《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.23 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

がん治療センター開設
副センター長 川崎 志保理より

厚生労働省の治験拠点病院に選定
GCPセンター長 客員教授 伊藤 澄信

診療科トピックス
化学療法室の紹介
いびきに隠れているかも−睡眠時無呼吸症候群−

診療支援部門ニュース
障害(基礎)年金について
お薬待ちのご案内
食事バランスガイド『主菜編』
看護部ニュース「のびっち®I.C.」

順天堂医院の今昔


薬剤部ニュース

 薬剤部では、お薬をスムーズにお渡しするために、大型パネルに『お薬待ちのご案内』を表示しています。
引換番号は、A(個別に調剤)又は、B(順番通りに調剤)に分かれており、『お薬引換券』に示されています。
A、Bいずれの場合でも、
1.パネル上部に黄色で表示されている番号までできておりますので、お薬お渡しカウンターまでお越しください。
2.パネル中央に緑色で表示されている番号は、お渡しするのに時間を要しておりますのでお待ちください。
なお、Aのお薬については、
3.パネル左下に黄色で表示された番号の方もできておりますので、お薬お渡しカウンターまでお越しください。
ご不明な点がありましたら、お薬相談までお声をおかけください。

関連リンク
薬剤部
薬剤部ニュース一覧
順天堂薬剤部
栄養部ニュース
 順天堂医院ニュースNo.21でご紹介した「食事バランスガイド」の中で、前回の主食に引き続き、今回は「主菜」についてです。
 主菜とは肉・魚・卵・大豆料理などのメイン料理です。三大栄養素の中で「たんぱく質」を主に含み、たんぱく質が6g含まれる主菜の皿数を「1つ」の単位で表しています。
 1日あたりの摂取目安量として、身体活動量の低い女性は3〜4つ、身体活動量が普通以上の女性と低い男性は3〜5つ、身体活動量が普通以上の男性は4〜6つとなります。
主菜はたんぱく質を補うために欠かせませんが、食べ過ぎる傾向にあるのも事実です。
主食・主菜・副菜をバランス良く摂るよう心がけましょう。
 また、主菜として脂質を多く含む料理を選択する場合、脂質やエネルギーの過剰摂取を避けるため、上記の目安量より少なめにしましょう。
 詳しくは厚生労働省ホームページ
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/pdf/eiyou-syokuji8.pdf
をご覧ください。
次回は副菜・乳製品・果物についてお伝えします。
関連リンク
栄養部
医食同源(栄養部ニュース)一覧
順天堂栄養部

4ページへ | 6ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.