研究

リハビリテーション科の対象は、院内のほぼすべての診療科が対象となっています。その中でも、パーキンソン病など変性疾患や運動器疾患に関連する病態生理学的研究、悪性腫瘍に関連した骨転移を主とした運動器疾患に対する研究(SREカンファレンス)、近年では嚥下障害に対する臨床研究など幅広い領域に積極的に取り組んでいます。また脳卒中上肢機能障害に対する新しい治療法として藤原教授が開発したHANDS therapyをはじめとして, Brain Machine Interface、非侵襲的脳刺激や歩行障害に対する経皮的脊髄刺激(FAST walk)など世界トップクラスの革新的な治療の開発、研究を行い、すでに特許取得を含め多くの成果を出しており、世界的にも注目されております。