《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.15 目次 順天堂医院ニュース一覧へ
・新任教授紹介
・乳腺センター長あいさつ・乳腺科科長あいさつ
・診療科トピックス
・生活習慣病シリーズ(3)高脂血症/高尿酸血症
・健康スポーツ室紹介/看護部・薬剤部・栄養部・事務部ニュース
・学部ニュース(医学部・医療看護学部)
・順天堂医院の今昔
・箱根駅伝

順天堂医院ニュース2005NO.15

乳腺センター開設 平成18年1月4日予定!

新任教授紹介
膠原病・リウマチ内科
高崎芳成
膠原病・リウマチ内科 教授
高崎 芳成
 12月1日付けで膠原病・リウマチ内科教授を拝命いたしました。当科においては関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎さらに混合性結合組織病などの膠原病を中心とするリウマチ性疾患の診療を行っています。これらの疾患はいわゆる難病といわれる病気ではありますが、今日ではその診断法や治療法が飛躍的に進歩し、病気の予後も著しく改善しています。また、激しい関節炎により骨・関節が破壊され、それに伴う疼痛や運動制限から、著しい日常生活の不便さを強いられた関節リウマチも、生物製剤とよばれる極めて効果的な治療薬によりその様相が一変しています。私どもの膠原病・リウマチ内科では、昭和44年に全国に唯一の膠原病専門の教室として設立されて以来、多くの専門スタッフが最新の医学の研究と、その成果を患者さんへの医療に還元することに努力を重ねてまいりました。医局員一同、患者さんにとって、わかりやすい医療と皆様のQOL(quality of life)の向上を目標に診療をいたしておりますので、関節や筋肉の痛みなど、何かお困りな方はどうかお気軽にご相談ください。
臨床薬理学
佐瀬一洋
臨床薬理学 教授
薬剤部長
佐瀬 一洋
 平成17年9月1日より、臨床薬理学教授および薬剤部長として着任いたしました。
 私は、内科および麻酔科における研修の後、循環器内科医として心筋梗塞や狭心症の予防・診断・治療を通じ、チーム医療や病診連携、危機管理の重要性を学ぶ機会を得ました。
 また、米国留学中に、痛みや苦しみの軽減、より長くよりよく生きたいという患者さんの声に応えるためには臨床研究が重要であることを学び、帰国後は国の医薬品・医療機器の承認審査や臨床試験の計画運営などに関わって参りました。
 今後は、歴史と伝統ある順天堂の一員としての責任の重さを自覚しつつ、診療・教育・研究に全力を注ぎ、医療の質向上に少しでも貢献できるよう、更に薬剤部長として順天堂医院を訪れてくださる患者さんに安心・安全をお届けできるよう、努力を重ねたいと思います。
 よろしくお願いいたします。

順天堂医院ニュースNO.15 目次
・新任教授紹介
・乳腺センター長あいさつ・乳腺科科長あいさつ
・診療科トピックス
・生活習慣病シリーズ(3)高脂血症/高尿酸血症
・健康スポーツ室紹介/看護部・薬剤部・栄養部・事務部ニュース
・学部ニュース(医学部・医療看護学部)
・順天堂医院の今昔
・箱根駅伝
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.