消化器・低侵襲外科|順天堂医院 当科は、消化器疾患に対する“体に優しい(低侵襲)治療”に特化し、腹腔鏡手術や胸腔鏡手術を積極的に行っています。特に胃がんに対する「根治性」と「安全性」を重視した質の高い腹腔鏡手術を得意としており、ご紹介いただく進行胃がんを含む多くの胃がん患者さんがこの腹腔鏡手術を受けられています。胃がんのほか、腹腔鏡手術が普及しつつある胃粘膜下腫瘍、食道胃接合部がん、逆流性食道炎、胆石症の消化管疾患や、腹壁瘢痕ヘルニア、鼠径ヘルニアなどの腹壁疾患の診療を行っております。 診療受付時間 外来担当医表 休診情報

消化器・低侵襲外科
トピックス