《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.24 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

新年のご挨拶
院長 梁井 皎より

新任教授紹介
小児科・思春期科教授 清水 俊明

順天堂医院の今昔

「がん治療センターにおける相談」と
「セカンドオピニオン外来における相談」の違いについて

診療科トピックス
乳がん術後リンパ浮腫外来
ITB治療

診療支援部門ニュース
インフルエンザについて
食事バランスガイド『副菜』『牛乳・乳製品』『果物』編
障害(基礎)年金について その2


看護部ニュース
インフルエンザについて
インフル工ンザウイルスは低温で乾燥した環境を好むこと、また冷たく乾燥した空気でのどや鼻の粘膜が弱っている12〜3月に流行すると言われています。
「インフル工ンザ」は急な高熱の他に関節痛・筋肉痛などの全身症状が強く現れることが「かぜ」とは異なる特徴です。また気管支炎・肺炎を併発やすく乳幼児やご高齢の方は命に関わることもあります。
日常生活では体調を整えて抵抗力をつけ、ウイルスに接触しないようにすることが大切です。またインフル工ンザウイルスは湿度に弱いので、室内の湿度を適度に保つことも有効です。
今年もインフル工ンザが流行しているようです。早めに対策をとり元気に過ごしましょう。
関連リンク
看護部
看護部ニュース一覧
手洗いの手順
咳エチケット
栄養部ニュース
副菜は主に野菜料理のことで、いも・きのこ・海藻・豆類(大豆を除く)を使った料理も含みます。前回までにお話した主食・主菜と合わせて、この3種が毎食組み合わせられるのが理想です。
牛乳などの乳製品は特にカルシウム摂取に効率の良い補給源です。牛乳ならコップ1杯が1日の目安です。これで約200mgのカルシウムを摂取できます。
果物は重さ100gが「1つ」です。1日に2つを目安に、食卓に旬のいろどりを添えましょう。
4回にわたって紹介したこの食事バランスガイドを活用して、不足せず摂り過ぎず、食生活の「コマ」を上手に回しましょう。
関連リンク
栄養部
医食同源(栄養部ニュース)一覧
順天堂栄養部

4ページへ | 6ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.