脳神経血管内治療

脳神経血管内治療(以下、血管内治療)は、レントゲン装置を用いて透視下に主に足の付け根にある血管に"カテーテル"と呼ばれる細い管を挿入して脳脊髄に発生した血管の病気を治療するものです。血管内治療は開頭手術のように皮膚切開して頭蓋骨に穴を開けたりする必要がないので痛みがほとんど無いだけでなく、髪の毛を剃ったり傷跡が残るなどの美容的問題もありません。入院期間も開頭手術に比べると大変短くて済みますし、退院後早期に仕事を始めることもできます。このため最近は、血管内治療を希望される患者さんが急速に増えています。

血管内治療が効果的な疾患は、クモ膜下出血・脳梗塞・脳内出血などのいわゆる「脳卒中」の原因となる脳動脈瘤・頚動脈狭窄症・血管奇形などです。この他に、開頭手術と組み合わせることで脳腫瘍なども治療できます。ただ、開頭しなくても血管内治療が手術であることには変わりありませんので、十分な経験を積んだ専門医が治療を行う必要があります。順天堂大学には脳神経血管内治療学講座が設立されており、日本脳神経血管内治療学会から認定された複数の専門医からなる血管内治療専門グループを有しています。このグループが、順天堂医院を本拠地として関連施設(順天堂静岡病院・順天堂練馬病院・順天堂浦安病院・順天堂東京江東高齢者医療センター、その他)でも協力して手術を行うことで、1人でも多くの患者様に安全かつ効果的な血管内治療を受けて頂けるように体制を整えています。

順天堂医院スタッフ紹介

大石英則(おおいし ひでのり)
:脳神経外科・脳神経血管内治療学講座教授
山本宗孝(やまもと むねたか)
:脳神経外科准教授
野中宣秀(のなか せんしゅう)
:脳神経外科助教
菅康郎(すが やすお)
:脳神経外科助手

脳動脈瘤に対するコイリング術

脳動脈瘤が破裂して出血すると突然の激しい頭痛や吐き気、意識障害などの症状が起こり"クモ膜下出血"と診断されます。破裂していない動脈瘤を"未破裂動脈瘤"、一度破裂した動脈瘤を"破裂動脈瘤"と言います。特に破裂動脈瘤は再出血を起こさないように緊急治療を行う必要があります。コイリング術は、カテーテルを通じて動脈瘤の中にプラチナコイルを詰めて血液が入らないようすることで出血を防ぎます。

プラチナコイル

代表症例

58歳の女性。脳ドックを受けたところ未破裂脳動脈瘤を指摘され、クモ膜下出血予防のために血管内治療を行いました。脳動脈瘤はプラチナ製コイルで完全に閉塞されました。

脳動脈瘤に対するコイリング術
(左)治療前:丸い形の大きい脳動脈瘤があります
(中央)治療後:動脈瘤は血液が入らなくなったので白くなっています
(右)治療後:留置されたプラチナコイルが黒い塊となって見えます

頚動脈狭窄症に対するステント治療

心臓から脳へ血液を送る動脈が首を通る部分は"頚動脈"と言います。この頚動脈が動脈硬化などで細くなると頚動脈狭窄症となり脳梗塞の原因となります。車社会による運動不足や食生活の欧米化ために最近特に増加している疾患です。ステント留置術は、ステントと呼ばれる金属のメッシュでできた円筒状の内張りを細くなった頚動脈に誘導し血管を拡げます。

頚動脈ステント

代表症例

72歳の男性。突然に呂律が回らなくなり脳梗塞と診断を受けました。その後の精密検査で頚動脈狭窄症が原因と分かりました。ステント治療を行い細かった頚動脈は太くなっています。

頚動脈狭窄症に対するステント治療
(左)治療前:頚動脈が細くなっています
(中央)治療後:頚動脈は太くなって血液の流れが良くなっています
(右)治療後:留置された網目のステントが見えます

血管内治療専門グループの実績

    2010年 2011年 2012年
順天堂医院 脳動脈瘤 114 96 124
頚動脈狭窄症 9 11 17
その他 31 23 31
合計 154 130 172
関連施設
(浦安・練馬・静岡・東京江東高齢者医療センター・その他)
脳動脈瘤 152 144 165
頚動脈狭窄症 50 43 56
その他 45 48 46
合計 247 235 267
グループ総件数 401 365 439

関連リンク