食道アカラシア

食道と胃のつなぎめに下部食道括約帯という胃の内容が逆流しないように調整する筋肉があります。これが緩まなくなり、食べ物が胃に流れにくくなって食道にたまり、食道が太くなってしまう病気が食道アカラシアです。食道がんが合併する確率が高いと言われています。

症状

胸焼け、嘔吐、胸のつかえ感などがあります。

診断

内視鏡、バリウム検査などで食道の変形(拡張など)があるか調べます。
また食道内圧測定を行い食道内の圧力を計測することもあります。

治療

下部食道括約帯の緊張を緩和する薬を内服します。症状が強い場合は、腹腔鏡で広がりが悪くなった食道と胃の筋層を切開する手術をおこないます。