腹壁瘢痕ヘルニア

手術の傷跡などお腹の筋肉が弱くなっている場所から腸が飛び出てお腹の一部が膨らんでしまう病気です。

症状

お腹の一部が膨らんできて、違和感、腹痛などの症状がでてきます。腸がはまり込んでしまう嵌頓の状態になると腸閉塞を発症することがあります。

治療

薬では治すことができず原則手術が必要になります。当科では腹腔鏡を使用してお腹の中から筋肉が弱くなっている部分を観察し、お腹の内側からシートをあててくる腹腔鏡下ヘルニア修復術をほぼ全例に行っています。