《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院 > 順天堂医院ニュース > No.19
理事長・院長挨拶
病院の紹介
患者さんへ
お見舞いのかたへ
医療機関のかたへ(患者さんのご紹介)
診療科紹介
外来担当医表
休診情報
中央診療部門(室)紹介
診療支援部門
順天堂医院ニュース
研修医募集案内
施設のご案内
採用情報
公開講座・講演会
交通アクセス
お問い合わせ
医学部附属病院
学校法人 順天堂
トップ
文字の大きさ   小さく(10pt)   ふつう(12pt)   大きく(14pt)   もっと大きく(16pt)
順天堂医院ニュースNO.19 目次 順天堂医院ニュース一覧へ
新任教授紹介
脳神経内科 教授 服部信孝
セカンドオピニオン外来・リハビリテーション科
オープン!

セカンドオピニオン外来のご案内
リハビリテーション科のご案内
がん治療の最前線シリーズ
前立腺がん
診療科トピックス
メンタルクリニック
乳腺科
産科・婦人科
生活習慣病シリーズ(5)
禁煙のすすめ 呼吸器内科
糖尿病 糖尿病・内分泌内科
脳梗塞 脳神経内科
診療支援部門ニュース
乳腺センターの紹介
医療保障制度の申請
点眼の注意点
医食同源 特定保健用食品
お知らせ
8/1より病院敷地内全面禁煙にご協力を
医療連携室からのお知らせ

順天堂医院ニュース2006 NO.19

セカンドオピニオン外来・リハビリテーション科オープン


服部信孝
脳神経内科 教授
服部 信孝
 7月1日付で脳神経内科教授を拝命いたしました。対象となる疾患は幅広く、パーキンソン病、アルツハイマー病、脳梗塞・脳出血、痙攣発作、多発性硬化症、末梢神経障害、筋疾患などの診療を行っています。当科は、昭和43年に設立された日本でも屈指の歴史を持っており、パーキンソン病に関しては、診療、基礎的研究とともに極めて高い評価を受けております。新しくパーキンソン病の治療の一つである脳深部刺激療法を脳神経外科と共同で開始しました。また生活習慣病が原因となりうる脳梗塞なども専門的な治療を行っています。神経難病から脳血管障害まで対象となるあらゆる疾患に対して、分かりやすい医療の提供と患者さんの生活レベルの向上を目指して再診の治療を提供しております。何かお困りの方はどうぞお気軽にご相談ください。
関連リンク
脳神経内科

目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.