• ホーム
  • 初期研修
  • 後期研修
  • 講演会・セミナー
  • お知らせ
初期研修

研修概要

順天堂医院の研修プログラムの「基本プログラム」の中に(1)内科コースがあります。

(1)内科コース

将来、内科各科(総合診療科循環器内科消化器内科呼吸器内科腎・高血圧内科膠原病・リウマチ内科血液内科糖尿病・内分泌内科脳神経内科)への入局を視野にいれた、内科研修に重点をおいた研修コースです。
内科医を志す場合は、内科医に必要な能力を身につけながら、将来の専門内科を決定することが可能です。

初期臨床研修2年間を通じて、より多くの内科を研修することで、一般内科医としての基礎知識を得るとともに、新たに導入される新専門医制度にも対応しており、いずれの専門内科にも必要とされる総合内科専門医取得に必要な症例を経験し、研鑽を積むことができます。

また、2年目の内科研修については、将来の専門性を見据え、自らの希望する内科の研修プログラムにすることができます。内科コースを選択した場合、申し出があれば、初期研修中(特に選択研修の2年目)に主たる担当医として専攻研修と同様な症例経験を積極的に持つこともできるよう対応致します。

  1. 各内科の期間を1ヶ月にすると全ての専門内科を研修することが可能です。
  2. 順天堂医院以外の研修協力型病院での一般内科、専門内科での研修も可能です。
  3. より専門的な知識の習得のための内科手技に特化した実技コースを選択することも可能です。
  4. 既に将来の専門内科を決定している場合は、各科特別コースを選択することも可能です。

内科研修モデル

研修1年次

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
必須科目 選択科目 必須科目
内科
(2ヶ月)
内科
(2ヶ月)
内科
(2ヶ月)
救急部門(3ヶ月) 必須
(1ヶ月)
内科
(2ヶ月)
内科1 内科2 内科4 救急 総合診
プライマリ
麻酔科 内科3

研修2年次

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
必須
科目
選択科目 必須
科目
選択科目 必須科目 選択科目
必須
(1ヶ月)
内科
(2ヶ月)
内科
(1ヶ月)
必須
(1ヶ月)
内科コース
(2ヶ月)
必須
(1ヶ月)
必須
(1ヶ月)
必須
(1ヶ月)
関連科
(2ヶ月)
地域
医療
内科5 内科6 外科 内科
(実技コース)
小児科 産婦人科 精神科 研修関連病院
内科7
※具体的なプログラム内容については、各人により異なります。
※内科については、総合診療科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、腎・高血圧内科、膠原病・リウマチ内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科のいずれかが入ります。
※1年目、2年目ともにローテーションの順番については、受け入れの都合等により調整させて戴きます。

内科に特化した2年目の研修プログラム

○内科コースにおける他施設(『研修協力施設』)での内科研修

②内科実技コース(2ヶ月)

2年目の自由選択期間に選択することが可能です。
2ヶ月間はbed freeとし、曜日ごとに違う診療科へ行き検査技術を習得します。

下記表から午前・午後それぞれ1つずつ選択できます。

<午前>

心臓超音波
(循)
心カテ
(循)
心臓超音波
(循)
腹部エコー
(消)
電気生理
(循)
心臓リハビリ
(循)
気管支鏡
(呼)
気管支鏡
(呼)
頸動脈超音波
(糖)
気管支鏡
(呼)
気管支鏡
(呼)
上部内視鏡
(消)
胸部超音波
(呼)
上部内視鏡
(消)
血漿交換療法
(膠)
胸部超音波
(呼)
消化管造影
(消)
プライマリ外来
(総)
甲状腺超音波
(糖)
骨髄検査
(血)
プライマリ外来
(総)
透析療法
(腎)
骨髄検査
(血)
-
骨髄検査
(血)
プライマリ外来
(総)
- 骨髄検査
(血)
プライマリ外来
(総)
-
プライマリ外来
(総)
- - プライマリ外来
(総)
- -

※プライマリ外来(総)については、初期臨床研修医1年目の人数に応じて受入れ調整

<午後>

心臓超音波
(循)
心カテ
(循)
電気生理
(循)
心臓MRI
(循)
心臓CT
(循)
-
検鏡・診断
(血)
下部内視鏡
(消)
筋電図
(脳)
下部治療内視鏡
(消)
上部治療内視鏡
(消)
-
プライマリ外来
(総)
検鏡・診断
(血)
関節超音波
(膠)
筋電図
(脳)
甲状腺超音波
(糖)
-
下部内視鏡
(消)
プライマリ外来
(総)
プライマリ外来
(総)
腎生検
(腎)
検鏡・診断
(血)
-
呼吸ケア
(人工呼吸管理)
(呼)
- - 検鏡・診断(血) プライマリ外来
(総)
-
- - - プライマリ外来
(総)
- -

※プライマリ外来(総)については、初期臨床研修医1年目の人数に応じて受入れ調整

<内科実技コースにおける各内科研修内容の内訳>

総合診療科 救急プライマリケアセンターの総合診療科外来での初診外来
循環器内科 心臓カテーテル検査、電気生理学的検査、心臓超音波検査、心臓MRI、心臓CT、心臓リハビリテーション(運動負荷検査)
消化器内科 腹部エコー、上部内視鏡、上部治療内視鏡、下部内視鏡、下部治療内視鏡、消化管造影、血管造影、読影等
呼吸器内科 気管支鏡(経気道的腫瘍生検:EBUSガイドシース法(EBUS-GS TBB)、経気道的縦隔リンパ節生検:EBUS-TBNA)、超音波検査(微量胸水穿刺、末梢結節影穿刺、縦隔腫瘍生検)、人工呼吸器管理、ポリソムノグラフィー
腎・高血圧内科 腎生検、透析療法
膠原病・リウマチ内科 血漿交換療法、関節超音波
血液内科 骨髄検査(検鏡、診断)
糖尿病・内分泌内科 甲状腺超音波、頸動脈超音波
脳神経内科 脳波、筋電図検査(針筋電図、神経伝導速度検査の実技判読)、ボトックス注射の見学

③各科特別コース

既に入局する診療科が決定している場合は2年目に選択することが可能です。
総合診療科循環器内科消化器内科呼吸器内科腎・高血圧内科膠原病・リウマチ内科血液内科糖尿病・内分泌内科脳神経内科

● 総合診療科

総合外来コース…
一年目のプライマリケア外来よりも自主性のある外来診療が経験できる。一週間すべて外来診療だけでもよいし、総合診療科で入院診療をしつつ、週に2~3単位だけ自分の外来枠を作ることもできる。

※事前に総合診療科をラウンドしている必要はない。

● 循環器内科

循環器内科 外来・検査コース
2年目で再度ラウンドする際に検査、手技の特別コースを体験出来る。

曜日
午前 心エコー 心臓核医学 心カテ 循環器内科外来 電気生理 心臓リハビリ
午後 心エコー 心カテ 心カテ 心臓MRI 心臓CT -

● 消化器内科

消化器内科 検査コース
2年目で再度ラウンドする際に検査、手技の特別コースを体験出来る。(例)

曜日
午前 腹部エコー 上部内視鏡 上部内視鏡 腹部エコー 消化管造影 上部内視鏡
午後 血管造影 下部内視鏡 カンファ 下部治療内視鏡 上部治療内視鏡 -

● 呼吸器内科

症例を通して、胸部レントゲンやCTの読影を積極的に行う研修が可能である。
腫瘍性疾患、アレルギー疾患、閉塞性肺疾患、肺循環疾患、感染症など多彩な呼吸器疾患を対象に、画像診断、病理所見の見方、呼吸生理、抗がん剤・分子標的薬の基本的知識を幅広く学ぶことができ、呼吸器専門医のみならず、GPを目指す研修医も有益な研修が行えます。

● 腎・高血圧内科

末期腎不全(透析患者)における:(1)シャント管理(シャント超音波)、(2)内シャント作成の介助、(3)心臓超音波
慢性腎炎患者における:(1)腎生検

● 膠原病・リウマチ内科

1. 関節超音波検査 2.血漿交換療法の実際 3. 関節レントゲンの読影方法 4. ステロイド剤や免疫抑制剤、生物学的製剤の適応疾患と投与時における注意点、およびその対策法

● 血液内科

別途相談のうえ、内容を決定する

● 糖尿病・内分泌内科

外来診療研修コース…外来診療研修(代謝内分泌疾患に対する外来診療、主に初診外来について指導医の元研修を行う)

● 脳神経内科

別途相談のうえ、内容を決定する

※研修内容等については、変更があることがあります。詳細については、内科ホームページをご参照、あるいは各診療科へお問い合わせください。