食道裂孔ヘルニア

食道は胸とお腹の境界部分で横隔膜を貫いて胃につながっています。この横隔膜を食道が貫く部分を食道裂孔といいます。食道裂孔が緩くなると、胃酸が逆流したり、胃やその他のお腹の臓器が胸に脱出してしまいます。これが食道裂孔ヘルニアという病気です。

症状

胃酸が逆流するため胸焼けが起こります。ひどくなるとお腹の臓器が胸に脱出し、臓器がねじれたり、肺や心臓を圧迫すると、嘔吐や呼吸困難などの症状が出ることがあります。

診断

内視鏡検査や食道のバリウム検査、CT検査などをおこない、臓器の脱出の程度を確認します。

治療

症状が軽い場合や臓器の脱出がほとんどない場合は胃酸をおさえる薬などを内服します。症状が強い場合や臓器の脱出がひどい場合は腹腔鏡で食道裂孔を縫い縮める手術を行います。