研究

当科では、通常の医療業務と並行して、固形がん一般について診断、治療法の開発に関する研究活動も行っております。抗がん剤は古典的な薬剤から分子標的薬、さらには免疫チェックポイント阻害薬と急速な発展を遂げ、医療現場を変えつつあります。一方、分子メカニズムの解明により、臓器ごとな視点から治療戦略を考えていた時代から様々ながん種に対して横断的に存在する分子メカニズムをターゲットとする視点で治療戦略を練り、研究する必要が出てきています。全ての癌を分子メカニズムから考え直し、新しい治療戦略を考案していくことが腫瘍内科の役目と思い、研究をすすめています。