《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.34 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

院長ご挨拶
院長 新井 一

診療科トピックス
多剤耐性菌と当院の対策状況について
 感染対策室

「アスベスト・中皮腫外来」- 開設5周年 -
 病理・腫瘍学

PWV/ABI検査による閉塞性動脈硬化症の早期診断  循環器内科
分子標的療法  血液内科

診療支援部門ニュース
院内製剤
チーム医療における看護師の役割
ミネラル「リン」のはなし
社会福祉に関する制度についてのリーフレットがあります

順天堂医院の今昔


「PWV/ABI検査による閉塞性動脈硬化症の早期診断」 小島貴彦
代田浩之 小島貴彦
教授
代田 浩之
准教授
小島 貴彦
 下肢が冷たかったり、歩行時に下腿(ふくらはぎ)の痛みやしびれを感じることはありませんか?これらの症状の原因となる閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化による下肢動脈の狭窄によって血流障害をきたす病気で、喫煙者、糖尿病や透析患者さんに多く、また、心臓や脳血管の動脈硬化を合併することが多い病気です。この病気を早期に診断する足関節上腕血圧比(Ankle brachial index:ABI)は、上下肢の血圧を同時測定するという患者さんの負担が少ない検査で、0.9未満が異常値と判断されます。症状のよく似た腰部脊柱管狭窄症の鑑別にも有効です。また、同時に動脈硬化度の指標である脈波伝達速度(Pulse Wave Velocity:PWV)も測定可能です。思い当たる症状をお持ちの方は、PWV/ABI検査に関して外来主治医にご相談ください。
PWV/ABI検査測定値
関連リンク
循環器内科

3ページへ | 5ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.