• ホーム
  • 初期研修
  • 後期研修
  • 講習会・セミナー
  • お知らせ
内科チェアマン挨拶

順天堂大学の初期研修(内科コース)・後期研修希望の皆様へ

順天堂大学内科チェアマン 渡辺純夫

本学の内科学講座は、総合診療科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、腎・高血圧内科、膠原病・リウマチ内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科の各専門内科に分かれています。それぞれの科に多くの専門医がおり、各科で高度な先進医療を実践するとともに、内科各科の連携を重視して最高の医療を提供しています。

順天堂医院では、昭和43年より臓器別の内科研修プログラムを作っており、十分な指導体制を構築しています。それらの経験を踏まえて、内科研修プログラムを初期・後期一貫のプログラムとして、初期2年、後期1年の3年間としています。

2年間の初期研修では、医師として内科医としての基礎知識・技術の習得を目的に各内科をラウンドします。この基本コースの中に本年度より内科を重点的に研修する内科コースを新設しました。このコース希望者は特別に設定された内科検査研修や他施設との「たすき掛け研修」をすることが出来ます。

内科の後期研修システムにおいては、原則として初期研修終了後、各専門内科に入局し、専門領域の研修を行う一方、2年間の初期研修で不足していると思われる科の研修を行うことができ、認定内科医試験の受験資格を得るための症例を補うことができます。

本学では、認定医・専門医としての知識・技術を習得すると同時に、physician scientistの育成を目標に医学博士号の取得も可能な大学院コースに力を入れています。

また、内科では、他の病院で初期研修、後期研修などを終了している方も自由に入局することができます。いずれの内科も「男女の差、無し」「学閥の差、無し」「国籍の差、無し」の三無主義を根差している医局であり、他の病院で初期研修、後期研修などを終了している方もキャリア等を気にせずに、自由に入局することができます。その場合は、直接専門内科に入局して、臨床、研究を行うことが可能です。

私達は、内科医を志す方、内科医に興味のある方を心より歓迎致します。多くの若い先生方が順天堂大学内科に来ていただけますことを切に希望しております。

順天堂大学内科チェアマン 渡辺純夫

内科各科 教授陣

内科教授陣

内科医を志す方、内科医に興味のある方を心より歓迎いたします

内科各科 医局長陣

内科医局長陣