《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.29 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

新任教授紹介
血液内科 小松 則夫

インフルエンザから身を守りましょう

診療科トピックス
カテーテル血管造影の代替としてのMRDSA
 放射線科

認知症専門外来 メンタルクリニック
健康スポーツクリニック 総合診療科

患者さんに優しい順天堂であるために

診療支援部門ニュース
薬剤部の台所『薬品供給課』の仕事を紹介します。
「高額医療・高額介護合算療養費」新制度スタート
ビタミン「葉酸」のはなし
お子さまとご家族が安心して「生きる」「生活する」「成長発達する」環境を整えるお手伝いをします。

順天堂医院の医師が主人公
ドラマ「JIN-仁」


栄養部ニュース

 今回は「葉酸」についてご紹介します。
葉酸は水溶性のビタミンB群の一つです。ほうれん草などの「葉の部分に多く含まれる」ことから その名前がついたといわれます。
 葉酸のはたらきとしては@遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成A赤血球 の合成Bアミノ酸の合成やたんぱく質の生成・促進作用C皮膚粘膜の強化D口内粘膜の強化が 挙げられます。
 葉酸が不足すると、悪性貧血・口内炎・食欲不振・舌炎・下痢・顔色が悪い、などの症状が現れます。 さらに妊産婦の葉酸不足は胎児に神経障害が起こりやすくなるといわれています。
 食事摂取基準によると成人男女の所要量は200μg/ 日、妊婦の所要量は400μg/ 日、許容上限 摂取量は1000μg/ 日です。摂り過ぎも発熱・蕁麻疹などの葉酸過敏症を起こすことがあります。
関連リンク
栄養部
看護部ニュース
 子どもが退院できることになってうれしいけど、「家でちゃんとみられるか心配…」「きょうだいにも負担をかけたくない…」など、退院するのが心配という気持ちを抱くことはありませんか?
 当院では、お子さまの退院準備の際には、院内にいる多くの職種が連携して退院へ の支援をチームで行っております。
 医師と病棟看護師は、家庭で必要となる医療処置の指導や病状の観察、育児方法などについて、理学療法士は家庭で行うリハビリについて、ソーシャルワーカーは利用できる社会資源や経済的支援に関する情報提供、臨床工学技士は家庭で利用する医療機器の指導、看護相談室にいる小児看護専門看護師は、家庭で実質的なサポートをする訪問看護ステーションや保健師との連携、医療機器や医療材料の手配、外来看護師と連携した外来通院中のサポートを行っています。
 とてもうれしいことなのに、退院するのが心配…そんなときは、ぜひ病棟看護師に声をかけてください。
看護相談室 小児看護専門看護師 込山洋美
関連リンク
看護部

6ページへ8ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.