スタッフ紹介

教授

山高 篤行

山高 篤行
資格医学博士
小児外科学会認定指導医・専門医
日本外科学会認定指導医・専門医
日本内視鏡外科学会技術認定取得者
小児泌尿器科学会認定医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
日本小児血液・がん学会 小児がん認定外科医
臨床修練指導医
出身地神奈川県
趣味スポーツ全域
外来担当金曜日(第2週)・午前
土曜日・午前(予約制)
コメント小児外科的疾患、小児泌尿器科的疾患に精通しており、安全で確実な治療を提供できると考えております。
関連リンク
詳しく見る

専攻領域

  • 小児鏡視下手術(腹腔鏡・胸腔鏡)
  • 新生児外科
  • Hirschsprung's 病
  • 先天性胆道拡張症
  • 小児泌尿・生殖器外科

学歴

1985年3月順天堂大学医学部 卒業

職歴および留学歴

職歴
1985年6月~1987年5月順天堂大学医学部附属順天堂医院 外科 研修医
1987年6月~1990年1月順天堂大学医学部附属順天堂医院 小児外科入局 助手
1990年2月~1992年2月【留学歴参照】
1992年3月~1994年7月順天堂大学医学部附属順天堂医院 小児外科 助手
1994年7月~1995年6月獨協医科大学医学部附属病院 小児外科 助手
1995年7月~1996年2月順天堂大学小児外科 臨床講師
1996年3月~1996年12月【留学歴参照】
1997年1月~1998年12月順天堂大学医学部小児外科 講座講師
1999年1月~2006年7月順天堂大学医学部小児外科 助教授
2001年4月~現在信州大学医学部 委嘱講師
2006年8月~現在順天堂大学医学部小児外科 主任教授
2012年12月~現在東京医科大学 消化器・小児外科学分野 兼任教授
留学歴
1990年2月~1991年1月Senior House Officer
Consultants: Professor D.A. Lloyd, Mr. R.C.M. Cook
Pediatric Surgery, Royal Liverpool Children's Hospital, Alder Hey, Liverpool, England
1991年2月~1991年7月Senior House Officer
Consultant: Professor L. Spitz
Department of Pediatric Surgery, The Hospital for Sick Children, Institute of Child Health, University of London, England
1991年8月~1992年2月Transplant Fellow
Consultant: Associate Professor S.V. Lynch
Queensland Liver Transplant Service, Princess Alexandra Hospital and Royal Brisbane Children's Hospital, Brisbane, Ausiralia
1996年3月~1996年12月Junior Consultant of Pediatric Surgery,
Division of Pediatric Surgery, Wellington Hospital, Otago University, New Zealand
資格
1985年5月日本医師国家試験 合格  (医籍登録番号:292261)
1993年1月順天堂大学医学部小児外科 学位取得
医学博士 乙種:No.1107
1993年10月日本小児外科学会認定医  (認定医番号:030292)
1997年12月日本外科学会認定医  (認定医番号:9014302)
2000年10月日本小児外科学会指導医  (登録番号:10239)
2004年4月日本小児外科学会専門医  (登録番号:4090292)
2004年12月日本外科学会指導医  (登録番号:S006764)
2005年1月日本小児外科学会指導医 更新 (登録番号:09239)
2005年12月日本外科学会専門医  (登録番号:1802065)
2009年1月日本内視鏡外科学会技術認定取得者(小児外科領域) 
(認定番号:09-PS-004)
2009年4月日本小児外科学会指導医 更新  (登録番号:第14239号)
2009年4月日本小児泌尿器科学会認定医  (登録番号:0910103)
2009年12月日本外科学会指導医 更新  (登録番号:S006764)
2011年8月臨床修練指導医  (認定番号:第2935号)
2012年8月日本がん治療認定医機構 暫定教育医
(認定番号:第120010号)
2013年4月日本小児血液・がん学会 小児がん認定外科医
(認定番号:第1320051号)
2014年1月日本内視鏡外科学会技術認定取得者(小児外科領域) 更新
(認定番号:09-PS-004)
2014年4月日本小児泌尿器科学会認定医 更新 (登録番号: 0920103)
2015年1月日本小児外科学会指導医 更新 (登録番号:第19239号)
2015年1月日本小児外科学会専門医 更新 (登録番号: 4190202)

受賞歴

1996年10月C. William Hall Outstanding Publication Award Journal of Investigative Surgery
2000年5月第22回順天堂大学同窓会学術奨励賞 「膵胆管合流異常症における臨床・基礎」
2003年3月平成14年度東京都医師会医学研究賞 「膀胱移植:神経因性膀胱に対する新たなる治療法」
2008年3月第8回小児医学川野賞 「小児外科疾患に対する鏡視下手術の開発・改良」
2010年10月American Academy of Pediatrics (AAP) 2010 Stephen L. Gans Distinguished Overseas Lectureship Award

所属学会一覧

国際学会
  • Pacific Association of Pediatric Surgeons (PAPS)
  • International Pediatric Endosurgery Group (IPEG)
  • British Association of Pediatric Surgeon (BAPS)
  • Asian Association of Pediatric Surgeons (AAPS)
  • International Board on Paediatric Surgical Research (PSR)
  • American Pediatric Surgical Association (APSA)
  • Fellow of the American Academy of Pediatrics (Honourary) (FAAP)
国内学会
  • 日本小児外科学会 (JSPS)
  • 日本小児泌尿器学会 (JSPU)
  • 日本外科学会 (JSS)
  • 日本内視鏡外科学会 (JSES)
  • 日本小児内視鏡外科・手術手技研究会
  • 日本小児放射線学会 (JSPR)
  • 日本移植学会 (JST)
  • 日本小児血液・がん学会
  • 日本周産期・新生児医学会
  • 日本二分脊椎研究会
  • 日本小腸移植研究会
  • 日本ロボット外科学会
  • 日本膵・胆管合流異常研究会
  • 日本小児呼吸器学会(JSPP)
  • 日本小児へそ研究会

学会役員

国際学会

Pacific Association of Pediatric Surgeons (PAPS)

2015年-現在 :President
2014年 :President Elect
2011年-現在 :Board member
2007年-2009年 :Publication Committee Chairman
2007年-2011年 :Board Member (non-voting)
2001年-2006年 :Publication Committee Member
2001,2003,2006-2007年 :Program Committee Member

British Association of Paediatric Surgeons (BAPS)

2008年-現在 :Councilor

International Pediatric Endosurgery Group (IPEG)

2010年-現在 :JLAST Pediatric Board Member
2009年-現在 :President's Committee Member
2008年-現在 :Publication Committee Member
2006年-現在 :Education Committee Member
2006年-現在 :Development Committee Member
2006年-2011年 :Research Committee Member
2006年-2008年 :Program Committee Member
2006年-2007年 :President
2005-年現在 :Journal Editorial Board Member
2005年-2007年 :Nominating Committee Member
2004年-2005年 :Vice President
2003年-2008年 :Executive Committee Member
2003年-2004年 :Asian Representative
2002年-2009年 :Membership Committee Member
2002年-2003年 :Program Committee Member

Paediatric Surgical Research (PSR)

2009年-2010年 :Local Organizing Chairman
2006年-現在 :Board Member

Asian Association of Pediatric Surgeons (AAPS)

2013年-現在 :Publication Committee Chairman
2012年-現在 :President
2010年-2012年 :Presidenet Elect
2008年-現在 :Publication Committee Member
2006年-2010年 :Vice President
2002年-現在 :Executive Board Member
1998年-2006年 :Secretary-Assistant

World Federation of Associations of Pediatric Surgeons (WOFAPS)

2008年-現在 :Scholarshiip Committee Member

Rainbow Babies&Children's Hospital Internet Course

2010年-現在 :Faculty
国内学会

日本小児外科学会

2015年-現在 :理事(教育担当)
2015年-現在 :Pediatric Surgery International (JSPS Issue)
Publication Committee副委員長
2011年-2015年 :Pediatric Surgery International (JSPS Issue)
Publication Committee 委員長
2011年-2012年 :教育委員会 副委員長
2009年-2010年 :教育委員会 委員長
2007年-2010年 :Pediatric Surgery International (JSPS Issue)
PublicationCommittee委員
2005年-2006年 :庶務委員会 副委員長
2003年, 2005年 :評議員選挙管理委員長
2001年-2004年 :庶務委員会 委員長
1998年-2000年 :庶務委員会 副委員長
1999年-2000年 :教育・用語委員
1997年-1998年 :機関誌委員会委員
1995年-現在 :評議員

日本外科学会

2014年- :学術委員
2014年- :代議員
2010年-2012年 :代議員

日本小児泌尿器学会

2013年-現在 :監事
2009年-2013年 :理事(保険担当)
2007年-2009年 :評議員
2003年-2007年 :理事(財務担当)

日本内視鏡外科学会

2014年- :将来構想委員会 委員
2012年-現在 :技術認定制度委員会 委員
2011年-2014年 :技術審査委員会(小児外科領域) 委員長
2004年-現在 :ガイドライン委員会(小児外科領域) 幹事委員

日本小児内視鏡外科・手術手技研究会

1989年-2006年 :幹事

日本小腸移植研究会

1997年-2000年 :幹事

日本周産期・新生児医学会

2004年-現在 :評議員
2004年-2008年 :教育・研修委員会委員

日本小児放射線学会

2012年-現在 :監事
2007年-2012年 :理事

日本小児放射線学会

2015年-現在 :世話人

日本小児へそ研究会

2014年-現在 :幹事

EDITORIAL CONSULTANT

国外
  • Journal of Pediatric Surgery (JPS)
  • Journal of Pediatric Surgery Case Reports (JPSCR)
  • Pediatric Surgery International (PSI)
  • European Journal of Pediatric Surgery (EJPS)
  • Journal of Laparoendoscopic Advanced Surgical Techniques (JLAST) - Asian Editor
  • JLAST Videoscopy - Pediatric Editorial Board
  • Frontiers in Pediatric Surgery
  • Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences (JHBP)
国内
  • 『日本小児外科学会雑誌』
  • 『日本小児泌尿器科学会雑誌』 
  • Pediatrics International

Journal articles, scientific peer reviewer

  • Surgery (Impact Factor: 3.380 in 2014)
  • International Journal of Urology (Impact Factor: 2.409 in 2014)
  • Seminars in Pediatric Surgery (Impact Factor: 2.216 in 2014)
  • Journal of Pediatric Surgery (Impact Factor: 1.387 in 2014)
  • Pediatric Surgery International (Impact Factor: 0.995 in 2014)
  • Surgical Innovation (Impact Factor: 1.458 in 2014)
  • Journal of Laparoendoscopic & Advanced Surgical Techniques (Impact Factor: 1.335 in 2014)
  • Pediatrics International (Impact Factor: 0.73 in 2014)
  • Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences (Impact Factor: 2.994 in 2014)
  • Congenital Anomalies (Impact Factor: 1.083 in 2014)

客員教授

  • Children's Mercy Hospital, University of Missouri at Kansas City, Kansas City, Missouri, USA October 21-22, 2002
  • Cedars-Sinai Medical Center, Columbus D. McAlpin Visiting Professor in Pediatric Surgery, Los Angeles, USA , May 22, 2007
  • Department of Surgery, The University of Hong Kong,
    Hong Kong Special Administrative Region of People's Republic of China, July 6-7, 2013

招聘講演

  • Peer Reviewed Literature
    Journal Articles: 311
    Short Papers: 11
  • Non-Peer Reviewed Literature
    Book Chapters: 13
    Invited Commentary & Reviews: 3
    Published Abstract: 18

詳細については「publications」一覧をご覧下さい

論文・学会発表

2004年から現在までの講演総数:44

詳細については「publications」一覧をご覧下さい

手術デモンストレーション

  • December 1-3, 2007
    Live Surgery - Open Laparoscopic Choledochal Cyst Excision. Presented at the Live Surgery Workshop - Chennai, India,
  • March 21, 2009
    Live Surgery-Laparoscopic Anal Afvesia Operation.
    Presented at 17th Asian Congress of Surgery and 68th Joined Meeting of Taiwan Surgical Association-Taipei, Taiwan

学会主催・会長

国外
  • September 6-9, 2007
    The 16th International Pediatric Endosurgery Group, Buenos Aires, Argentina
  • September 12-14, 2010,
    The 23rd International symposium on Paediatric Surgical Research, Tokyo, Japan
国内
  • 2009年7月4日
    第26回日本二分脊椎研究会, 東京
  • 2013年10月24日-25日
    第33回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会, 東京

ビデオ映像

  • 2001年
    Miyano T, Yamataka A: Laparoscopy-assisted colon pull-through for Hirschsprung Disease
  • 2007年
    Miyano T, Yamataka A: Laparoscopy-assisted colon pull-through for Hirschsprung Disease
  • 2012年
    Yamataka A: Laparoscopic choledochal cyst excision in children, The 112th Annual Congress of Japanese Surgical Society, Makuhari, Japan, 2012

教育・研修

  • 2009年11月9日~13日
    Juntendo University "Teaching Clinical Skills" Workshop(ホノルル、ハワイ) 修了
  • 2010年11月1日~5日
    Juntendo University "Teaching Clinical Skills" Workshop (ホノルル、ハワイ) 修了
  • 2012年1月14日~15日
    九州大学病院内視鏡外科手術トレーニングセンター 第5回小児外科アドバンスコース(福岡) 講師
  • 2013年1月12日~13日
    九州大学病院内視鏡外科手術トレーニングセンター 第6回小児外科アドバンスコース(福岡) 講師
  • 2012年4月2日
    順天堂大学初期臨床研修医オリエンテーション PBL・PBC及び外科系手術手技実習(東京) 講師
  • 2012年4月2日
    順天堂大学初期臨床研修医オリエンテーション PBL・PBC (東京) 講師
  • 2013年4月3日
    順天堂大学初期臨床研修医オリエンテーション PBL・PBC(東京) 講師
  • 2013年6月15日
    順天堂大学初期臨床研修医オリエンテーション 外科系手術手技実習(東京) 講師

指導学位論文一覧

  • 1996年  加藤善史(医博):
    Specific acceptance of fetal bowel allograft in mice after combined treatment with anti-intercellular adhesion molecule-1 and leukocyte function-associated antigen-1 antibodies. Ann Surg 223: 94-100, 1996
  • 1998年  Jeoffrey Lane(医博):
    Multiple bowel atresia following syngeneic fetal small bowel transplantation in rats. J Pediatr Surg 33:896-898, 1998
  • 1999年  王 昆(医博):
    Complications after sigmoidocolocystoplasty: review of 100 cases at one institution. J Pediatr Surg 34:1672-1677, 1999
  • 1999年  岩下公江(医博):
    Histological examination of the neobladder mucosa following sigmoid-colocystoplasty. Juntendo Med J 44:415-422, 1999
  • 2002年  佐竹正栄(医博):
    Treatment of multicystic dysplastic kidney-comparison between conservative and surgical treatment. Juntendo Med J 48:348-354, 2002
  • 2003年  小笠原有紀(医博):
    The intussusception antireflux valve is ineffective for preventing cholangitis in biliary atresia-A prospective study. J Pediatr Surg 38:1826-1829, 2003
  • 2003年  下高原昭廣(医博):
    Forme fruste choledochal cyst.Long-term follow-up with special reference to surgical technique. J Pediatr Surg 38: 1833-1836, 2003
  • 2004年  金山和裕(医博):
    Associated urologic anomalies in children with solitary kidney.
    J Pediatr Surg 39:85-87, 2004
  • 2005年  張 洪波(医博):
    Bladder stone formation after sigmoidocolocystoplasty: statistical analysis of ris factors. J Pediatr Surg 40:407-410, 2005
  • 2006年  古賀寛之(医博):
    Experimental allogenic penile transplantation.
    J Pediatr Surg 38:1802-1805, 2003
  • 2006年  鄭 英里(医博):
    Synergistic endocrine induction by GLP-1 and TGF-beta in the developing pancreas. Pancreas 31:138-41, 2005
  • 2006年  宮野 剛(医博):
    Laparoscopic Injection of Dermabond tissue adhesive for the repair of inguinal hernia: Short- and Long-term Follow-up. J Pediatr Surg 39:1867-1870, 2004
  • 2006年  林  豊 (医博):
    Review of 86 myelodysplasia patients with neurogenic bladder who had sigmoidocolocystoplasty followed-up for more than 10 years. J Urol 76:1806-1809, 2006
  • 2006年  岡和田 学(医博):
    Efficacy of protocolized management for congenital diaphragmatic hernia: A review of 100 cases. Pediatr Surg Int 22:925-930, 2006
  • 2007年  草深純一(医博):
    Does abnormal expression of acethlcholine receptors in HD induce acetylcholine positive nerve fibers ? Asian J Surg 30:255-260, 2007
  • 2007年  李 慶徳(医博):
    Basic fibroblast growth factor and granulocyte colony-stimulating factor enhance mucosal surfaexpansion after adult small bowel transplantation without vascular reconstruction in rats. J Pediatr Surg 41:737-741, 2006
  • 2007年  堀米史子(医博):
    Developmental anomalies of the enteric nervous system in ganglionic segments of bowel from rats with total colonic aganglionosis. Pediatr Surg Int 23:991-995, 2007
  • 2007年  丸笹 崇(医博):
    Primary management for appendiceal masses in children, Laparoscopic drainage. J Laparoendosc Adv Surg Tech 17: 497-500, 2007
  • 2008年  中沢奈々(医博):
    Disturbance of retinol transportation causes nitrofen-induced hypoplastic lung. J Pediatr Surg 42:345-349, 2007
  • 2008年  市川聡子(医博):
    Prospective study of antibiotic protocols for managing surgical site infections in children. J Pediatr Surg 42:1002-1007, 2007
  • 2010年  四柳聡子(医博):
    Management of pulmonary hypertension in congenital diaphragmatic hernia: nitric oxide with prostaglandin-E1 versus nitric oxide alone. Pediatr Surg Int 24:1101-1104, 2008
  • 2010年  藤原なほ(医博):
    Comparative study of laparoscopy-assisted pull-through and open pull-through for Hirschsprung's disease with special reference postoperative fecal continence. J Pediatr Surg 42:2071-2074, 2007
  • 2010年  濟陽寛子(医博):
    Is intraoperative anal endosonography necessary during laparoscopy-assisted anorectoplasty for high/intermediate type imperforate anus. J Laparoendosc Adv Surg Tech 18:123-126, 2008
  • 2011年 深津裕美(医博):
    Prognostic implications of bile lakes after surgeryfor biliary atresia. J Pediatr Surg 43:2165-2168, 2008
  • 2012年 有井瑠美(医博):
    How valuable is ductal plate malformation as a predictor of clinical course in postoperative biliary atresia patients? Pediatr Surg Int 27:275-277, 2012
  • 2012年  ・ 哈里ハリ (医博):
    Intraoperative colonoscopy facilitates safe dissection of the rectal pouch in a case of male imperforate anus. Asian J Endosc Surg 5:59-62, 2012

獲得研究補助金・助成金

文部科学省科学研究費補助金
1990年重点領域研究 (課題番号:02241214)
西江 弘・山高篤行(研究分担者):
「新小胞蛋白質のシナプス伝達機能に関する蛍光分光学的および電気生理学的研究」
1993年奨励A萌芽 (課題番号:05857197)
大谷俊樹・山高篤行(研究分担者):
「広背筋を茎とするSkin tubeによる食道再建術」
1999年基盤研究C2一般 (課題番号:12671744)
山高篤行(研究代表者):
「膀胱移植神経因性膀胱の新しい手術治療法」
2003年基盤研究C2一般 (課題番号:15591893)
山高篤行(研究代表者):
「生体膀胱移植を用いた膀胱拡大術およびその長期経過観察」
 基盤研究C2一般 (課題番号:15591361)
矢内俊裕・山高篤行(研究分担者):
「虚血再潅流障害における腸管粘膜再生に対する骨髄由来細胞の役割:実験的検討」
 若手研究B (課題番号:15791025)
加藤善史・山高篤行(研究分担者):
「短腸症候群における腸管adaptationに対する骨髄由来幹細胞の役割:実験的検討」
2011年基盤研究C (課題番号:352691)
西田みゆき・山高篤行(研究分担者):
「排便障害児のエンパワーメント看護ケアプログラム構築のためのアクションリサーチ」
2014年基盤研究C (課題番号:26462715)
山高篤行(研究分担者)、宮原 克:
「二分脊椎における排便・排尿障害の病態解明と新規予防・治療法を目指した基礎研究」
2015年基盤研究C (課題番号:15K10929)
宮原 克、山高篤行(研究分担者)、田中奈々:
「「ヒルシュスプルング病の新規バイオマーカー探索:新たな外来神経増生機構に着目して」
厚生労働科学研究費補助金
2013年難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)
(課題番号:H24-難治等- 一般-037)
田口智章・山高篤行(研究分担者):
「小児期からの消化器系希少難治性疾患群の包括的調査とシームレスなガイドライン作成」
環境医学研究所研究開発プロジェクト

疾患関連遺伝子の変異と環境因子プロジェクト

2002年採択番号: E2207号
山高篤行(研究代表者)、金山和裕、稲葉 裕、金子一成:
「原発性膀胱尿管逆流症の発生と環境汚染物質被爆の関連性ついて」
 採択番号: E2208号
小林弘幸、山高篤行(研究分担者)、稲葉 裕、岩井秀明、島 秀樹:
「ヒルシュスプルング氏病関連遺伝子の発症と環境因子の関係」
 採択番号: E2209号
大城清彦、矢内俊裕、山高篤行(研究分担者)、藤田宏夫、稲葉 裕、岩井秀明:
「神経芽腫の発生および生物学的特性と環境因子の関与について:特に腫瘍遺伝子の変異に及ぼす 影響」
 採択番号: E2210号
加藤善史、山高篤行(研究分担者)、下高原昭廣、稲葉 裕、岩井秀明:
「胆道拡張症の発生における遺伝因子および環境因子の影響」

環境要因(環境汚染物質)と生体反応プロジェクト

2002年採択番号: E1208号
宮野 武、山高篤行(研究分担者):
「環境因子と催奇形性:先天性小児外科疾患についての検討」
 採択番号: E1209
山高篤行(研究代表者)、稲葉 裕、岩井秀明、岡田安弘:
「内分泌撹乱化学物質が尿道下裂の発症に与える影響について」
2009年採択番号: E0703
山高篤行(研究代表者)、下高原昭廣、草深純一:
「尿道下裂発生の様々な要因(環境因子等)についての検討」

民間企業等の助成金

2004年平成16年度  内視鏡医学研究振興財団
山高篤行(研究代表者):
「腹腔鏡を用いた低侵襲性ソケイヘルニア根治術・全く新しく、安全で簡便な方法(ダーマボンド使用)」
2008年平成20年度  上原記念生命科学財団
古賀寛之、山高篤行(研究分担者):「短腸症候群のADAPTAIONについて」
2009年平成21年度  武田科学振興財団
古賀寛之、山高篤行(研究分担者):
「短腸症候群におけるadapationについて(骨髄細胞の役割。解剖学面からのアプローチ)」
2009年平成21年度  内視鏡医学研究振興財団
古賀寛之、山高篤行(研究分担者):
「小児肝・胆道系疾患に対するlaparoscopic advanced surgeryの確立」
2012年平成24年度  武田科学振興財団
山高篤行(代表者):
「2012年度 研究会等の開催支援: 第33回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会」

順天堂学内プロジェクト研究費

1988年採択番号:8814号
山高篤行(研究代表者):「小腸移植の実験的研究」
1991年採択番号:9111号
小林弘幸、山高篤行(研究分担者):
「リンパ球機能分子に対する抗体(抗-LFA)の臓器移植に及ぼす効果」
1993年採択番号:9318号
山高篤行(研究代表者):
「ヒルシュスプルング病および類縁疾患腸管壁神経支配状態の生化学的定量解析」
1994年採択番号:9410号
加藤善史、山高篤行(研究分担者):
「マウス胎子小腸移植における抗接着因子分子抗体の免疫抑制効果」
 採択番号:9438号
山高篤行(研究代表者):
「H病および類縁疾患腸管壁神経支配状態の生化学的定量解析」
2003年採択番号:0327号
岡和田 学、山高篤行(研究分担者):
「生体膀胱移植を用いた膀胱拡大術およびその長期経過観察」

先任准教授

古賀 寛之

古賀 寛之
資格医学博士
日本外科学会指導医・専門医
日本小児外科学会指導医・専門医
日本内視鏡外科学会技術認定取得者
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本小児血液・がん学会 小児がん認定外科医
日本小児泌尿器科学会認定医
出身地東京都
趣味スポーツ観戦、旅行、美術鑑賞
外来担当金曜日(第1、3、5週)午前 、 午後

准教授

宮野 剛(外来医長)

宮野 剛
資格医学博士
日本外科学会専門医
日本小児外科学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定取得者
出身地千葉県
趣味野球
外来担当木曜日 午後
コメント患者さんと、ご家族の方々のために、出来る限りのことをさせて頂きたく、日々努力します。

岡和田 学

岡和田 学
資格医学博士
日本外科学会専門医
日本小児外科学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定取得者
臨床修練指導医(英語)
日本医師会認定産業医
出身地福島県
趣味旅行・スキューバーダイビング・野球
外来担当木曜日 午前:(漏斗胸外来含)
金曜日(第2、4週) 午前:(漏斗胸外来含)
コメント気軽に相談できる、皆さんの”かかりつけ医”を目指しています。

助教

藤原 なほ

藤原 なほ
出身地東京都
趣味海外旅行、バレーボール、マラソン、ヨガ
外来担当水曜日 午後
コメント患者さん、ご家族の立場に立った医療が提供できるように努めております。

有井 瑠美

有井 瑠美
資格医学博士
出身地千葉県
趣味ダイビング
外来担当水曜日 午後

越智 崇徳 (医局長)

越智 崇徳
資格 医学博士
日本外科学会専門医
出身地茨城県
趣味スポーツ観戦、旅行
外来担当金曜日 午後
コメントこどもたちの明るい未来のために、一生懸命頑張ります。

中村 弘樹

中村 弘樹
出身地東京都
趣味ラグビー、野球観戦
外来担当火曜日 午後
金曜日 午前
コメント笑顔のために一生懸命がんばります。

澁谷 聡一 (病棟医長)

澁谷 聡一
資格医学博士
日本外科学会専門医
新生児蘇生法(NCPR)インストラクター
出身地京都府
趣味音楽
外来担当木曜日 午前
コメント患者さんの目線に立った診療を心がけています。お気軽にご相談ください。

須田 一人

須田 一人
出身地神奈川県
趣味音楽鑑賞、バスケットボール
外来担当金曜日 午後
趣味こどもたちの笑顔のために力を尽くします。

矢崎 悠太

矢崎 悠太
出身地東京都
趣味スポーツ観戦、読書
外来担当火曜日 午前
コメント子どもたちの健康と笑顔のため全力で診療にあたらせて頂きます。

村上 寛

村上 寛
資格医学博士
出身地東京都
外来担当木曜日 午後
コメント丁寧に診察をさせて頂きます。

大学院

武田 昌寛

武田 昌寛
出身地神奈川県
趣味映画鑑賞
コメント誠心誠意、診療にあたらせて頂きます。

藤原 憲太郎

藤原 憲太郎
出身地神奈川県
趣味ロードバイク
コメント丁寧に診察をさせて頂きます。

田端 克弘

田端 克弘
出身地神奈川県
趣味読書
コメント誠心誠意、診察させて頂きます。

小坂 征太郎

小坂 征太郎
出身地東京都
趣味サッカー
コメント誠心誠意、診察させて頂きます。

三上 敬文

三上 敬文
出身地神奈川県
趣味旅行、ピアノ
コメント日々精進、精心誠意、頑張らせて頂きます。

非常勤講師

大下 正晃

大下 正晃
外来担当練第1、3、5火曜日・午後

土井 崇

土井 崇
資格医学博士(順天堂大学大学院)
PhD(アイルランド国立ダブリン大学大学院)
日本小児外科学会専門医
日本外科学会専門医
出身地千葉県
趣味国際交流、芸術鑑賞
外来担当火曜日 午前、午後
コメント笑顔で明るく、お子さんに優しい診療を心がけています。

林 豊

林 豊
出身地愛知県
趣味ラグビー・カメラ・旅行
外来担当月曜日・午後(予約制:二分脊椎)

森岡 新

外来担当第3金曜日・午後(予約制:二分脊椎)

非常勤助教

末吉 亮

末吉 亮
資格医学博士
日本外科学会専門医
日本小児外科学会専門医
出身地埼玉県
趣味テニス、キャンプ
外来担当金曜日(第1、2、4、5週) 午後
コメント患者さんの明るい未来の為に、日々優しく丁寧な診療を心がけております。

濟陽 寛子

濟陽 寛子
資格医学博士
日本外科学会専門医
出身地埼玉県
趣味料理
担当練馬病院へ出向中

高橋 俊明

高橋 俊明
資格医学博士
日本外科学会専門医
出身地群馬県
趣味サッカー
外来担当留学中

李 慶徳

李 慶徳
出身地埼玉県
趣味ハングル語
外来担当第2、第4水曜日・午前

四柳 聡子

資格医学博士
日本外科学会専門医
ACLSインストラクター
PALSプロバイダー
出身地東京都
趣味演劇鑑賞、旅行
外来担当火曜日・午後

石山 明日香

石山 明日香
出身地東京都
趣味甘いものを食べること、読書
コメント誠意を持って診療にあたります。

Abudebieke Halibieke(アビー)

Abudebieke Halibieke(アビー)
出身地烏魯木斉(カザフスタン)
趣味音楽、旅行、歴史、Kazak医学

非常勤助手

吉田 志帆

吉田 志帆
出身地京都
趣味読書・工作・ゲーム

名誉教授

駿河 敬次郎

駿河 敬次郎
出身地 
趣味 

宮野 武

宮野 武
出身地 
趣味 
外来担当火曜日・午前(予約制)

共同研究者 病院管理学研究室教授
(併任)総合診療科研究室教授・医療安全推進部部長

小林 弘幸

小林 弘幸
資格小児外科学会認定指導医・専門医
出身地埼玉県
趣味ラグビー・野球
詳しく見る

専攻領域

  • 新生児外科学
  • 小児泌尿生殖外科学
  • 小児消化器外科学
  • 外科免疫学

職歴および留学歴

昭和62年3月順天堂大学医学部卒業
昭和63年4月順天堂大学大学院医学研究科入学(小児外科)
昭和62年6月順天堂大学附属順天堂医院外科 研修医
平成元年5月順天堂大学大学院医学研究科 大学院生
平成3年7月ロンドン大学付属英国王立小児病院外科 研修医
The hospitals for sick children Great Ormond Street ,London-senior house officer(臨床研修)
平成4年2月トリニテイ大学附属小児研究センター 研究員
Children Research Centre Our Lady's hospital for sick children Dublin, Ireland-senior research fellow
平成4年3月順天堂大学大学院医学研究科卒業
平成6年1月アイルランド国立小児病院外科 研修医
National Children's Hospital Harcourt Street, Dublin, Ireland-surgical registrar(臨床研修)
平成7年1月順天堂大学医学部小児外科学 助手
平成8年4月順天堂大学医学部小児外科学 臨床講師
平成11年4月順天堂大学医学部小児外科学 講座講師
平成15年1月順天堂大学附属順天堂医院医療安全対策室 副室長
平成15年4月順天堂大学附属順天堂医院 医療安全管理者
平成15年7月順天堂大学医学部小児外科学 助教授
平成18年11月順天堂大学医学部病院管理学研究室 教授
平成18年11月順天堂大学医学部病院総合診療科研究室 教授

受賞歴

なし

免許・資格

  • 第81回医師国家試験合格(第311535号)(昭和62年7月13日交付)
  • 日本医師会認定産業医(第9702376号)(平成10年1月27日交付)
  • 日本医師会認定健康スポーツ医(第9700536号)(平成10年1月27日交付)
  • 日本体育協会公認スポーツドクター(第99226号)(平成11年11月17日交付)
  • 日本小児外科学会認定医(第080412号)(平成10年10月1日交付)
  • 日本外科学会認定医(第9014404号)(平成11年12月1日交付)
  • 日本小児外科学会専門医(第4070412号)(平成14年10月1日交付)
  • 日本小児外科学会指導医(第07251号)(平成14年10月1日交付)
  • 日本外科学会専門医(第1801052号)(平成15年12月1日交付)

学位

平成4年3月医学博士 順天堂大学小児外科学

所属学会一覧

  • 英国小児外科学会(評議員)
  • 日本小児外科学会(評議員、庶務委員、機関誌委員、 Pediatric Surgery International Publication Committee委員)
  • 専門医認定制協議会(広報幹事)
  • 日本外科学会(邦文誌編集幹事)
  • 日本救急医学会関東地方会(幹事)
  • 外科クリニカルビデオフォーラム(幹事)
  • 日本小児泌尿器科学会(評議員)
  • 日本小児放射線学会(編集幹事)
  • 日本小腸移植研究会(幹事)
  • 日本臨床外科学会
  • 日本周産期新生児医学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本救急医学会
  • 日本内視鏡学会

外部委員歴

平成15年12月1日(財)東京都保健医療公社東部地域病院医療安全委員会委員

研究助成金一覧

  • 日本漢方医学研究所助成金「胆道閉鎖症における茵チン蒿湯投与における進行性肝線維化抑制効果についての検討」研究代表者(平成15年)
  • 横浜市立大学医学部創立60周年記念事業-21世紀の安心、安全の医療をめざす研究、活動への助成「医療安全の立場からの臨床研修医の実施可能医療行為の検討」研究代表者(平成16年)

雑誌

  • Pediatric Surgery International (Editor)

共同研究者 助教

ジェフリー レイン

出身地 
趣味