栁原 康穂 医師平成27年4月臨床研修開始 出身大学:久留米大学

順天堂医院を選んだ理由は何ですか?
私が病院見学に行って驚いたことは先生達のモチベーションの高さでした。私が初期研修先を順天堂医院に選んだ理由もそこにあります。
他大学出身者にとってどうですか?
全く学閥はなく、他大学からの研修医も多く心配する必要ありません。上級医の先生方も様々な大学の出身の方々がいらっしゃいます。心配よりむしろ新鮮な気持ちで研修ができたと思います。
どのような医者になりたいですか?
患者さんを第一に考えられる医師になりたいと思います。
研修医同士の仲はどうですか?
研修医の仲は大変よく、同期も50名近くおり、多くの仲間達に出会うことができました。また、有志で研修医の歓送迎会、ハロウィンやクリスマス会などのイベントも度々企画され、同期はもちろん、先輩や後輩とも仲良く過ごすことができます。
指導医、指導体制、医療安全面はどうですか?
順天堂医院は日本の大学病院の本院クラスの病院では初めてJCI (Joint Commission International)認証を受けた病院です。そのため医療安全面や教育面ではトップクラスだと思います。そして自分自身も国際標準の医療安全というものを感じることができ、これからの医師人生において非常に勉強になりました。
研修会・勉強会・講習会はどうですか?
研修医向けのランチョンセミナーが週1回あり、そこで受けた各科の先生方の講義は非常に勉強になりました。抗菌薬レクチャーなどのe-learningも充実しています。
ローテートした科でも上級医の先生方にその科その科の勉強会を行なっていただきました。
どんな研修病院にいきましたか?
地域医療ですが、千葉県銚子市にある島田総合病院に研修に行き、大学では経験できない立場での医療を行うことができました。大学とは違った実のある経験でした。
研修中楽しかったことは何ですか?
患者さんの治療において自分の意見が採用された時は一人の医師としてとても嬉しかったです。
マッチングや語学試験はどうでしたか?
筆記試験は国家試験の過去問に準じていますし、語学試験は紙媒体の辞書は持ち込み可なので臆することはないです。面接は笑顔でハキハキ受け答えすればバッチリです。
どの様な人が順天堂に向いていますか?
順天堂では診療はもちろんのこと、学会発表や研究、語学に関する勉強会など様々な場面でチャンスがたくさんあります。そのチャンスを上手くつかんで「自分で勉強できる人」が向いているのではないかと思います。自身の頑張り次第でどんどん成長できる場所だと思います。