《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.33 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

順天堂創立175周年事業
本郷キャンパス・ホスピタルの再編

診療科トピックス
「腹腔鏡下大腸切除術」  大腸・肛門外科
「QOL(quality of life)の向上を目指した白内障手術〜多焦点眼内レンズ〜」  眼科
「ANCA関連腎炎」  腎・高血圧内科
「カプセル内視鏡」  消化器内科

診療支援部門ニュース
減塩食の工夫
医療サービス支援センター「お薬相談室」
手術を受けられる方、ご入院される方へのお願い
回復期リハビリテーション病院(病棟)とは

順天堂医院の今昔


看護部ニュース
手術を受けられる方、ご入院される方へのお願い
 手術や術後に必要な医療機器(モニター類)を指先にはめる事があります。マニキュアなどにより正確な値が測定できない恐れがあります。下記のような、爪(ネイルアート)・マニキュア・付け爪・ジェルネイルは除去し、爪は短く切りそろえてくださるよう、お願いいたします。
 手術中は、目を保護する目的でテープを貼る場合があり、そのテープをはがす際、エクステンションが取れる可能性があります。また、外れたエクステンションによる角膜損傷などの恐れがあり危険です。付けまつげやエクステンションはご入院前には新たに付けないください。
 ご入院中の検査や手術を安全に受けていただくために、身の回りのご準備を入院前にお願いいたします。
師長 根岸万里子
医療福祉相談室ニュース
回復期リハビリテーション病院(病棟)とは
昨年度、当室で受けた相談(740件)の中で、入院患者さんの〔他の医療機関への転院〕のご相談が46.9%(347件)を占めました。転院先には<リハビリテーション病院>と<療養・介護型の病院>という機能が違う二種類の病院があり、実際には半々の割合でご相談を受けました。
 病院の機能を理解したうえで転院先を探すことは大事なことなので、ここでは、<リハビリテーション病院>の中でも、リハビリテーションの必要性が高い患者さんを受け入れている回復期リハビリテーション病院(病棟)についてお知らせしたいと思います。
★回復期リハビリテーション病棟は、リハビリテーションのための施設設備やスタッフが充実しており、病状が安定したところで、可能な限り早い時期からベッドから離れる時間を増やし、普通の日常生活(寝る場所、食べる場所、排泄する場所、清潔にする場所が別々)に近づけることを目指しています。
★回復期リハビリテーション病棟の主な対象疾患は脳血管疾患や大腿骨骨折の発症(受傷)2ヶ月以内の方で、下記のような対象となる疾患転院する時期が定められています。
★回復期リハビリテーション病棟に転院できる状態かどうかは、担当医にご相談ください。

4ページへ | 6ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.