患者さんへのご挨拶

板倉 敦夫
板倉 敦夫 教授

 順天堂大学医学部附属順天堂醫院産科・婦人科、ならびに順天堂大学大学院医学系研究科産婦人科学講座を代表してご挨拶申し上げます。

 当講座は、1943年今井 環教授によって、開講された歴史ある講座であり、創設以来所属している医師は「仁」の心を持って、患者様に医療を提供していることを誇りに、産婦人科診療に携わっております。当講座から巣立った多くの産婦人科医が、順天堂医学部附属病院をはじめ、第一線の産婦人科医療で活躍しています。

 産婦人科の対象は、卵から受精卵、胎児、新生児、思春期、成熟期、妊娠・分娩・産褥期、更年期、老年期まできわめて広範囲にわたります。不妊・内分泌、産科、婦人科腫瘍、といった疾患にとどまらず、産後うつ病、更年期障害などのこころのケアや女性アスリートに関わる諸問題についても診療および研究の対象としております。

 当院では、妊娠されてから出産をご希望される方や、産後の母乳相談、メンタルケア、産後の後遺症でお悩みの方が受診する産科、婦人科悪性腫瘍、子宮筋腫、子宮内膜症など女性特有の疾患、女性アスリートのお悩みなどで受診される婦人科に分かれております。

 当院は、「日本産科婦人科学会基幹研修施設」をはじめとして、「日本周産期・新生児専門医基幹研修基幹施設」、「日本生殖医学会認定研修施設」、「日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設」の認定を受け、診療の質の向上を目指しながら、良き医療人の育成に取り組んでおります。産科領域では、地域周産期母子医療センターとして、小児科・小児外科と緊密な連携を保ちながら、多くの胎児疾患の管理、ハイリスク妊娠の管理を行っている一方で、麻酔科・ペインクリニックとともに24時間体制での無痛分娩も提供しています。

 婦人科領域では、全国有数の件数を誇る腹腔鏡下手術によって、子宮筋腫や子宮内膜症などの女性特有の疾患の治療を行っています。こうした治療とそれに続く生殖補助医療(不妊治療)によって、従来では妊娠できなかった女性の多くに妊娠・出産を届けることができるようになりました。これらの技術は婦人科悪性腫瘍にも広がり、さらに最近ではロボット支援手術を積極的に取り入れるなど、常に患者様の負担が少ない最先端医療に取り組んでおります。しかし最先端の医療であるからこそ、安全に医療を提供することが最も大切であることを心に留め、産婦人科医師、助産師、看護師スタッフ一同が「不断前進」を続けております。

 医学系研究科産婦人科学講座におきましては、社会医学研究、分子生物学的研究の両分野において国内外に高い評価を受ける研究発表を行っており、その一部は患者様へ応用できるようになりました。

 医師の教育にも力を入れておりますので、今後産婦人科を専門としたい研修医や専攻医の方々にも、このホームページを通して当講座の特色を理解して頂くことを期待しています。

産婦人科学講座 教授
板倉 敦夫