《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.32 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

新任教授紹介
糖尿病・内分泌内科 綿田 裕孝
形成外科 水野 博司

診療科トピックス
「がん診療連携拠点病院について」 がん治療センター
「胸部超音波検査:末期がんや微量胸水の検出」 呼吸器内科
「生体肝移植手術」 肝・胆・膵外科
「子どもの消化管内視鏡検査」 小児科・思春期科
「脳疾患の拡散テンソル解析:トラクトグラフィーと定量解析」 放射線科

診療支援部門ニュース
入院時のお薬管理について
年々、ご相談が増えています
ミネラル「カリウム」のはなし
看護師のユニフォームが変わりました!

順天堂医院の今昔


順天堂医院ニュース2010 NO.32
新任教授紹介
綿田裕孝
糖尿病・内分泌内科
綿田 裕孝
 平成22年6月1日に糖尿病・内分泌内科教授に就任いたしました。当科は糖尿病、高脂血症、痛風といった代謝疾患と甲状腺、副腎、脳下垂体といったホルモンをつくる臓器の病気を担当しております。当科の病気の特徴は慢性疾患が多いことであり、患者さんは、病気と上手く付き合うことが大切です。他の病気と同じように、私が専門としております 糖尿病に閲しましても、患者さん自身のセルフケアが治療の中核です。治療の中心に位置する患者さんが、糖尿病という病気をしっかり理解され、私達が最新の知識をもとに提案する治療法に納得して、治療を受けていただけるようにサポートして行きます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
関連リンク
糖尿病・内分泌内科
新任教授紹介
水野博司
形成外科
水野 博司
 このたび平成22年6月1日何で順天堂医院形成外科教授に就任いたしました水野博司です。平素より皆さまにおかれましては当院にご来院いただき厚く御礼申し上げます。 形成外科という診療科は、小児先天異常(唇裂、口蓋裂、多指症、頭蓋顔面変形など)、顔面外傷(骨折、傷跡など)、熱傷とその後に生じた皮膚の引きつれ、皮膚腫瘍(良性と悪性)、血管腫、ケロイド、そしてがん摘出後 の組織再建(乳房再建、顎顔面再建、四肢の再建)などを主に対象としておりますが、近年では人口の高齢化に伴い、糖尿病や血行障害で起こる足壌痘救肢治療やフットケア、抗加齢医療(眼瞼下垂、レーザー治療など)なども形成外科で取り扱い、まさに小さなお子さまからご高齢者の方々全てが対象の診療 科です。どんな些細なことでも構いませんのでお気軽に外来にてご相談ください。 今後もこれまで以上にスタッフ一同、患者さんの治療と生活の質の向上にお役にたてるよう努めてまいりたいと存じます。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
関連リンク
形成外科

2ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.