《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.30 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

院長ご挨拶
院長 新井 一

診療科トピックス
生物製剤外来 膠原病・リウマチ内科
眼瞼下垂 形成外科
食道がん、胃がんの内視鏡治療
  食道・胃外科

日帰りドック 総合診療科

「耳マーク」カードについて

診療支援部門ニュース
フットケア外来開設
微量元素「鉄」のはなし
特定疾病・難病医療費公費負担制度の
国庫補助疾病追加


患者さんに優しい順天堂であるために
(Part2)


順天堂医院の今昔


診療科トピックス
食道・胃外科
熏閨@芳成 田村 直人
教授
梶山 美明
准教授
富田 夏実
 食道がん・胃がんの治療は、外科的治療(手術)・内視鏡的治療(EMR)・その他(放射線・抗がん剤…)の3 つに分類されます。内視鏡治療が他の治療と比べ優れている所は、@体への負担が小さくA消化管機能が温存されB体に傷が残らない…など多くの利点があります。しかしEMR が可能な病変は早期のがん(粘膜がん)に限られています。
 近年、新しいEMR 手技である内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の出現(写真)によって、内視鏡治療の範囲が拡がりました。同時にESD は内視鏡治療の再発率を著明に減少させました。
 当科は外科治療のみならず内視鏡治療も積極的に取り入れているため(図)、広い観点より患者さんに最適な治療方法を提示することが可能です。またEMR 後に追加治療が必要になった場合にも、円滑に手術を行うことができます。
 食道がん・胃がんと診断されましたら、一度当科にご相談ください。
食道がんと胃がんの治療法(2008年)

胃がんの内視鏡治療(ESD)
関連リンク
食道・胃外科

2ページへ | 4ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.