診療科概要

科長挨拶

科長挨拶

順天堂は、1877年の西南戦争時に順天堂第3代堂主であった佐藤進が脳膿瘍に対する本邦初の脳神経外科手術を行ったと伝えられている、 脳神経外科とは深いつながりのある学術機関です。大学講座としては、昭和43年に石井昌三により開設され、佐藤 潔(現 特任教授)、 新井 一(現 学長)を経て、令和2年より近藤聡英が四代目主任教授を担当させていただいております。
我々は、日本国内では脳神経外科が基本診療科である存在意義を踏まえ、「外科的医療介入は疾患治療への一つの手段でしかない」との観点から、 手術ありきの医療ではなく、患者さんの立場で将来的な予後の観点に立ち、外科的介入の必要性を多面的に検討しています。 脳神経外科というと、脳卒中や頭部外傷といった生命維持を目的とした救命救急的対応が中心と思われるかもしれませんが、 現在では疾患によって低下した生活の質を改善することを目的とした医療でもその存在を求められつつある診療科となっています。 たとえば、近年の超高齢化社会で注目を集めている治療可能な認知症である「正常圧水頭症」やパーキンソン病に代表される「不随意運動」、 交通事故の原因ともされる「てんかん」などの分野で外科治療は薬物などの内科的治療を上回る治療効果があることが知られています。 また、従来から担当している疾患でも、脳卒中などの血管障害は血管の中から治療をすることが第一選択となり 、大きな手術ではなくカテーテルを用いた治療が中心となっています。
さらに学術機関である大学付属病院として脳腫瘍分野でより複雑な診断を可能にする研究チームを有しており、 手術進行に合わせて脳の状態や摘出状況を把握することで、安全性と治療結果を両立させる手術室内MRIの設置などで治療成績を飛躍的に向上させています。 当院では24時間、前述の最新医療を提供できる体制を整えておりますので、脳や脊髄に関することでご心配なことがございましたら、まず我々にご相談ください。 ご病状を正確に評価し、病気の状態、お一人お一人の生活に合わせた形で、専門的視点からご納得いただける治療方針をご提案できるよう教室員一同尽力させていただきます。
脳神経外科をどうぞよろしくお願いいたします。

脳神経外科 科長 近藤聡英
順天堂大学大学院医学研究科 脳神経外科学 担当教授(主任教授)
順天堂大学医学部 脳神経外科学講座 担当教授(併任)

教室の歴史について

本教室は、本邦における脳神経外科と脳神経外科学の発展に沿う形で、その役割を果たしてきました。

創世前期

田中 憲二 教授
第二外科講座内に脳神経外科部門を設置。国内でも早い時期に脳神経領域の外科治療を開始しました。

創世期

石井 昌三 名誉教授:1968年(昭和43年)~1988年(昭和63年)
シシカゴ大学脳神経外科の現役教授であった氏を順天堂に招き、本格的な脳神経外科診療を開始しました。 石井名誉教授は、順天堂において脳神経外科を確立したばかりでなく、全国規模の研修会や国際学会開催に尽力し、日本における脳神経外科の創世に多大なる貢献をしました。

発展期

佐藤 潔 特任教授:1988年(昭和63年)~2002年(平成14年)
小児脳神経外科、聴神経鞘腫の手術等を中心に、脳神経外科の臨床をより充実したものにしました。"まず良き臨床医たれ"の理念に基づき多くの脳神経外科医を教育、 順天堂および関連施設全体での手術症例数を年間3,000件以上に増加させました。また、基礎研究にも力を入れ、医局員を国内のみならず海外にも積極的に留学させ成果をあげました。

成熟期

新井 一 学長:2002年(平成14年)~ 2020年(令和2年)
脳神経外科学の発達により高度化した医療に対応するため、サブスペシャリティ(専門化)を促進し、脳血管内治療、てんかん外科、脊椎脊髄外科、腫瘍外科、 機能外科を教室内に確立させました。 研究面では、脳腫瘍の免疫化学療法、PET、機能MRI、脳波解析、二分脊椎症、水頭症に関する基礎研究に成果を出し競争的研究費の獲得を進めました。

脳神経外科のさらなる発展を目指して

近藤 聡英 主任教授:2020年(令和2年)〜
伝統を守りながらも、時代に応じた変革をし、常に憧れをもって認められる組織であり続けることを目標にしています。 幅広い知識と経験を社会に提供し、研究活動、手術技術の向上に加え、アカデミックマインドを有するスタッフを養成していきます。

関連施設紹介

附属病院

順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京都、文京区)

順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京都、文京区)

脳腫瘍、脳血管障害、小児脳神経外科、脊椎・脊髄外科、機能的脳神経外科等、多彩な疾患に対する手術を年間700例以上行っている。

順天堂静岡病院(旧順天堂伊豆長岡病院)(静岡県、伊豆の国市)

順天堂静岡病院(旧順天堂伊豆長岡病院)(静岡県、伊豆の国市)

脳血管障害、外傷、脳腫瘍を中心に年間500例近い手術を行う。静岡県東部における救急救命センターとして中心的役割を果たしている。

順天堂浦安病院(千葉県、浦安市)

順天堂浦安病院(千葉県、浦安市)

脳腫瘍、脳血管障害、脊椎・脊髄疾患等多彩な疾患に対して手術を行う。救急診療科、脳神経内科と連携し、脳神経救急診療に対応している。

順天堂東京江東高齢者医療センター(東京都、江東区)

順天堂東京江東高齢者医療センター(東京都、江東区)

高齢者に対する脳神経外科診療を中心に行う、ユニークな病院。

練馬病院(東京都、練馬区)

練馬病院(東京都、練馬区)

平成17年に開業するとともに、積極的な治療を行い、地域へ貢献している。また、開業わずか2年であるが、大学付属病院として学術的にも成果を挙げている。
地域の基幹病院として脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷等多様な疾患に対応している。

関連病院

防衛医科大学校(埼玉県、所沢市)

防衛医科大学校(埼玉県、所沢市)

臨床教育、基礎研究ともに密接な連携をとっている。

東京都立広尾病院(東京都、渋谷区)

東京都立広尾病院(東京都、渋谷区)

東京ERの中軸病院。脳血管障害、頭部外傷等を中心に多くの手術を行う。

東京都保健医療公社東部地域病院(東京都、葛飾区)

東京都保健医療公社東部地域病院(東京都、葛飾区)

完全紹介制をとる高度医療に特化した病院。脳血管内治療の症例が多い。

東京都保険医療公社南部地域病院(東京都、多摩市)

東京都保険医療公社南部地域病院(東京都、多摩市)

東部地域病院と同様に、完全紹介制をとる高度医療に特化した病院。正常圧水頭症に関しては、センター的な施設として機能している。

越谷市立病院(埼玉県、越谷市)

越谷市立病院(埼玉県、越谷市)

地域の基幹病院としての歴史も古い。脳血管障害を中心としたあらゆる脳神経外科疾患に対応しており、手術症例も多い。

済生会川口総合病院(埼玉県、川口市)

済生会川口総合病院(埼玉県、川口市)

脳血管障害、頭部外傷を中心に、脳神経外科全般を行う地域の基幹病院。脳血管内治療、てんかん外科の専門的な診療も行っている。

松村総合病院(福島県、いわき市)

松村総合病院(福島県、いわき市)

脳血管障害、頭部外傷を中心に、脳神経外科全般を行う地域の基幹病院。

太田総合病院(神奈川県、川崎市)

太田総合病院(神奈川県、川崎市)

脳神経外科全般を行う。より高度な医療が必要な場合には、順天堂医院と連携する。

吉祥寺南病院(東京都、武蔵野市)

吉祥寺南病院(東京都、武蔵野市)

脳神経外科全般を行う。より高度な医療が必要な場合には、順天堂医院、練馬病院と連携する。

自衛隊中央病院(東京都、世田谷区)

脳血管障害、頭部外傷を中心に、脳神経外科全般を行う地域の基幹病院。

新百合ヶ丘総合病院(神奈川県、川崎市)

脊椎・脊髄・末梢神経の病気を専門としている。

佼成病院(東京都、杉並区)

脳神経外科全般を行う。より高度な医療が必要な場合には、順天堂医院、練馬病院と連携する。