患者さんへのご挨拶

麻酔部門

手術をお受けになることが決まった患者さんは、麻酔についてもたくさん気になることや心配なことがおありだと思います。

当科では日本麻酔科学会の認定を受けた専門医、指導医を中心に、麻酔科医が必ず手術に立ち会い、手術という非日常の空間で、患者さんの心と身体の安全を守っています。

手術前には担当の麻酔科医が麻酔について説明にまいります。わかりにくいことや不明な点は、ご遠慮なくお尋ねください。

産科麻酔部門

諸外国では一般的に行われている無痛分娩ですが、日本ではまだ十分に普及していません。その原因として「お腹を痛めて産んだ赤ちゃん」などの表現が用いられるように、日本では陣痛に耐えて産むことを美徳とする風潮があることが指摘されています。しかし海外で出産される日本人の多くが無痛分娩を選択して良好な母子関係を築かれている事実は、日本で出産する女性だけが痛みに耐える必要がないことを如実に物語っています。

日本で無痛分娩が普及しない最大の理由は、一施設当たりの分娩数が少ないために無痛分娩を担当する麻酔科医を常時配置することが困難であるからだと思われます。日本の多くの病院ではこのような状況で無痛分娩を行うための苦肉の策として、無痛分娩を希望する妊婦に対しては計画分娩を勧めたり、麻酔科医ではなく産婦人科医が無痛分娩を担当したりしてきました。しかし安全で質の高い無痛分娩を提供するためには産科麻酔に理解のある麻酔科医の関与は不可欠です。

順天堂医院では平成25年より産科麻酔チームを立ち上げ、産婦人科と麻酔科が協力して24時間体制で自然陣発後の無痛分娩に対応するサービスを開始いたしました。特に初産婦さんでは、自然の陣痛を待ってから入院していただき妊婦さんが鎮痛処置を希望した時点で無痛分娩を開始することで、より順調な分娩の進行が期待できます。もちろん分娩経過が早い可能性の高い経産婦さんなどには計画分娩での無痛分娩にも対応していますが、24時間体制で無痛分娩に対応できますので、実際に無痛分娩を受けるかどうかは分娩経過中に決めていただくことも可能です。また産科麻酔に理解のある麻酔科医が24時間体制で配置されているので、緊急の帝王切開になった場合でも安心です。

日本で最初の無痛分娩は、1916年に与謝野晶子が五男を順天堂医院で分娩した際に施されたとの記録が残っています。それから1世紀近くが経ちましたが、ようやく24時間体制で無痛分娩に対応することが可能となりました。産婦人科外来内に産科麻酔外来を開設しましたので、順天堂医院で分娩予定の妊婦さんで、無痛分娩に興味のある方の受診をお待ちしています。

ペインクリニック部門

当科では日本ペインクリニック学会の認定を受けた専門医を中心に、痛みに対する診断と治療を行っております。

治療の対象となる主な病気には、頭痛、三叉神経痛、五十肩、頚椎・腰椎疾患(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症など)、血流障害(閉塞性動脈硬化症、バージャー病、レイノー、膠原病)、糖尿病性神経症、帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛、術後痛、癌性疼痛、非疼痛性疾患(顔面痙攣、顔面神経麻痺、突発性難聴、鼻アレルギー)などです。

専門的な治療法として神経ブロック治療、高周波熱凝固、硬膜脊髄刺激、硬膜外内視鏡、光線療法・レーザー療法、ボツリヌス毒素注射などを行っています。特に腰椎術後の難治性疼痛では硬膜脊髄刺激、硬膜外内視鏡治療で劇的に効果が得られる患者さまもいらっしゃいます。薬物治療では、より適切な鎮痛薬の選択や有効な服用法についてのアドバイスを専門的な立場から行っております。どうぞお気軽にご受診ください。