《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.12 目次 順天堂医院ニュース一覧へ
・平成17年度を迎えて−院長所感−
・特集 前立腺がん PSA検査と前立腺がんの早期発見・治療
・花粉症
・新看護部スタッフの紹介

花粉症
 花粉症とはスギ花粉等が目や鼻の粘膜より侵入し、アレルギー症状を起こす病気です。
 いよいよスギ花粉の季節となりました。今年は、ここ10年で一番多いスギ花粉が飛散することが予想されています。
眼科
眼科(アレルギー外来担当)海老原伸行 目の症状としては、痒み・目やに・流涙・充血・異物感等です。予防策としては、花粉を近づけないことが大切です。外出時には防御メガネをして花粉の飛入を防いだり、帰宅後の洗顔、または人工の涙(人工涙液)を頻回に点眼することで花粉が目に入っても貯留しないよう気をつけましょう。最近花粉の飛散期前より予防的に抗アレルギー剤の点眼をしておくと、症状が軽減するという報告もあります。毎年花粉症の眼症状で苦しんでいる方は、一度試してみるとよいと思います。それでも発症してしまった時は、眼科を受診してください。治療の基本は抗アレルギー剤やステロイドの点眼ですが、症状の強い時は軟膏や内服も処方します。お困りの時は我慢をせずにお気軽にご相談ください。
耳鼻咽喉・頭頸科
耳鼻咽喉・頭頸科榎本冬樹 鼻の症状としては、くしゃみ・水性鼻漏(水のような鼻水)・鼻閉(鼻づまり)が主な症状です。10人に3人から5人もの人が花粉症に悩まされています。花粉症には早めの受診、治療をお勧めします。早めの治療で症状が強くなることを抑えます。また、花粉情報に注意し、花粉の多い日の外出にはマスクやめがねをつけ自衛することをお勧めします。当科では患者さんの症状に合わせたお薬の治療やレーザー治療などを行っています。花粉症でお困りの患者さんは耳鼻咽喉・頭頸科にご相談ください。

順天堂医院ニュースNO.12 目次
・平成17年度を迎えて−院長所感−
・特集 前立腺がん PSA検査と前立腺がんの早期発見・治療
・花粉症
・新看護部スタッフの紹介
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.