胃がん

症状

早期の胃がんの場合は症状がなく検診で発見される方もいらっしゃいますが,胃の不快感,胸焼け,嘔気,食欲不振などが症状としてでてくることがあります。さらに進行すると体重の減少,貧血,嘔吐を繰り返したりすることがあります。

診断

内視鏡検査でがんを直接観察し,がんの一部から組織を取り,顕微鏡でがん細胞を証明します。また胃のバリウム検査やお腹のCT検査などを行い,がんの位置,広がりなどから,がんがどのくらい進行しているかを診断します。

治療

手術治療

がんが粘膜よりも深く進んでくると手術が必要となります。手術は腹腔鏡下胃切除術(がんと胃のまわりのリンパ節を切除)を行います。がんの位置によって切除する範囲を決定しており,がんを絶対に取り残さないように,かつできるだけ胃を残すような機能温存にも配慮した手術を行っています。近年では胃の上部や食道胃接合部付近のがんが増えており、胃を全摘することが必要になることもありますが、この胃全摘術についても当科では腹腔鏡下に行っています。

また術前抗がん剤治療例や化学療法後のConversion Surgeryも積極的に腹腔鏡手術を導入しています。

抗がん剤治療

胃がんが他の臓器に転移している場合は手術ではなく抗がん剤治療を行うことがあります。最近は抗がん剤の副作用をおさえる薬が次々に開発され,以前のような辛い副作用が軽減され,入院せずに通院しながら抗がん剤治療を行うことも可能になってきました。