《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.21 目次 順天堂医院ニュース一覧へ
院長新年ごあいさつ
院長 梁井 皎より
診療科トピックス
間脳下垂体外科専門外来開設
関節リウマチの新しい治療薬
アレキサンドライトレーザー導入に関するお知らせ
新任教授紹介
病院管理学・総合診療科
産科・婦人科
診療支援部門ニュース
救急部 救急科
お薬の説明書について
入院中の児童の教育<訪問教育>について
食事バランスガイドをご存知ですか?
がん治療の最前線シリーズ
めんちょうとNK細胞リンパ腫 血液内科
生活習慣病シリーズ(7)
骨粗鬆症−あなたは大丈夫?
整形外科・スポーツ診療科
順天堂医院の今昔
佐藤達次郎院長と 明治・大正時代の手術室
2007年箱根駅伝
順天堂大学 総合優勝!!

順天堂医院の今昔

佐藤達次郎院長と明治・大正時代の手術室

明治・大正時代、順天堂医院の歴代の院長は外科であった。写真は明治40年代の順天堂医院の外科手術室である(中)。
ドイツ留学から帰国したばかりの佐藤達次郎院長の意向を反映した手術室である。最新の手術台、シンメルブッシュやスチ ーム減菌消毒器が備えられている。
大正時代の順天堂医院の外科の陣容は、達次郎院長のもとに佐藤清一郎、八代豊雄、押川公介、中山茂樹、小池徳造、近藤潤平、河合建吉の医局員。その他、11名の助手がいた。

2007年箱根駅伝優勝
5区今井選手
10区松瀬選手
 5ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.