最善の治療を行っております。主に治療にかかわる主要科は、放射線科、形成外科、腫瘍内科、病理診断部です。患者さんにかかわる部門としては、外来、病棟スタッフの他、がん専門看護師、緩和ケアセンター、地域医療連携室、外来化学療法室、看護相談室、医療福祉相談室などです。

他院で乳がんの治療を受けられている患者さん

他院で乳がんの治療を受けられている患者さん

他院で治療を受けている患者さんにつきましては、原則治療および経過観察をお引き受けしておりません。転居やその他の事情により当院での治療を希望される場合は、
セカンドオピニオン外来での診察予約をお取りいただき、その後個別に当センターにてカンファレンスを行い、今後の治療をお引き受けできるかどうか検討しております。専門医が十分時間をかけて診察をさせていただきますので、紹介状、事前予約が必要です。なお、セカンドオピニオン外来は自費診療となります。

当院では年間400例を超える乳がんの診断・治療を行っており、その患者さんの術後経過観察や再発治療を主に行っております。
ご理解・ご協力をお願いいたします。